学生と先生の体験記
(生物生産学科 動物生産管理学研究室)

スコール

と、金さんへのプレゼン中に、突然の瞬間停電。

本日の網走は、午後から突然の突風、降雹、まるで南国のスコールのような状況でした。


心配で、小降りになってからシカ舎を見回りましたが、路盤整備したエゾシカ施設はぬかるみもなく、ひじょ〜に良好でした。

これで、しばらくは衛生的にシカさんが過ごせそうです

(ますます、体の調子がついて行きません…  教員S)

すてきなsouvenir

本日(7/31)より、韓国の全北大学より、院生の金さんがエゾシカの活用に関する調査のため、研究室に来られました。
全北大学↓
http://en.chonbuk.ac.kr/main/main.php

2月に来道した際、エゾシカの活用の飼料をみて、博士論文の題材にすることを決めたとか…
老境での留学経験もあり、日本語はぺらぺら。こういうところは見習わなければいけません。

昨日まで西興部村の講習に参加していたとのこと。バスとJRを乗り継ぎ、7時間かけて網走へ

本日は、研究室の取組みを紹介し、こ〜い一日を過ごしてもらいました。

お土産に、エゾシカの写真を見せて作ってもらったという、きれいな扇子をいただきました。

明日から、M先生と知床エゾシカファームなどを調査する予定です。

(暑さで体が参っております…  教員S)

大根いっぱい

農場からの一本の電話。「大根いる?」

ということで、炎天下、研究室の4年生の精鋭をつれて寒冷地農場へ。

規格外など、出せなかった大根を次々と引き抜き、トラックの荷台へ。
おいしそうなところを数本いただき、後はシカさん とヒツジさん のごはんになります。

(ますます贅沢なシカさんになってきました… 教員S)

本日、キャンパス見学ツアー

オホーツクキャンパスでは、キャンパス見学ツアーを実施中です。
詳細は↓
http://www.bioindustry.nodai.ac.jp/event/event.htm#cam_tour

午前中の「学科別マナビ体験」では、20数名の方が研究室に来られました。

午後も引き続き行っています…

(今日も蒸し暑いです…  教員S)

エゾシカ肉サンプル分け

本日の網走は蒸し暑いです…

そんな中、北見市にあるオホーツク圏地域食品加工技術センターの拔山氏のアドバイスを受けながら、分析や食味試験に使用するエゾシカ肉のサンプル分けを行いました。

オホーツク圏地域食品加工技術センター↓
http://foodohotuku.jp/
http://foodohotuku.jp/gaiyou/tayori/H23-1/23-1-1.pdf

昨年度の短期肥育試験のエゾシカ肉で、今年の4年生が分析と食味試験、共同研究を行っている短期大学部や釧路短大等へサンプルを送るための切り分けです。

生肉ですので、できるだけ解凍による影響を避けたいため、、一気に全サンプルを切り分け、仕向け毎に真空パックしました。

(建物の中の方が涼しいです…  教員S)

ページの先頭へ