学生と先生の体験記
(生物生産学科 動物生産管理学研究室)

中標津 番外編〜鹿男〜

展示品に使用した、研究室ご自慢の鹿男グッズ(もとい、鹿角ヘルメット)を、研修会スタッフにもかぶっていただきました。

角が結構重いことに皆さん驚かれるようです。

(鹿男 プロデュース中... 教員S)

中標津 番外編

講演会場へ向かう途中、おもしろい場所を見つけました。
山の斜面に、巨大な「牛」の文字が…!さすが酪農の町

(副幹事S)

エゾシカ講演会@中標津

中標津町で「エゾシカ・新たなる地域資源」と題した研修講演会が行われ、当研究室の先生お2人が講師を務められました。

平日の夜にも関わらず、多くの町民の方が参加してくださいました。ありがとうございます!

近年、個体数が激増して問題となっているエゾシカを資源として有効利用するための東京農大の取り組みについての講演の後、エゾシカ焼肉とソーセージの試食会も行われました。

(同行した副幹事S)

エミューが大好きなこと

もう、秋なのに… 、暑いです…

こんな時、エミューに水をかけてあげると、喜びます。
コツは、ホースの先をつぶしながら、雨を降らせるようにかけてあげることです。
中には、直接かけてほしいとPRするエミューもおりますが…

暑いと、ヒトだけでなく動物たちもいらいらするので、ストレス軽減は大事なんです。

心なしか、新入りをいじめなくなる効果も…、ない奴がいるな…。

(飼育場所を配置換えします… 、教員S)

知床満喫

シカの肥育作業終了後、短生御一行様を知床エゾシカファームへお連れしました。
知床エゾシカファーム↓
http://www.shariken.co.jp/ezoshika/

エゾシカはほとんど出荷されていて、牧場には7頭くらいしかいませんでした。 暑い日 だったので、みんな日陰で休んでいました。
売店で軽食を撮った後は…
オシンコシンの滝↓
http://www.town.shari.hokkaido.jp/shiretoko/point/8p_osinkosin.htm

知床峠↓
http://www.town.shari.hokkaido.jp/shiretoko/point/8p_touge.htm

と巡ってきました。知床峠では遙か彼方に国後島を眺められ、気分爽快。 途中、間近にエゾシカを観察し、携帯電話で早速撮影していましたよ
それでも、道路の近辺はエゾシカに食べられ芝のようになった法面、エゾシが食べない鬼アザミなどの繁茂など、エゾシカによる自然破壊の進行を肌で感じてもらいました。

帰りは欲張ってハイランド小清水725へ↓
http://www.dosanko.co.jp/kosimizu/guide/highland/index.html

夕日にかすんでいましたが、知床半島を斜めから見られる絶好ポイントで一休みして、網走に戻りました。

(300km…、走りすぎました  教員S)

ページの先頭へ