学生と先生の体験記
(生物生産学科 動物生産管理学研究室)

エゾシカ解体パート?

最近、エゾシカ肥育に疲れ始めた生徒Hです。

二日間に亘っての解体作業です。
もちろん、昨日と同じ知床エゾシカファームです。
今回は枝肉を解体して部位ごとに切り分けま〜す。シンタマ〜、ヒレ〜、ロース〜、バラ〜etc。
そして、昨日に続き輝く匠の技
相も変わらず、すごしっ
30分で各部位に切り分けます。恐るべし技!
ちなみに、解体されたものは真空パックして冷凍保存です(当たり前だろ!)。

もちろん、帰りにランチ。その後、相馬先生と一緒に現実逃避・・・・・。コーヒー美味しいなぁ。ふぅ・・・;; 
先生、お疲れ様です。

(生徒H)

エゾシカ解体パート?

先日、導入されたエゾシカを解体しました。
この解体の何がキツいかといいますと、朝が早い・・・4時起きです。眠い。まぁ、どこぞの研究室の幹事は調査で週3くらい4時起きだとか・・・、それに比べればましですね。

な、なんと、こんなにも朝早くから3年生がたくさん来てくれました。感謝!今年の3年生はよく手伝ってくれます。感謝!
おかげ様で追い込み作業はスムーズに行きました

解体は毎度お世話になっている知床エゾシカファームです。解体は匠の技が光りますよ。1頭あたり40分で解体してしまうのです。いつ見ても惚れ惚れする手際、一見の価値有りです。

ミネラルを調べるために生徒Aが生きたエゾシカの首に・・・グサッ。げふっ。ばたり。エゾシカの血ゲットだぜ〜!

帰りは斜里でランチ。その後現実逃避・・・・・・・・・まったりしました。
以上解体現場からでした。
(生徒H)

肥料まき

今日は午後から研究室の実習で、
3年生が牧草地に肥料をまきました

今の内に肥料をまいておけば、数か月後には立派な牧草が育ち、
鹿のエサになります
鹿も乾草より生の草の方が好きなので、喜んで食べるでしょう

ただし、肥料のまき方によっては牧草の成長にむらが出来てしまいます
肥料の多いところは大きく、少ないところは小さいという感じです
ゆえに誰のところの肥料のまき方が下手だったかは一目瞭然です

さて・・・どうなることやら・・・
今後の牧草の成長に期待しましょう

(院生S)

サイレージ

最近ブログの更新の仕方を知った生徒Hです。
導入されたエゾシカ15頭中5頭の解体を皮切りに本試験が開始されます。
という事で、いつもお世話になっています中西純情牧場に本試験用の餌を頂きに行きました。牧草サイレージと トウモロコシサイレージですね〜。

決行日は生憎の雨のち雪 カメラを濡らすわけにはいかないので、画像はありません。決して撮り忘れたわけではありませんよ^^;
去年の時よりサイレージの匂いが強くない気がしますね。天候不順なせいでしょうか?まぁ、取りに行った時期も若干違いますけどね
タルの数にして11本。約1トンになります。こ、腰が・・・ 若くなりたい。

寒い中手伝ってくれた3年生には感謝です。
(生徒H)

新歓

3年生の新歓をしました

人数の多い飲みは盛り上がりますね \(゜ロ\)(/ロ゜)/ ノマノマイェイ〜(古い)

おや(゜゜)?盛り上がってないテーブルがあるぞ。突撃!
「お酒が弱くて飲めないです」と一言。そうか〜、それは仕方が無い;
無理に飲ませちゃ駄目ですものね。
なので、真面目なトークをしました。どうやら、今年はシカとエミューを研究しようと思っている人が多いみたいですね。シカ肥育班の自分としては嬉しいです。

そういへば、自分もお酒をあんまり飲みませんでした。理由は、許容量を超えてお酒を飲む人が必ず出るからですよ。追いコンの時も・・・フゥ;
ここで一言「酒は飲んでも飲まれるな」

そんなこんなで顔合わせも終わりまして、今年の三年生はどんな風に四年生と絡んでいくのでしょうか?楽しみですね
(生徒H)

ページの先頭へ