キムワイプに愛を…
(生物生産学科 動物バイテク研究室)

メフ。

続・卒論メモリアル。

くどいようだが、ときメモではない。




またまた、研究風景。

これはマウスの胎仔の体から抽出した細胞を培養するトコロ。

マウス胎児繊維芽細胞、いいますねん。

英語でゆーと

Mouse Embryo Fibroblast (MEF)←メフ



細胞を培養するときは、他の細胞と一緒に培養することがありまして。
これを共培養と言います。
典型的なのは、培養皿の上にシート状に細胞を増殖させ(モノレイヤー)。細胞のジュウタンみたいな感じ。
そのジュウタンの上に、目的の細胞を播いて増殖させるのです。
そうすることで、ジュウタンとなっている細胞から分泌される、増殖因子を利用するわけ。
このジュウタンの細胞をフィーダー細胞(feeder cell)言いますねん。
feeder=養うモノ、栄養支持・・・的な?

MEF(メフ)は、フィーダー細胞の代表格で、いろんな共培養に使われますの。



モイシー班の研究では。
TS細胞とゆー、幹細胞の一種を培養してます。
TS細胞とゆーのは、栄養膜幹細胞(trophoblast stem cell)といって。

前回ブログ記事で、チョット紹介した、受精卵の将来胎盤を形成する細胞から分離して、作ることができます。

このTS細胞は、胎盤を構成する細胞へと分化する能力を秘めた細胞で。
胎盤形成能を分析するための優れたツールになるわけで。


っとまー、やっぱり難しい話はさておいて(笑


幹細胞ってね。
新聞や雑誌の記事では、カンタンに『作る』って言っちゃってますけどね。
とーーーっても大変なの。維持するのが。幹細胞を。

だってね。幹細胞を維持するためには。幹細胞の能力を失ってはならないわけで。
何言ってんだ?(笑
幹細胞って、ほっとくと、すーぐ別の細胞に分化してしまうん。

幹細胞の特徴は。いろいろあるけど。
他の細胞に分化できる能力を秘めたモノであって、秘めるってとこが大事で。
分化しちゃったらもう幹細胞じゃないのよ。
他の細胞に分化する前の状態を『未分化な状態、未分化性』ってゆーんだケド。
こいつを維持するのが大変。

お金も、時間も、労力も掛かります。
なんだか、子供みたい。
そーなんです。
細胞培養は、子育てと同じだ!っと良くたとえられます。たぶん。

時間と愛情をたっぷり注げば、良い子供(細胞)に育ち。
手を抜けば、不良に走る(死滅、分化する)。(笑

ホント、大変なので。
まっ、細胞を凍結して保存しちゃうって手もあるんですけどネ。


そこんところは、また次の機会にでも紹介しましょう。






by モイシー


研究風景などヲ・・・。

卒論メモリアル。



コンバンワ、モイシーです。ときメモ・・・ではなく(古!



古いブログを見ていたら。
なんだか、飲み会やら研究室以外の写真が多くて。
一体、動バイは、何やっ?ねん!

と、お怒りの声が・・・ちっとも聞こえてこないのだけれども(笑
研究風景など、あったほーがいーかなー的な。


っつーわけで。
苦労して卒業にこぎつけた、学生さんの。
卒論メモリアル。



写真2枚目は、子宮から着床後数日の胚を摘出しているところ。

マウスの場合。

受精から数えて、4〜5日で子宮に着床するのです。
(ヒトの場合は、だいたい6〜8日くらいかな?)

受精後、6〜7日の胚は、子宮内膜に埋没して『卵筒胚』と呼ばれる、筒状の構造になります(写真3枚目)。

母体側は『脱落膜』とよばれる、いわゆる母性胎盤を形成する時期(通常の胎盤は胎児側組織)。

ちなみに、脱落膜について。

胚は母体の子宮内膜を侵襲して、母体側の血液(血管)に接触して栄養を得るわけだけど。

あまりにも侵襲しすぎると、母体が危ないので、それを緩和するのが脱落膜。あと、分娩のとき胎盤剥離に働く。

かなり高度な胎盤機構の一部なのです。




さて、何を研究してるかとゆーと。

モイシーは卵子の老化について研究してるんだけど。

卵子が老化を受けると、受精後の発生にも影響するんです。

実際、老化卵子からできた受精卵はいろんな問題を抱えてます。
(細胞分裂が活発にできなかったり、染色体に異常があったり。その他、いろいろ)

また、そんな胚を子宮に移植すると、あんまり着床しない。

着床しても発育の悪い胎児や胎盤が出てきます。




何でかなーって着床する直前の胚を調べたら。

どーも、着床時に働く遺伝子の発現がおかしいと。

もうチョットゆーと、胚の中で将来胎盤を形成する細胞で働く遺伝子がどーもおかしい。

じゃあ、着床後はどうだろう。とゆーことで、着床直後の胚をとりだして調べてます。

写真4枚目は、卵筒胚に発現する着床に関わる重要なタンパク質を、蛍光色素で染めたモノ。



この研究は、

卵細胞が受精する前に受け老化による傷害が、

受精した後いろんな細胞に分化(変化すること)する能力にも影響するかも・・・的なことをしらべていて。

胚の着床率が低いことに着目して。

胎盤の起源となる胚の細胞増殖と分化能力を遺伝子や発現するタンパク質レベルで調べてます。



この研究が何に役立つかって?

不妊治療をはじめとした生殖医療という分野がかかえる卵子の老化の基礎的な知見を得るために。

日夜頑張ってます。



っまぁ、ムズカシイ話はここまでにして。

子宮に着床した胚を見つけ出して、引きずり出すのって、ちょーームズイ。

作業細けーし。

発狂しちゃうね、マジで。

ノーマルな卵子からとれた胚を移植した奴はけっこう、たくさん着床して、たくさん卵筒胚とれんだけどさ。

加齢した卵子からとれた胚は、まず、着床しねぇし。

学生発狂するし。

とゆーことで、解析のために卵筒胚を集めるの大変だったと思います、ザキヤマさん。

グッジョブ。乙。





by モイシー

完全に主婦扱い。

んでもって、2次会。



白○屋、まさかの保育+カラオケルーム。

完全に主婦扱い。

だけど、扉を開ければ、オッサンばっか(笑




何故か、ウコンで乾杯。

みんな、ウコンが良く似合う(笑



by モイシー

飲み会ってやつですな。

先週、学科の懇親会がありました。

懇親会なんて、優等生的な表現ですが・・・、まぁ。

飲み会ってやつですな、職場のヽ(*´∇`)ノ



ゴキゲンうるわしゅう、二日酔いしません、モイシーです。

ただし、寝起きは悪い。



さて、生物生産学科の先生たちは。

モイシーが思うに、お酒が好きなセンセが多い・・・気がする。

イヤ、少なくとも、キライじぁない キリッ (・`ω´・ ○) と思う。



だけど、意外と飲み会する機会は、少ない。

それは、皆さん学科のため、日々、仕事に勤しんでおられるから・・・。


もっと親睦的な飲み会があっても・・・


わたしは一向にかまわんッッ



ふぅ=3


さて、そんなわけで、いつも年度終わりに、お疲れ様会をするのです。

今回は、長いコト生物生産学科の事務をしていただいたイワブチさんが退職。

亀ちゃん、学科長、乙。

中丸ちゃん、主事、乙。

コウサクチャン、大学院主事、乙。そして来年は・・・


と、お祝いするヒトたくさん。




特に、学科事務のイワブチさんには、大変お世話になりました・・・。

とゆーか、迷惑しか掛けていない(笑

伝票の押印忘れ、何度やったことか。イヤ、ホント数えられん。

そのうち、イワブチさん、ブチ切れて、デンプシーロールでも喰らうんじゃないかと、冷や冷や。

実際のところは、モイシーのトロクッサイ書類ミスも。

いつも笑顔で直してくれて。優しい!まさにネ申対応。


お世話んなりましたーん。あざーーっス(←反省してない?



あと、この飲み会をセッティングくださった、小栗センセとカサジー、乙かれサマンサタバサ。



by モイシー

ウンドーブソク。

一句。


軒下の 雪ダルマ見て ダイエット





そろそろ、走るかナ・・・



by モイシー

ページの先頭へ