キムワイプに愛を…
(生物生産学科 動物バイテク研究室)

タイレポ9。

2日目午後は獣医学部の見学。

獣医学はVeterinary Medicineといいます。




ここにきて発覚。

なんと、動物系を専攻しているのは、モイシーだけ。

ほかのメンバーは全員、動物系以外。



会話の中に、専門用語が入ってくると???ってなってました。

それから、獣医学部(というか、動物施設)内の、どことなく漂う、陰鬱な空気。


わかるかなーー?ドよーんとして、照明も暗い。


アレがどうしてもだめで、一刻も早く、外に出たいってゆう学生さんもいました。


慣れ?ですかね。



モイシーは、あの生物臭と消毒薬の混合臭、キライではない。

とゆーか、むしろ好きだぁーーーー!

クンカ、クンカしときました。




ハイ、とゆーわけで、獣医学部内をイロイロ、ウロウロやってきました。



ウマ用の手術代とか麻酔設備とか、デカかったなー。

なんせ、いつも、マウスですから。



それから、ゾウがいました、ゾウが!!

キャンパス内にゾウって、しかも治療中。



ゾウを運ぶのには、大型のショベルカー使うんだって。

近くに置いてあった奴は、そのためか!






(by モイシー)

タイレポ8。

まだまだ続くよタイレポ第8弾。


こんにちは、モイシーです。
昨日久しぶりにサッカーやって、身体がバキバキ鳴ってます。


さて、タイ2日目は。

午前
EEECの見学



午後
獣医学部の見学



EEECとは・・・。

Energy environmental Engineering Centerの略。

ここではタイのごみ処理事情と、資源再生利用について勉強。

ゴミからメタンガスを集めて、エネルギー利用するシステムを教えてもらいました。


なんと、タイ(バンコクだけ?)ではゴミの分別やんなくて、おk。

ってか、やっちゃいかんと、ゆーてました。



バンコク中のゴミが集積されるところがキャンパスの近くにあって(EEECはキャンパス内にある)。

そこで、生ゴミ、紙、ビン、ペットボトル、何でも積み上げて。

20年待つ。



マジか?20年、気が長いゼ、タイピーポーは。


すると、有機物?は分解されて、メタンガス回収。


ペットボトルやプラスチックはそのまま残るんで、回収して再生オイルを精製。

300度以上で燃やすらしい。ダイオキシンもモーマンタイ。




なんとダイナミックな。

やってくれるゼ。




(by モイシー)

ピンク。

ピンクのスタッフ。


体育祭本部委員のみなさん。


企画、広報、競技、運営とたくさんの仕事がありましたが。


ホントーにご苦労様でした。


当日は、雨も降り、雨の中での撤収作業も大変でした。






スタッフの背中がかっこいーね。





(by モイシー)

アドレナリンMAX。

市民も参加!みんなで綱引き。

学科対抗綱引き。市民の皆さんも参加してくれましたよーー!!



学科の意地をかけた、熾烈な戦いが繰り広げられました!

負けられない戦いが、そこにはある。



かなりアドレナリンMAXな状態でした、皆さん。


ふるえるぞハート!


燃えつきるほどヒート!!






60mの大綱がギシギシいって、ちぎれるかと、ハラハラしました。



(by モイシー)

マシュ麻呂。教職員もその例外ではない。

世田谷の体育祭では。

先生ガンバって!っとゆー競技がありました。



オホーツクでは・・・。

がんばってー・・・なんて、生ぬるいこと言いません(笑



その名も『教職員ガチンコバトル』。

いや、障害物競争なんだけどもね。

しかし!

マシュ麻呂 in 片栗粉、は健在なり。(笑

マシュ麻呂。教職員もその例外ではない。



実は、体育祭ガイドブックに競技説明が書いてあるんだけど。

教職員ガチンコバトルのページだけは『?』しか書いてなく。



レース直前で、マシュ麻呂のこと知った女性職員は・・・。

え!ホントに?ホントに、アレやるの、えーー。って。

体育祭本部委員の心をくすぐるよーなリアクション、ぐふふ。



皆さん、おくすることなく片栗粉洗面器のなかに、顔突っ込んでくれました(笑

ゴメンネ、てへっ。




いつもは見れない、悲惨な・・・もとい、立派な先生の雄姿がみれて。

学生も大笑い・・・否、感激してました!!



先生方

あざーーーっス!!







(by モイシー)



ページの先頭へ