キムワイプに愛を…
(生物生産学科 動物バイテク研究室)

?:生殖工学?(その四)

?部のラストはキカイダーこと改田君です。

論題は「ラット胚の各系統におけるガラス化凍結による融解後の生存製と発生能の比較」です。

ラット5系統の胚をガラス化保存し、融解後の発生に及ぼす遺伝的バックグラウンドの影響を検証しました。

大学院の修士でもガンガレよ!

(by かめちゃん)

?:生殖工学?(その参)

?部の参番手はゲオこと高野君です。

論題は「ラット1細胞期胚の体外発育に及ぼす培地中のK+、Ca2+、Mg2+イオンの影響」です。

初期胚の培養がマウスのようにうまくいかないラットで、培養液中の無機塩類濃度が発生に及ぼす影響を調べました。

いつものように作り込んだビジュアルエイドで、堂々とした発表ぶりでした。

(by かめちゃん)

?:生殖工学?(その弐)

?部の二番手はCHIHOちゃんこと中嶋さんです。

論題は「精子へのL-アルギニンの暴露が受精後の初期発生に及ぼす影響」です。

L-アルギニンに暴露した精子で体外受精を行い、受精卵の発生速度を第一卵割までの核相や胚盤胞の長径や細胞数で調べました。

時間をかけて、入念に準備された発表でした。

(by かめちゃん)

?:生殖工学?(その壱)

休憩をはさんで、第?部から再開です。

第?部は哺乳動物の卵子に関わる演題が集まっています。

最初はマッキーこと牧田君です。

論題は「マウス卵子におけるATP含量と発生能の関係」です。

マウスの卵母細胞をエネルギー通貨であるATPの合成阻害剤で処理し、ATP含量の変化やその回復、体外受精後の発生を観察しました。

準備不足だと急に調子が変わるクセがあったけど、充分に準備した本番は落ち着いた発表でした。

発表前日まで確認の実験をしてました。エライ

(by かめちゃん)

?:野生・動物資源(その四)

?部の最後はセナこと国沢君です。

論題は「北海道の動物園における希少動物保護の役割」です。

音速の貴公子の名前通りに、道内4つの動物園を1週間で回りました。

スキー部に所属しており、最後のインカレでの活躍が期待されます!

(by かめちゃん)

ページの先頭へ