キムワイプに愛を…
(生物生産学科 動物バイテク研究室)

2月だけどッ!

2月だけどッ!!
新年会やってみました。


ども、オバンです。
新年の目標『7?減量、絶対!!』が遠くかすんで見える今日この頃、いかがお過ごしでしょうか??

モイシーです。

さて、そんなクダラナイたわごとはコチラに置いといて・・・(。-ω-。)ノ ・゚゚・。ポイッ



世間では2月になったとゆーのに、シモイゼミの新年会をやりました。

卒論発表前のイキぬきってやつね。
『作蔵』のオバチャンが刺身をモリモリサービスしてくれました。あとんす。



しかし、悲しいかな。刺身だめなのよね。なんか、生の魚がどーしても・・・。(_ _|||)


刺身を抵抗なく食べてる学生さんをみると、大佐の言葉が・・・。

『当たらなければどうということはない!!』




(by モイシー)

ツギ、ラスト。

記念すべき第10回!!!
シモイゼミ。

よいよい♪ヾ( ̄ー ̄ヾ))))(((((ノ ̄ー ̄)ノよいよい♪


コンバンワ、モイシーです。

卒論発表までもう少し!!シモイゼミも次で最終回!!!
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!


名残惜しい気がしますが、次回でほんとにラストです。


次回は、みんなの晴れ舞台、卒論発表のプレゼン対策。
なんで、いつもよりビシ(*`Д´)=Э)TДT●)バシ((゚o゚#(C=(--;)行きたいと思います。


君がッ 泣くまで 殴るのをやめないッ!・・・的な。



(by モイシー)

流氷ダイビング(水中編)

今日の網走は暖かく、流氷は少し岸から離れたようです。

今日も10年以上前のものになりますが、流氷ダイビングの写真をお見せします。

氷は水に浮かぶため、水の上に出ている部分は小さくても、水中は非常に大きいことがあります。

網走や宇登呂といった知床半島の左側は流氷帯の先端が着くため、小さい流氷がほとんどです。こうした流氷が知床半島に引っかかるため、知床半島の右側は左側よりも流氷の来るのが遅くなる、あるいは来ないことが多くなります。しかし、いったん来ると、流氷帯の先端がなくなった本体が来るため、大きな流氷も含まれます。大きいものは学校の400mトラックより大きいそうです。

流氷が来ると波がなくなるために透明度が上がり、水温の低さから生き物の数も減るので、幻想的な雰囲気になります。

水中で写真を撮ると、ストロボをたかない限り色は吸収されますが、自然光で撮影した流氷の写真はなんともいえない青い色になります。リバーサルフィルムの種類で色が変わるので、当時僕が好きで使っていたのはフジのRDPでした・・・

(by かめちゃん)

網走湖のワカサギ釣り

先週は流氷を見た後、午後から網走湖へワカサギ釣りに行きました。

スキーウエアの下にがっちり着込み、カイロを持っていざ出発!

始める前に見て回ると、今日は全体的に低調でいやーな予感です。

結局2時間やって5匹でした・・・

秋に釣って冷凍してあったチカと一緒にフライにすると、味の方は満点でした!

(by かめちゃん)

流氷ダイビング(エントリー編)

10年以上前のものですが、水中写真をポツポツお見せします。

今回は流氷ダイビングのエントリー編です。

流氷が来ても、塩分を含んでいる海水は凍りません。
だけど水温はマイナス2度くらいです・・・

その海に潜るから、装備は半端じゃありません。
まず水が入るウェットスーツではなく、水の入らないドライスーツを使います。
スーツのネオプレンゴムの厚さも、5mmがよいです。

スーツの中は暖かいインナーを使い、下は2枚、上は3枚以上着込みます。
頭は冷やすと辛いので、できるだけ露出面積の少ないフードを使います。
手は5本指のグローブより、ミトンや親指と人差し指、その他の指の3本に分かれたものを使います。

これだけ着込むと沈みにくくなるので、体重にもよりますが、12kg以上の鉛のウェイトが必要になります。

海が開けていればよいのですが、閉じ込められる可能性のある時は、命綱が必須です。

準備ができたらよっこらせで立ち上がってエントリーです。
水に入ると重さから解放され、冷たいながらもホッとします。

(by かめちゃん)

ページの先頭へ