キムワイプに愛を…
(生物生産学科 動物バイテク研究室)

イチゴ・サクランボ狩り(その参)

今回のサクランボ大食い大賞は、男子がAR君、女子がおかめちゃんでした。

AR君はスタートダッシュが早く、一口で何個も食べていました。

おかめちゃんはコンスタントに食べており、僕がおなかが一杯になって休んでいたら、「休んだからもう1回イケるわ!」と出撃しました。おかめちゃんはサクランボのサミット種が大のお気に入りでした。

今回行った農園では、食べたサクランボのタネはレジ袋に貯めておき、帰る際にまとめて捨てるシステムでした。
AR君とおかめちゃんのタネの量は、僕の2倍以上でした!

時間があれば、8月初旬にサクランボの南陽という品種を、もう一度食べに行きたいです!


(by かめちゃん)

イチゴ・サクランボ狩り(その弐)

今回はサクランボ、おまけで出ていたクルミを食べている学生のショットです。

学生に聞くと、サクランボは甘みが強くて大粒のサミットという品種が好みのようです。

僕はたとえ小粒でも、甘みと酸味のバランスが取れた在来種のような品種が好みなので、少しジェネレーションギャップを感じてしまいませいた。


(by かめちゃん)

イチゴ・サクランボ狩り(その壱)

先日、普通のゼミに疲れたので、卒論指導の4年生を連れて、イチゴ・サクランボ狩りに行きました。

前回家族で行ってから10日程度経っているため、今度はイチゴが終盤の小粒で、サクランボが最盛期でした。

現地では他の農大生にも会ったため、隠れた名所になりつつあるのかもしれません。


(by かめちゃん)

ヒゲブラザーズ

今回は短大から編入してきたヒゲブラザーズの紹介です。

う〜ん、両名とも濃ゆ〜いキャラです。

ヒゲダンスが得意かもしれませんが、飲み会でリクエストすると、アカハラになるかもしれないので止めておきます。

片方は当研究室のブログによく登場するodkに似ており、弟ではと噂されています。

今度はその2人でツーショット写真を狙ってみます!

(by 鼻の下の真ん中が生えないために、カッコよいヒゲにならないかめちゃん)

ダニーと呼んでくれ

トガリネズミ調査の下調べに同行したらダニに喰われました・・・

大学に帰着後にパンツを含めてすべて着替えたのですが、装備が甘かったようです。

つい笹やぶに深入りして、先頭で藪漕ぎをしたからでしょうか。

幸い、僕以外の学生は、ダニに喰われませんでした。

これでダニに喰われたのは通算4回目ですが、これまでで一番腫れており、ちょうど総合病院に検査に行っていたので、急遽皮膚科で取っていただきました。

写真は一番上から喰われたところ、二番目は卒業生が作ったダニのアップリケ、三番目は卒業生が撮ったヤマトマダニの写真です。

寄生虫はまったく素人ですが、外部の方に協力していただいて、オオアシトガリネズミの外部寄生虫・内部寄生虫に関する論文を農学集報に掲載したこともあります(東京農大農学集報,60,10-17,2015)。

そちらの写真を見れば、涼しくなること請け合いです!


(by 喰われた箇所は秘密にしたかめちゃん)

ページの先頭へ