キムワイプに愛を…
(生物生産学科 動物バイテク研究室)

見無所仕舞込。

前期の試験が終わるとね。

うち(動バイ)は大掃除なのだよ、諸君。



とゆーことで・・・。

第24回 黒い腹の中まで磨いちゃうよ、動バイ“チキチキ”大掃除ぃいぃいぃいーーー。
ハァハァ(;´Д`)ハァハァ


こんちわーっス、お腹真っ黒、モイシーでーーす。




さて、試験が終わってすぐ、研究室の大掃除がありやした。

何故だろうか?
動バイはほかの研究室より、ゴチャゴチャしてる気がする。
モノ多いのか?捨てられないのか?



たぶん、わが研究室伝統の・・・。

『秘奥義 見無所仕舞込』のせいだなきっと。

説明しよう。
秘奥義 見無所仕舞込(ヒオウギ ミエナイトコロニシマイコミ)とは、視覚的に見えないところに、要らないものを仕舞いcom.、あたかも整理整頓したかのように見せる、掃除人には極めて残虐非道な掃除術である。捨てるというオプションを一切放棄した危険極まりない技。この技を駆使するには、キレイに片付いたという強力なマインドコントロールが必要な上級術である。




出るわ出るは、よーわからんもの。

ちなみに、動バイスタッフ。
亀ちゃん → スパッと捨てるヒト
橋詰オトーサン → 捨てられないヒト。でも仕舞って忘れるタイプ。
モイシー → スパッと捨てて、後で後悔。orz


コレ女性関係だったら、笑えるけど。掃除の話よ、そーじの。(笑)



キャン見前に研究室がキレイになりました。
学生さん、お疲れっした。



(by モイシー)



あって5秒で高校生とトモダチ。

トークライブの後半は、フリートークでね。

観客席の中に、学生さんやスタッフが割って入って。

もっと込み入った話を、しましょうーとゆー企画。



学生さんは、むしろコッチで真価を発揮する。






あって5秒で高校生とトモダチ。






オジサンたちには、“年齢”というベルリンの壁より高い障壁が・・・。



実にすばらしい活躍ぶりでしたわ。ホント。





(by モイシー)

だが断る。

今年もまた。

在学生トークライブのMC。

やりましたーーん。


こんぬづわ、人前でシャベリ倒すのは、別にキライじゃ〜ない。
しかし、在学生トークライブの時は、なんか変な汗かく。

こ、これが、緊張という・・・ヤツ・・・か? (#)'3`;;)・;'.、グハッ

モイシーです。

今年も、亀ちゃんこと入試対策委員長に、在学生トークライブの司会を任されました。


在学生トークライブは、高校生&保護者を前に、学生がトークライブをする企画。
司会が、学生にいろいろ質問して、学生が応えていく、まさにトークライブ。






モイシー脳内・・・

亀チャン:『モイシーさぁ、今年もトークライブのMCやってくんない?』
    『モイシー適任じゃない?』

モイシー:『あー、そーイヤ、去年は好評でしたね、トークライブ』
    
    『だが断る!』






・・・とは、言えませんでした、実際。


まー、しかし、毎度のことながら。
何はなそーか、考えず(笑)
ぶっつけ本番で。


今年は、各学科2名、計8名の学生さんがコメンテーターをしてくれました。



結果。

去年より、ハンパない数のヒトが来た!!
120人はいったんじゃね?

写真見たらわかるけど、コメンテーターの壇上のすぐ手前まで、席を増設。


学生さん、緊張気味、カッカッカ。



入試課長のアイサツからはじまり、はじまりー。




(by モイシー)






大佐、再び。

昨日は、オープンキャンパス1日目でした!!


オープンキャンパスって??とのたまふ、キム中のアナタ!!


君の一族はそんなことまで・・・




ン?デジャブ?






こんにちわー、モイシーです。

例年よりも倍近い?人々が、キャン見に来てくれましたーー。
スゲー、休みなのに、ヒトがウジャウジャ。


見ろ!ヒトがゴミのようだ!!ハッハッハ

                    _, -‐‐--、_
                 , -‐´:.:.:.:.:.:.:.:,、:.:.:.`‐、_
               ,/.:.:.:.:.:.:.:.:._,r'''´ i.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
               i:.:.:.:.:.;,r'"´    l,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`i,
               !:.:.:.:/        `ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:|
               ヾ;.:i _    ,_,ニ二、 `i:.:.:.:.:.:.:.:i
                `Y ̄`)ーt___,ノ``‐-ト,r-,:.:/
                 〉ー'i         '"; ;i:.ノ
                 !   `'         /:i'
                 !  t‐_二フ    /T:.:.,!
                  !   ‐     / |'゜
                  !       ノ  |
                  `,ュ,  ,ニニ -‐--'-、,
                   ,i i /__,... -‐-,┴‐-、__
               , -‐", r`‐^ヾ、ニ  /;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;``;;;‐-、、
            , '"´;;;;;;/ ,; ;   ヽ,-フ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`` ヽ、、
         ,,ィ´;;;;;;;;;;;;;;/,;  ;:    ヽ;;;;;;;;;;;;ー--┘;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、    ,,,__二 ̄`` ‐-、、
      ,r''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ;/  ;:;     `i;;;;;;;;;;;;>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ /二___  ̄`ヽ、、 `ヽ、
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ''  "''´     |, r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レ' ̄     ``‐、  ヽ、 ヽ,
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/            |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r'´   , 、      `ヽ、`、  i
    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i,_ i            !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;f     /  ヽ、      ヽ |  |,
    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`!,、            |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i,  , /    !,i i 、_ヾ   | !  |
    ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー--= --‐ '==='´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、 | _  '´`__` ヽ、 ^'  ,/
    !;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐;ト, ィi‐メ    ィi。ト  ヽ ,..、/
   i;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;! i `' !   ^"   レ、; !、
   |;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i          __/  |
   !;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ   --    / ヽ   〈
  |;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉 ヽ、   ,. イ   |   )
  i;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(  |-トニ=ニ-‐'´``i  `i  ヽ
  .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r‐-‐‐'´ー、 __,,.. ''´ ``ー--ヾ、



とゆーわけで、

熱心な高校生たちは、橋詰オトーサンの研究室紹介に耳を傾けてましたとさ。

オトーサン気合入ってんな。



(by モイシー)


にくきゅう

皆さんは肉球が好きですか?
ネコの柔らかい肉球をプニプニさわっていると、幸せな気持ちになります。

肉球は主にネコ目(食肉目)の動物の足裏部に見られる蹠球(しょきゅう)の一般名称で、以下の5つに分けられるそうです(ウィキペディアより)。

・掌球(しょうきゅう):前足の裏、中央に位置する大きめの肉球。
・指球(しきゅう):掌球の外側に5つ並んだ肉球。1つは他の4つと離れて位置しており、これが人間の親指に相当する。
・手根球(しゅこんきゅう):掌球の上部に位置する肉球。
・足底球(そくていきゅう):後ろ足の裏、中央に位置する大きめの肉球。狭義にはこの部分を蹠球と呼ぶ。
・趾球(しきゅう):足底球(蹠球)の外側に4つ並んだ肉球。

マウスやラットにも足底球があるので、肉球があると言えます。今度、解剖の時に見てください。

ウチの息子は足の巻き爪を切ってやるときに「肉球切らないで!」というのですが、ヒトに肉球はありません・・・

(by かめちゃん)

ページの先頭へ