東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール


Plantbiotech-T1
所属:東京農大教職員
性別:男

ブログ最新投稿

2017年04月21日

卒業

2017年03月16日

卒業式(前日)

2017年03月10日

tomato襲来

2017年02月17日

大学院生

2017年02月13日

どMども

紅葉の秋

久しぶりに、またT中の更新です

この前の土曜日に、知床に行ってきました!
その報告をしたいと思います

この日は、お天気も良く、ちょうど紅葉 していてとってもきれいでした!


Nへーさんの話によると、エゾシカバーガー が美味しい!ということでした。
そして、販売しているところが三か所あり、それぞれ味が違うということで…

もちろん、全種類制覇しようではないか!と意気込み 出発!!


まずは、知床五湖です。

大ループを歩きましたよ

登ったり、下ったり…
先日鍋つかみくんと能取岬から走ってきたMは筋肉痛と闘いながらの散策です

キノコ が生えていたり、木 が倒れていたり、なんかの動物のフン を発見したり、面白いことばかりでした

そんでもって、エゾシカバーガー 第一ポイントです。

ここは、ケチャップ味です!うまい

厚岸ではオーイスターパフェにチャレンジしたharuくん

今回は鮭チップスソフト に挑戦!
これもやっぱり別々のほうがいいみたい


次は、カムイワッカ湯滝にいきました
ここで、予想外のオフロード

途中や帰り道ではおなじみキツネシカに遭遇

カムイワッカ滝は温泉が湧き出していたのね!!知らなかった!

手を入れてみると、温かい!感動!しかし、ヌルイ!!そしてその手が冷えてサムイ !!

もっと上流は温かいのかな?っと思っていたら、裸足のオジサン登場。

上流へと登っていくではありませんか!この手があったか!!

ここは、に来るべきですねぇ


その次に、エゾシカバーガー 第二ポイントでもある知床自然センター

熊の毛皮があったり、双眼鏡で森を観察できました。

バーガーは照り焼き味。これまたうまい
シカなのでクセあるのかなーと思っていましたが、全然ないですね!


そして、エゾシカバーガー 最終ポイント道の駅「シリエトク」

ラストなので意気込んで行ったが、しかし!

完売の文字が…泣

あぁぁぁ…先に来ればよかった


この悔しさをバネに、手作りジャンボハンバーガー作っちゃいました

6人でおいしくいただきましたよ




写真

さぁ、出発!

知床五湖

魚の大群がいたよ

一湖

目線を感じる…

みんな集合!

後ろに気を付けて!!

エゾシカバーガー

鮭チップソフトとharu

カムイワッカ

なに!?

今日も絶好調なM

定番の顔パネル

どうやってたべろと?笑

なんだと…??

作っちゃいました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2012年10月31日 | Plantbiotech-T1

▲ページトップへ

雨が降るのも

10月もあと明日を残すばかり

から に変わり、道路が凍結する までに、

あとどれだけの猶予があるのだろうか?

と、ふと考えに浸ってしまった

どうも、鍋つかみです



雨がやまないのです。

土曜日研究室対抗ソフトボール大会は開催されるのでしょうか??

と、心配してみたりします




さて

今日の研究室は、

3年生が授業の都合でいない時間が多かったせいか

研究室が広く感じる一日でした

が、

4限の講義が終わると同時に3年生が研究室になだれ込んできて

気が付けば実験するスペースが・・・・・ない

やっぱり今年の3年生は人数が多いんだなぁと再認識しました


また

植バイマスターズ(大学院生)は

中間発表要旨締切が明日であったため、

裏のスペースでそれぞれパソコンを開いていました

「もうやりたくない」だの「疲れた帰る」だの言いつつも

しっかりと原稿を仕上げているところがさすがだな

先輩方の意地 を見た気がします




それではいってみましょう

「日本一周レポート

本日は

来年植物整理学会の総会が開かれる

岡山県から鍋つかみチョイスクローズアップ


UNO港(宇野港)


岡山県玉野市に存在する、某カードゲームを彷彿とさせる名前のこの港は

岡山県唯一の貿易港として栄え、

四国の高松までフェリーが運航 していました(宇高国道フェリー)

国道30号線海上区間 も担っていたのですが、

瀬戸大橋の大幅値下げ の煽りを受けて

今月の17日をもって、51年の幕を下ろすことになりました

瀬戸内海の島々の間を縫って航海する 、景色が素晴らしいフェリーだったので

運休になってしまい、ちょっぴり寂しいです

いつか復活する日夢見て、今日の更新を閉めさせていただきます


それでは、以上鍋つかみがお送りいたしました





写真

ストローでコーヒーを飲むM<ヤケドするなよ〜

UM2&Y

決め顔のM

資料作りに勤しむマスターズ

決め顔のM2

決め顔のM3

大都会?岡山

豊かな田園風景

きれいな海

産業振興ビル なるもの

宇野港

海浜公園

宇野港のモニュメント

ビバ瀬戸内海

ボートも走る

モニュメントその2「宇野のチヌ」

今は無き 宇高国道フェリー

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2012年10月31日 | Plantbiotech-T1

▲ページトップへ

群馬県民の日←昨日でした・・・

♪Happy birthday to you♪

♪Happy birthday to you♪

♪Happy birthday, dear haru♪

♪Happy birthday to you♪

はい

どうも、鍋つかみです



「Happy birthday to you」

世界で最も歌われている歌として

ギネスブック にも載っている歌です

マリリン・モンローケネディ大統領に歌ったことでも有名ですね




さて

今日はharu君の誕生日・・・・ってあれ??

昨日!?うそっ!?なんと!!?

まぁ、気持ちが大切ということでオーライ

ちなみに、

28日はharu君の地元である群馬県の県民の日でもあるようです

と、いうことで

鍋つかみから日ごろの感謝をこめてプレゼントを贈呈×2

大きい箱と小さい箱があり

「どちらが本命のプレゼントか」という問題に対し、

haru君は「大は小を兼ねる(?)」といって

大きい箱を選択


結果は・・・・


見事、正解!!

USBで動く水槽 嘘発見器 を獲得しました


その後は研究室メンバーズで尋問大会が始まり

エグイ質問 が飛び交う中

嘘をついた人には容赦なく電流が流れるというお仕置きのゲームが始まりました

マッチやM君はお仕置きを喜んでくらっていましたが(笑)



そして、

韓国 の学会に行っていた坂本先生が帰って来られました

お土産は

韓国のコンビニ(セブンイレブン)で買った お菓子

普段見慣れている商品も韓国語で書かれていると新鮮・・・アレ

よく見たら、まがい物ばっかり

「KicKer」には笑ってしまいました






それではいってみましょう

今日の格言コーナー

本日の格言はこちら



「A liar will not be believed」

「even when he speaks the truth」


(人は一旦嘘つきだと信じてもらえなくなったら)

(たとえ真剣な顔をして真実を言ったとしても、誰も信じてくれなくなる)




この格言は、ギリシアの童話作家である「イソップ」の言葉です。

今日電撃を受けたメンバーズは反省するよーに!!



それでは今日はこれまで

アイモカワラズ休日というものが存在しない、鍋つかみがお送りいたしました






写真

哀愁漂う−80℃チャンバー

休日出勤お疲れ様です

プレゼント贈呈

その1:USB駆動水槽

その2:Shocking Liar

尋問中

韓国からのお土産

セブンイレブンの袋

KicKer
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2012年10月30日 | Plantbiotech-T1

▲ページトップへ

激動の一週間

昨日、実験が終わってから

Mと一緒に能取岬 からアパートまで

マラソン をして体中筋肉痛 の、

どうも、鍋つかみです




一週間ぶりの更新ですね

いや、

「眠かったから」とか、「めんどくさかったから」

とかの理由で更新しなかったわけではなくて、

たまたま、書く機会を逃してしまっていただけなんです・・・多分



さて、

一週間分の出来事 を一気に更新、いっきま〜す

今週は坂本先生が学会で出張 なさっているせいか、

培養班が少なく、酵素班のメンバーが多かったような気がします
<今週に限った話じゃなくね?by haru

では、まずは月曜日から


毎週月曜日といえば

週初め気合が入っている のか、夜遅く まで実験していることが多いのですが

今週の月曜日は、珍しく早く研究室を閉めることができました

培養班ズ 29の日リターンズを開催し

その後は雀荘に行って麻雀 したりと

月曜日から、かなりエンジョイしました


火曜日は

動物系の研究室(たしか動管)の人たちが

顕微鏡を借りるため、植バイに来訪してきました

他の研究室へ訪問しての実験って、緊張しますよね



やたらと寒かった 水曜日は

先週、温室への道の途中に作ったという階段の出来を見に行きました

地面を固めて石を置いただけの簡単な作りですが、

これが有るのと無いのとでは、大きな差があります

作成してくださった方、ありがとうございました


木曜日は

鍋つかみやMが能取岬 からアパートまでランニング をしたり、

最近好調なharu君がスネークごっこをしたりしていました



そして金曜日は

特に何もネタが無く一日が終わろうとしていたのですが・・・

みんなの実験がそろそろ終わるというときに

「Pi---Pi----Pi---」←ブザー

何事かと思えば、

入り口横の‐80℃チャンバーの表示温度がぐんぐん上がっている!?

ふたをちゃんと閉めていなかっただけかなと思っていたのですが

しっかりと閉め直しても、温度が上がる一方・・・

どうやら、故障してしまったようです

YやM祈祷してくれたのですが、

尽力むなしく温度が落ちることはありませんでした

そうなると、チャンバーの中のサンプルが危ないということで

急遽、残っていたメンバーでサンプル救出大作戦を発動

重要度の低いサンプルを廃棄し、

より重要なサンプルを救出&チャンバー内の掃除をしました





と、こんな感じで今週一週間もあわただしく過ぎていきました

大学院生の方々は、近くに迫ってきた中間発表の準備

忙しそうに発表原稿を作成しています

3年生は来週から始まるラボワークス

4年生は卒論作成についてなど、

実験以外のことでも皆忙しそうにしていました

それぞれ大変だと思うけど、みんながんばれ〜〜



それでは、今日はこれまで

鍋つかみがお送りいたしました〜〜

(今日の○○コーナーは文量が多いのでお休み)





写真

みんな早かった月曜日

リターンズ

顕微鏡を借りに来た方々

火曜日実験風景

乗りに乗っているMr.Haru

実験工程を確認するスカーレット

お疲れもようの上君

研究に対しての意見交換

新☆温室へ至る道

紅葉も進みました

haru in the 段ボール(スネーク)

!?

祈祷中

チャンバーに対し、敬礼

サンプルに対し、合掌

サンプル大整理
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2012年10月27日 | Plantbiotech-T1

▲ページトップへ

週末??

週末とは土曜日までのことなのか

日曜日まで含めるのか・・・
<はたまた、週末など存在しないのか

どーでもいいことに頭を悩ます

どうも、鍋つかみです




週末分のブログ更新です


「雪が降るかも と言われていた金・土曜日は

寒さ は増したものの、雪が降ることはありませんでした


研究室内の気温もだんだんと落ちてきて

を開けることが少なくなってきました



植バイメンバーズ は天候のように急変 することもなく

いつもどーり淡々と実験をしていました


まぁ、Mさんあたりは

何かに興奮して鼻血 をながしていたりしましたが・・・



また

昨日は動資の方々 から、

石狩鍋 のおこぼれを頂きました

どうやら大量に作りすぎてしまったようで、

消費するためにわざわざ2号館まで呼びに来てくれたようです

おいしかったです、ありがとうございました
<動資メンバーズの中の良さに驚きました






ではいってみましょう


今日の格言コーナー

本日の格言はこちら



「What is a weed? 」

「A plant whose virtues have not yet been discovered.」



(雑草とは何のことか?)

(まだその美点が見つかっていない植物のことである)





この格言は、アメリカの思想家 「Ralph Waldo Emerson」の言葉です。

昭和天皇「雑草という草はない」とおっしゃっていますね。

まだ有用性を認められてない物でも、価値のあるものはきっとあるはず

植バイで研究している植物も俗にいう「雑草」にカテゴライズされるものもありますが

僕たちはその植物の持っている価値(機能)を信じて

日夜研究に励んでいます





それでは今日はこれまで

20連勤を達成した鍋つかみがお送りいたしました〜





写真

植バイの日常1

植バイの日常2

植バイの日常3

何かに興奮していたMさん

動物資源管理学研究室 からの配給

配給にがっつく3年生's

雪の気配を感じない網走

にちよーびですよ?その1

にちよーびですよ?他にやることないの?その2
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2012年10月21日 | Plantbiotech-T1

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.