学生と先生の体験記
(生物生産学科 動物生産管理学研究室)

ドロドロ

エゾシカの角切り作業の合間を利用して、エゾシカ飼育施設出入口に土入れをしました。

施設は低いところにあるため、あちこちから雨水が流れ込み…、さらに鹿さん達がその上を歩くので…、年季の入ったドロドロ状態です。
おかげで、院生H君が犠牲に…。

そろそろ本格的な補修が必要ですが、予算がないので…。

作業通路のみですが、作物生産管理から頂いた麦稈を投入して隙間を埋め、その上に火山灰を敷いて応急処置をしました。

(教員S)

ギコギコ

本日、後学期1発目の3年生の実験実習は、エゾシカ飼育施設の補修と、雄ジカの角切りをしました。雄ジカは角が完成すると、攻撃的になります。管理する学生やシカ同士のけんかでケガをしないよう、完成するとすぐに角を切ります。

まずは、ジョー君をはじめとする雄ジカ3頭の角切りから…

まずは、吹き矢で鎮静剤を…
座り込んだところで 押さえつけ、角を切ります。

鎮静剤は2〜3回に分けて投与します。1回目は教員S。気分はG13
ジョー君とは心理戦なので、お互いに睨めっこ
会心の一撃(一発?)で、まさかの(実力の)教員Sの勝利
追加投与は落ち着いているので、練習を兼ねて3年生が挑戦

無事に角を奪取
その後は…、この機会にいろいろなところを触って、エゾシカを間近で観察してもらいました。

(3発外しました… 、教員S)

やれやれ…

デンプンサイレージ?
誰だ−ブログを更新したのは!

正確には「デンプン粕サイレージ」です。訂正とお詫びを…

デンプン粕は、デンプン製造時に出る残さ(残り物)です。デンプンが抜けていても、栄養満点なので、調製をきちんとすれば、立派な飼料になるんです。さらに、廃液が出るのですが、ここにもタンパク質の残り物が混じっています。実はこの廃液、時間とともに悪臭を放ちます。その原因がタンパク質なんです。でも、技術の進化は素晴らしい ここからタンパク質成分を抽出できるようになったんです。
それが、「濃縮物」。正確にはポテトプロテインです。

さてさて、そんなこんなでサイレージ調製が無事に終わり、道具の洗浄も終わりました。これしないと、得体の知れない酸っぱい臭いが立ちこめるので、 と〜っても大事な締めの作業です。

今日はお借りしたトラックを返却してきま〜す。

(担当者、もっと勉強せーよ… 教員S)

デンプンサイレージ

こんばんわ 3年の石橋 です!!

今日は研究室でデンプンサイレージを作りました☆彡

タイトルには「デンプン」とありますが、
午前9時に集合してひたすらニンジンを刻みました
これは前回の記事に書いてあるので以下略。。。



その頃、僕、石橋くんは斜里の農場から濃縮物とデンプン粕をもらって、そのあと重量を量って蓋をして午前の作業が終了♪♪

昼休憩をとりました

ちなみにお昼は四川風マーボーヤキソバを食べました
興味がある方はセブ○イレブンにて販売されています!!


午後からは樽に混ぜた材料を混ぜ混ぜして、踏み踏みしました
木○くんがとても楽しそうに踊りながら踏み踏みしていました(笑)
(あの踊りはK○RAですか??)

後は樽に詰めて今日の作業は終了しました!!



ちなみに今日は「シカの日」でしたが皆さんご賞味いただけましたか??

食べた方がいらっしゃいましたら、感想をお聞かせください
研究室でお待ちしています♪












.

ニンジンサイレージ〜

9/23(月)、オホーツクキャンパスでは後学期がスタートしました。
が、しかし、本日は規格外ニンジンを原料にしたサイレージ調製です。

規格外ニンジンは、形がいびつだったり、裂果しているなど、市場に出せないニンジンです。結構、出るんですよこれが…
しかも、一度洗ってから選別するため、飼料として考えると、これはとても助かるんです。 だって、皆さんも土がついたままのにんじんを食べることはしませんよね?

ということで、昨年JA斜里さんからの依頼もあり、4年生のKくんを中心に行った規格外ニンジンの飼料化(サイレージ化)の試験。ここで課題となった、排汁対策(ニンジンって、結構水分 があるんですよ)を主眼に、現3年生の卒論研究テーマとして取り組むことにしました。

当日は朝からJA斜里の青果センターから規格外ニンジンを分けて頂き、その後はほぼ研究室の学生動員で…

にんじん選別…(腐れているモノを除去)

ひたすらニンジン細断…(3時間)

水分調整のフスマとまぜまぜ…

実験用サイロ(FRP製の密閉容器)に詰め込み…(終了は夜の8時… 、  空真っ黒…)

明日(9/27)はデンプン糟サイレージの調製です。

(ハプニングで斜里と農大2往復… 、教員S)

ページの先頭へ