学生と先生の体験記
(生物生産学科 動物生産管理学研究室)

とっても濃〜い一ヵ月

早くも、あと数日で10月が終わろうとしており…

先月に引き続き、今月はとっても濃〜い1ッカ月を送った教員S でございます。
正確には、10月後半はエゾシカまつりでした。

エゾシカ(研究) KUの皆さんと交流 エゾシカ(映画撮影) エゾシカ手配(映画撮影) エゾシカ(映画撮影)

ヒントはここに…
http://nodai.cc-town.net/modules/nmblog/categories.php?mode=show&category=25&month=&page=2

http://wwws.warnerbros.co.jp/yurusarezaru/

なんと言いましょうか、わかりやすく言えばエゾシカ(役者さん)のゼネラルマネージャーとでも言いましょうか…。

そんな、苦労話は、追々アップします。

(今日は腰が重いです…  教員S)

「シカの日」

第4火曜日は「シカの日」!
後期最初のシカの日でした

本日のメニューは・・・
「カツライス」です

エゾシカ肉を使用したカツがでかくて食べ応え十分でした

蝦夷鹿解体事件簿

どもども〜役にたt以下略の学生Hです。

ドナドナ〜ド〜ナ〜ドォナ〜エゾシカ乗〜せ〜て〜♪♪ 作詞:3年肥育班M氏

エゾシカの短期肥育も終わりを告げ、知床エゾシカファームで解体が行われました。つぶらな瞳が俺を見る!!!だが、解体します。許せ。

解体方法は電気ショック⇒首の血管切断⇒皮剥ぎ⇒内臓取り出し⇒枝肉の洗浄です。自分は4度目なので何とも思いませんが、苦手な人にはキツイ作業風景です。

去年にひき続き今回も短大生が来ました。日程がギュウギュウ詰めなので大変だったのではないでしょうか?お疲れ様でした。

初日は解体の匠が居なかった事と採血などで手間取り、枝肉にするまで少し時間が掛かりました。1頭1時間ぐらいかな・・・?
2日目はが居たおかげで早く終わりました 解体速度は1頭30分程度かと思います。スゲー速いなぁ。さすがでっせ

ちなみに、今年のシカは皮下脂肪が厚いように見えます
来年の成分分析では良いデータが取れそうな気がするぅぅぅぅぅぅ。頑張れ3年生

ちなみに匠が狩猟したクマさんを見せてもらえました
クマの肉球やわらけぇぇぇぇぇぇぇぇぇ プにプにしました。

解体にご協力いただいた知床エゾシカファームのみなさまありがとうございました
学生H

素材の味を堪能中…

研究室のOさんが、ストッカーの肉を整理中…

本日は、Oさんの卒論研究のメイン、エゾシカ肉の食味官能試験の予備実験の日です。

昨年度の飼育ジカの肉を使用して、人の食感に踏み込んで給与飼料の違いを評価します。

そこで、本調査を前に、鹿肉の切り分け、焼き方、試験の実施方法について、一つ一つ検証するのが予備実験の目的です。

本日は、研究室の4年生を中心にお手伝い。
切り分け方法など、先輩の残してくれたアドバイスを思い出しながら、予備実験を進めていました。

(頑張ってくださいね  教員S)

後片付け

昨日の余韻も残る中、今日は収穫祭の後片付けの日です。

模擬店、文化学術展のいずれも元の状態への復帰にいそしんでおります。

わが研究室の4年生はテキパキと作業中。3年生もそれなりにテキパキと…。

(教員S)

ページの先頭へ