学生と先生の体験記
(生物生産学科 動物生産管理学研究室)

東藻琴の芝桜

今日は研究室の親睦もかねて東藻琴の芝桜公園に行ってきました。

着いて一番最初にしたことは「飯を食べる」!
芝桜に背を向け、黙々と飯を食べました。だって、お腹減ったんですもの。

食後は「登るぞ」と言われ、287?段の階段を登りました。自分シカにやられた足が痛いっす。小指が紫色っす。苦行っす
登った後は変な汗が出ました・・・。

肝心の芝桜はかなり綺麗でしたよ。今年は良い感じに咲いているようです。

登った後は自由時間になりまして・・・。ゴーカートに突撃する人達や、お昼が足りなかった人達が屋台にくり出しパーティータイム。右手に肉。左手にドリンク。
最終的に釣堀で釣り大会という・・・。

みなさん楽しめたでしょうか?そして、やっぱりカメラ目線のT氏。

(学生H)



待望の第一子なのか

給餌のさいに危うく仔ジカを踏みそうになりました。S氏に言われなかったら気づかずそのまま・・・。

しかし、かわええのぅ。やばい鼻血でそう・・・(S氏)

嘘です。すいません。いえ、かわいいのは事実です。

ちなみに肥育試験では仔ジカが以外と曲者なんです。
母ジカが摂取したエネルギーが仔ジカにいくので母ジカの体重が増えない・・・。

食べているのに増えない・・・。うらやましい・・・。

(学生H)

蝦夷鹿の体重測定

先週の土曜日にエゾシカの体重測定を行いました。

体重測定の時には若干、霧が出てました。雨じゃなくて良かった・・・。

この作業はとても重要なんです。だって、日々の成果がここに現れるわけですから。しかし、これがちぃとばかし大変な作業なんです。特に体重計に追い込む作業がね・・・。

今回、私は足の小指を負傷・・・蹄を小指に乗せやがった。内出血でイタイ、痛いぞー。飛び跳ねた時には背中を蹴られました。蹄は凶器ですな。ちなみにどちらも同じ個体にやられました。あの野郎(-_-メ)・・・。

まぁ、そんなこんなで無事作業を終えました。手伝ってくれた皆様ありがとうございます。次回もよろしくね。

体重計から飛び出てくる決定的瞬間・・・。上手いなぁ。

ところでエゾシカを漢字で書くと、小難しそうな動物に思えるのは自分だけでしょうか?

(学生H)

毛刈り

木曜日にヒツジの毛刈りをしました。

毎年恒例なのか、必ず変に毛を残される個体が出ます。今年は背中に マークと マークを付けた個体が・・・。

ハートはきれいに見えるのですがドクロはびみょ〜です。

といいますか、写真を撮ると常にカメラ目線にする人がいる気がする・・・。コウモリ班の・・・。

(学生H)

ニンジン・・・キャロット・・・メーレ・・・カロッテ・・・サイレージ

本日はサイレージ班のM氏らが昨年度調製したニンジンサイレージを開封しました。ちなみにニンジン単品のサイレージではなく、フスマと混合して調製したサイレージになります。

予想以上にハードな作業でした・・・。50kgのサイロ運び、中身を取り出し袋に詰めるだけだったのに・・・。

しかし、同じ様に調整したのに、サイロによって匂いや色合い、水分が微妙に違ってくる・・・こういうのを見ると素直に「面白い!」と思いますな。
こういう事を3年生にも体験して欲しいなんて思ったりしちゃったりします。

12個中1個のサイロでカビの発生を確認・・・残念・・・。表面だけカビていたのでサイロの密閉が甘かったかな?

(学生H)

ページの先頭へ