学生と先生の体験記
(生物生産学科 動物生産管理学研究室)

明日への一歩

今までお世話になった先輩方が次々と、次のステップへ踏み出しています

研究室に入ってから、共に泣き、笑い、色々なことを乗り越えてきた研究室の仲間は、いわば家族のような存在でした。

鹿肉バーベキュー(&鬼ごっこ)から始まり、新歓、角きり、ロール運び、除雪、幹部交代式、追いコン・・・・・


楽しい思い出がたくさん・・・


雨で花見が潰れたり、なかなかみんなで関わる時間がとれなかったのですが、みんなとても仲良しでした

きっと、一回一回が濃ユーいのでしょうね (笑)

ホント、楽しかったです


なんだか、思い出に浸ってると目から汗が…


晴れ舞台は笑って見送りたいので、この辺で締めさせていただきます

今までどうもありがとうございました



二年もいれば、もうみんな「道産子」ですよね

第二の故郷北海道へ・・・・
またいつでも来てくださいね

その頃には、たくましくなった僕らが… 

(三年Iより)

みんなに感謝

卒業式関係の写真撮影に奔走していた、S貝先輩お疲れ様でした

祝賀会の後は街のホテルで謝恩会を催してもらいました。
カメラを忘れてしまい、楽しい催しは他の研究室のブログを…

会場では、研究室でつくった記念アルバムをいただきました。
2年間は短いようで、中身の濃い研究室活動だったとしみじみ思いました

みんな、社会に出てもがんばれよ
(教員S)

祝賀会

卒業式、学科ガイダンスが終わり、その後は学部主催の祝賀会が行われました。
今年は、幹事のアクアバイオ学科朝隈先生のご尽力の下、宴会部長(?)の松原先生、桜井先生による進行で、賑やかに卒業生の門出を祝いました。
今年は、各学科や寒冷地農場から食材提供があり、食材開発にかかわった学生さんの表彰(?)とコメントをもらい、卒論の研究も地域に貢献していることを実感しました。
そして、おいしくいただきました

(教員S)

卒業式2

卒業式関係はまだまだ続きます。

式が終わると、笑顔がいっぱいになっていますね。
この後、学科別のガイダンス。いろいろと名残惜しいことがいっぱいあって、ガイダンス終了後は、例年通り教室のあちらこちらで記念撮影大会 になっていました。


(教員S)

卒業式1

とうとう卒業式が開式しました

開始直前、みんなにこやかに談笑しています

そして開始してすぐに学位記授与が
我らが王さんの出番です
緊張の面持ちで大学院博士課程修了の学位記を受け取りました
順番が1番でしたしね


次に卒業論文優秀賞の授与です
これは1学科に1人が選ばれる賞なのですが、
今回は我が研究室の藤崎さんが選ばれました

彼女は連日徹夜をしてまでコウモリのフン分析を行い、
卒論を仕上げました
その努力が認められたことは、
共に夜闇をさまよったコウモリ班のメンバーとしても、
喜ばしいことです
おめでとう

(コウモリな院生S貝)



ページの先頭へ