学生と先生の体験記
(生物生産学科 動物生産管理学研究室)

GP報告会

1/29(土)に現在行われているGP「地域資源利用によるフードマイスター育成」(GPフードマイスター)の報告会が行われました。
カリキュラムに参加した学生が、学科間の垣根を越えて、地域資源を活用した食材をベースにいろいろなアイデアを結集し、一つの料理や食品が完成しました。
中にはうれしいことに、鹿肉を利用したものもあり、とてもうれしく(おいしく)いただきました。
その後の委員会では、外部講師の企業の方々や法律家の皆さんからの感想も、大変よく、すぐにでも商品化できそうな数々に感心していました。

(教員S)

鹿男 Part2

鹿角ヘルメットは意外に好評です。

夕べは、作物生産管理のI先生とK先輩が来室した際、棚にあったヘルメットに気づき、お約束の鹿男に…

次は誰がなるのかな?

(教員S)

鹿男現る…

この時期、4年生は卒論作成の息抜きをはじめる頃です。
ついに、鹿男が登場しました…。
段々と刺激を求め、いろいろな動物たちに戦いを挑みますが、相手はハクセイ…

今度は、何と戦うのでしょうか…。

(教員S)

けっこう重いんですよ・・・

鹿角ヘルメットをかぶるM子教授

角が立派すぎて安全性に問題が (首と頭上に要注意!!!)

まだまだ改良の余地がありそうです…

(副幹事S)

卒論追い込み

モモンガ班の3人が、がんばっています。
ほかにもエゾシカ調査班もがんばっています。

明日から定期試験も始まります。
風邪がはやっている中、体には気をつけてね

(教員S)

ページの先頭へ