キムワイプに愛を…
(生物生産学科 動物バイテク研究室)

現代あーと?

1研のPCをふと見ると、面白いデスクトップになっていました(上段写真)。

学生が空き時間で作ったものだそうです。

携帯で撮った写真に左側でキラキラの効果を付け、PCで画像の合成や落書きをしたそうです。

ちなみに一番下の女の子は後から私も入れてと言われたので、同じようなポーズで別の写真(下段写真)を撮り、周囲を消して合成したそうです。

いやはやデジタル機器の進歩と発想の柔軟さに脱帽です。

私が学生の頃は研究室にスクラップブックが置いてあり、銀塩写真と週刊マンガの吹き出しで切り貼りをしていました。もちろん道具はノリとはさみです・・・

今度時間があるときにスキャンして、若かりし頃の私と仲間達をお見せします!

(by かめちゃん)

チーム=ニワトリ。

鶏のね。


発生の研究してるとね。


卵がね。


食べれんくなるんね。








ども、オバンです、モイシーです。

実験してるとね、発生途中の卵黄とか、生臭い。
超クセぇ。


だから、家で卵料理とか食べると。思い出す。
ウっ・・・ってなるね。

しばらく、タマゴ喰えねぇ日が続きましたわ。





さて。


モイシー班・チーム=ニワトリ。


大学院生のサックンをチーフに研究頑張ってます。


発生中のニワトリ胚のカルシウム輸送について研究してまんのやわ。




この日は、発生途中のニワトリ胚から。


血液採取腸管採取肝臓採取




特に、胚の卵黄動脈からの採血は、神業



これを担当するのが、4年生のマッキー。





普通血管って、何かの組織に沿って形成されてるからね。

採血する時も安定して採れる。


でも、ニワトリ胚の卵黄近辺の血管はね。
プカプカ浮いてる状態だから安定しないの。針が刺さらず、逃げる。


だから、ピンセットを血管の下に通して、血管を安定させて採血。
もう、出血との戦い。


血管を破損させないよーに、慎重に、しんちょーに。
まるで、時限爆弾を解除する作業みたい。


その爆弾処理班が、マッキー。ゴッドハンドを持つ男、マッキー。
血中カルシウム濃度はかってんのヨ。



ハラワタ引きずり出してんのが、4年生のシミズマサン。

笑いながら、ハラワタつまむ。ひっヒドイ。

腸管でのカルシウム吸収を分子レベルで解析中。




肝臓コレクター、4年生のノアサン。

肝臓をネ、スライスしてんのよ、この娘。

発育不全なニワトリ培養胚の肝臓の組織学的な分析してます。





(by モイシー)

キレイナユウヒ。

昨日、キャンパス内研究棟のコピー室から。


とてもきれいな夕日ですた。


汚れた心が洗われるよーだぜ。




















・・・君たちのね。



(by モイシー)

飛べよ、おい!

昨日、東藻琴(ひがしもこと)にあるエミュー牧場に行ってきました。



このたび、エミューを対象にした研究を、共同でやることになったので。


研究の打ち合わせと顔合せを兼ねて。




ワタクシ、エミューは専門外なので、これから勉強なんですが。



なんとも面白い動物。



東藻琴の牧場には、かなりの羽数が飼育されていましたが、これも去年の最後のヒナの売れ残りらしい。


こんなに!?



まぁ、これから機会があれば、ボチボチ紹介していきたいと。






しかし、マジかで見るエミューは、でけぇ。


走り回りまくる。ついつい、飛べよ、おい!



っと思ってしまうが、彼らは翔べない。




あんなのが飛んだら、こえーヨ。

足蹴りされたら、ただじゃ済まないらすぅぃ。




でも、オイラ使うのは卵なんで。

まぁ、卵にはけられねぇーべ。





(by モイシー)



comon come on

ワタクシことモイシーは、軽音楽同好会の顧問である。


キム中の皆さまには、周知の事実でも。


サークルメンバーのほとんどが知らない、この事実。





こんばんわー、サークルのライブで顔出しすると、いつも不審者。モイシーです。



誰か、“コモン”ってでっかくプリントしたTシャツ作ってくれ。
着てくから。

comon come on とかね(笑


なんか、ニルヴァナの、

Hello, hello, hello, how low? みたいな・・・




さて、軽音楽同好会の宣伝します。


だって、コモンだから。



毎年恒例、サマーライブ。


7月14日(日) OPEN18:00 START18:30


場所 BlueM






興味あるヒト、暇なヒト、彼女いないヒト、彼女いるヒト。

どしどし遊びに来てねぇーーー。






(by モイシー)

ページの先頭へ