学生と先生の体験記
(生物生産学科 動物生産管理学研究室)

試食三昧 Part 3

本日も、軽い除雪からスタート...。
と、思いきや、隠れていた氷に阻まれ、除雪機のピンを切ってしまい、交換作業する羽目に...

今日は、北海道のオホーツク振興局主催による、エゾシカ加工食品試食評価会が開催されました。

研究室のM教授による「北海道が育んだエゾシカ肉の魅力」と題した基調講演の後、知床エゾシカファームと知床ジャニーの製品の試食会が行われました。

知床エゾシカファーム↓
http://www.shariken.co.jp/ezoshika/

知床ジャニー↓
http://www.shiretokojourney.com/

味付け肉やハンバーグ、コロッケ、メンチカツ、餃子など、様々な加工品が出品され、パッケージや味付けなどのアンケートが採られました。

(ご飯 がほしくなりました... 教員S)

試食三昧 Part 2

日曜日の1/29、この日も朝は除雪から開始。

途中地吹雪になっていることも有り、動物の管理もそこそこに撤収をかけて研究室へ。

そこには、4年生Oさん。
まじめです(エライ

ということで、この日はシカ肉の食味試験。
M教授発案で、シカ肉を牛肉や豚肉と比較してみました。

まずはシカ肉(農大産ロース) と牛肉(オージービーフのロース) の比較。
次にシカ肉(農大産ロース) と豚肉(ロース)。

個人的に、さすがに柔らかさなどは牛肉が好印象。肉のエキス感はシカ肉が上。牛肉と豚肉の中間くらいの印象でしょうか。

これから解析を進めます。

(教員S)

試食三昧 Part 1

先週末のドカ雪...

まずは自宅前の除雪をと思いきや、玄関が開かない...

そうです、前夜の風のため、我が家の玄関が吹き溜まった雪でふさがれておりました。

何とか除雪して動物舎にたどり着いてみると...

こちらもすごいことになっていました。

そんな土曜日の1/18、オホーツクものづくり・ビジネス地域創世塾、第2期生の成果報告会が行われました。
http://www.bioindustry.nodai.ac.jp/~jstmono/index.html

社会人のみなさんが、様々なアイデアの食品、地域振興へ向けてサポートなど、全27題の発表がありました。

昼は、製品の試食もあり、イタドリの漬け物やカボチャの種を原料としたきなこのような製品など、意外な食材もあっておいしくいただきました。

地域愛の高さに、歓心致しました。

(審査で約10時間座りっぱなしのため...  教員S)

ボーグリン大会!!!

本日は研究室の2、3、4年と院生そして先生を交えてのボーリング大会をやりました

全5ゲーム中最初の2ゲームは練習で3ゲーム目から本番でした


今回はちゃんと賞品があるためみんなガチでした
そして楽しい時間はあっという間に過ぎていき結果発表へ…

1位〜3位以外にMVP賞(個人)、ブービー賞、そして参加賞をそれぞれのチームに渡して本日は終了しました(ToT)

写真は最後に撮った集合写真です(みんないい顔

あ〜。明日からまた卒論に追われる日々が…

(本日MVP賞を取ったKでした)

今日は整備士

研究室で大活躍の除雪機。

いろいろとトラブルに遭っておりますが、先週は大型の除雪機が不動化。
しかも、よりによってシカ舎の中の除雪中にストップしてしまいました。

とりあえず、3年生の若いパワーで運び出し、動かなくなった原因を探ったところ、伝達用のベルトが切れたことが判明。しかも構造は比較的単純そう...。

「これなら自前で何とかなるのでは」ということで、こういう機械いじりが好きな教員Sとしては腕がムズムズ。
早速ベルトを取り寄せ、本日ベルト交換を行い、無事に復活。

とりあえず、これで春までもってほしいものです。

(今度は分析機器のメンテです…  教員S)


ページの先頭へ