キムワイプに愛を…
(生物生産学科 動物バイテク研究室)

網走→千歳→仙台。

網走から仙台に行くにはさ。
直行便がないので。
飛行機乗り継ぎ。
あーーいやだ。


こんにちわ、モイシーです。
最近めっぽう、飛行機に乗る機会が増えました。
並ぶの嫌い、待つの嫌いなモイシーにはつらい所。

さて、今回の総文参加は千歳経由の仙台入り。
久しぶりに千歳空港に降り立ちました。

千歳って実はあんまり使わないんだけど。
ずいぶん変わりましたね。しらんかった。

乗り継ぎ時間に余裕があったので。
一度改札を出て、空港内をウロウロ。

温泉とかあるけど、旅客で温泉はいる奴っていんのかな?
落ち着いて入れねーよ。

ロ○ズのチョコレート工場で。
ガラスに張り付いて、ずーーっと、ぼーーーっと見てましたwww
絶対中のおばちゃんに怪しまれてたな。
ロボットアームとかあって、かっこよかったな。
あれ欲しいーー。

仙台空港では。
一番真っ先に飛び込んできたのが『牛タン』の文字。
さすが。
しかし、空港線が2Fにあるのがわからず、1F到着ロビーをずっと探しててね。

移動だけで疲れたよ。もぅ。


by モイシー

みやぎ総文2017。

ずんだ餅。
笹かま。
牛タン。
独眼竜正宗。


こんにちわ、モイシーです。お察しのとおり、仙台なう。

オホーツクOPキャンパスから2日後。
宮城県仙台市にやってきました。学部の広報活動で。
もう、出張ばっか。

さて今回は。
第41回全国高等学校総合文化祭『総文』にお邪魔しております。
総文、文科系クラブのインターハイみたいなやつ。

総文2017の自然科学部門の会場で、広報活動してきました。


課されたミッションはこんな感じ。

総文・自然科学部門の発表会場に潜入し、生物部の生徒や顧問や親御さんに接触。
可能な範囲で目いっぱい農大を宣伝すべし。

なんと、投げっぱなしジャーマン的な。

でもねー、いくら農大が協賛で金出してるかlらってねー。
好き勝手やっちゃ、イカンのですよ。
その辺、自重しつつっゆーのが難しい。

そこで、高校生のポスター発表会場で、発表を聞きつつ。
たくさん質問をして。
しれーーっと、生徒さんや顧問の先生方に名刺を配って参りました。

案外ふつーにできました。

しかし、今の高校生はスゴイわ。
SSHの高校がほとんどなんだけど。
発表なんて、下手したらうちの学生より上手なんじゃね??
顧問の先生もすごく指導されているのがわかりました。

生徒さんにも話を聞くと、ほとんどの子が、大学にいきたいと志望しているみたいでした。


ぜひ、農大に来てほしいです。
ぜひ、オホーツクに。


by モイシー

いろーかい。

オホーツクOPキャンパスは無事終わり。

最後は慰労会が開かれました。

何度もいうようですが。
OPキャンパスをはじめ、学部イベントには。
学生さんの協力なしには成立しません。

あの、若くてピチピチした、はじけそうな笑顔で。
出迎えられると、気持ちのいいものです。

おじさんの、脂ののった暑苦しい笑顔は。
キモイですからね。

本当にお疲れ様でした。
今度は、時間を空けずに世田谷・厚木です。

またよろしくー。


by モイシー

すげーよタカトシ。

秘密基地。
あー、なつかしい。男の子なら必ず一度は体験する秘密基地。
女の子は決して入れない秘密基地。
親しい友にしか教えない秘密基地。
でも。結構簡単に取り壊される秘密基地。


こんにちわ、モイシーです。
夏のOPキャンパスinオホーツクが終わり、明日から世田谷と厚木のOPキャンパスが始まります。

オホーツクキャンパスも、1号館の教室をかりて大々的に展開してます。
ぜひ実に来てくだせー。

さて、オホーツクOPキャンパスのときに、学生をいろいろ案内していると。
案内先の生態系保全学研究室で面白いものを見つけました。


中村先生の秘密基地。
なんと手作り。

ラボの一角を改造して、さまざまな気象(温湿度?)条件を作れるエリアが建造されてました。

まさに秘密基地。秘密じゃないけど。
銀紙はって、宇宙船の中みたい、カッケー。

北海道の湿地を研究されてる中村先生は。
湿地で起きる環境変化をラボで再現して、湿地帯の植物を研究してます。

区画内は、気密度が高く、温度制御がされてました。
モイシーが潜入したときは、温暖化バージョンで、ゲロ暑でした。35度だって。

でも考えてみたら、本州では普通なんだよね、うげー。

湿地帯の植物は、根っこが水ん中に浸かってるから、普通の植物とは根っこの酸素摂取のアプローチが違うらしい。

む、む、難しい。

水の中は酸素が少ないから、根っこからの吸収は難しいので。
根っこの中身を空洞化して、地上部から酸素を送り込めるシステムになってんですって。

でも、温暖化で気温が上がると、基礎代謝も上がるから。
そのシステムだけでは消費酸素量を補償する酸素を取り込めないんだって。

さーー、どうする、てーへんだっ!!って話を教えてもらいました。

そんなことまで、わかるんだ、そして、そんなことまで考えるんだ。
すげーよ、すげーよタカトシ(←超先輩


タカトシ・ベースは本人の許可をもらってるので。
内部の写真をキムワイプで公開。


タカトシの技術はあああぁぁぁぁーー、世界一イイィィッィィ!!


by モイシー

旧姓野田さんの訪問

13年前に卒業した旧姓野田さんが、家族旅行で大学を見に来てくれました。

卒業してからもう13年になるそうです。

イケメンの旦那さんは道内で農業を営んでおり、お子さんも3人おられます!

学生の頃を覚えているので、なんか不思議な感じです。

当時おられた教授の先生方が、みな定年退職されたことを話し、お互いに時の流れを感じました・・・

(by なぜか甘い写真で後悔しているかめちゃん)

ページの先頭へ