学生と先生の体験記
(生物生産学科 動物生産管理学研究室)

毎年恒例の...

研究室の3年生は、ただいま、消化試験の真っ最中。

毎年恒例の実験実習で、4班に分かれて試験を行っています。6/27日の木曜日にヒツジを代謝ケージに収容。
予め計算しておいた給与領分の飼料をセットし試験開始となります。
これから、2週間にわたって毎日、朝と晩に飼料給与、排糞量の測定といった作業を行っていきます。

(みんな、がんばってね  教員S)

サイレージ調製、真っ只中

今日も牧草のサンプルを求め、別海と中標津に行ってきました...。

出発時の網走は雨 、が、山を越えると曇り空。しかも比較的明るい空模様。

道路脇の牧草地はあちらこちらで刈り終えた後があったり、作業中の牧草地があるものの、作業はあまり進展していないように見受けられました。
道は乾いており、牧草地も平穏無事、牧草の生育も順調そうなのですが、サイレージ調製中に雨に当たると、発酵が失敗するため、天候と睨めっこしている方が多いと見受けられます。

そうそう、サンプリングでした。
いつもは午前中に別海町の牧草地、お昼を挟んで中標津町の牧草地とサンプリングを行うのですが、雲行きが怪しくなってきたので、急いで中標津へ移動。
最後の牧草地でサンプリングを終えたとたんポツポツと雨が...。

何とか無事にサンプリングを終えることができました。

(観光のレンタカーも多くなってきました...  教員S)

初めて書きます・・・・

ど〜も
はじめて書きます学生I戸です。

今日はシカ肉の日でした。

メニューは シカ肉カレーでした
うまかったよ〜〜

お肉はスジ肉でしたがすっごく柔らかくてスプーンで切れましたよ

えーここで一緒に食べていたA子君とN澤君に感想を聞こうと思います。

A子君:お肉が大きかったのに柔らかくておいしかった


N澤君:ほろほろでした

いや〜〜2人ともありがとうございます

では研究室に戻ってY田君が買ってきた高そうなお菓子を食べに行ってきます

デザートがあってまたデブの道に1歩進む学生I戸でした

いよいよ本番

乳酸菌が利用できる牧草の糖含量分析結果から、糖含量の高い牧草がある牧草地をを高・中・低の3段階で評価しました。

この結果を基に、6/22(土)にそれぞれの牧草地から牧草を刈取り、サイレージ調製を行いました。

当日は7時に農大を出発し、目的地の別海町へ。2ヵ所の牧草地からから20kgずつ、イネ科の牧草「チモシー」のみを刈り取りました。その内の1ヵ所は他の牧草が混じっており、選別が大変難航...。

予定を10分以上オーバーして次の目的地、中標津町の牧草地へ。
ここは1ヵ所のみでしたが、とても管理が行き届いている様子で、オーバーした時間を一気に短縮して刈取り修了。

コンビニでおにぎりを買ってほおばりつつ、農大へとんぼ返りしました。

その後は刈り取った牧草地ごとに牧草の細断 乳酸菌製剤などを添加 真空パックと一連の流れ作業。

何とか、無事に調製を終えることができました。

(晴れて気持ちいい1日でしたが...  教員S)

入魂の分析...

子鹿はかわいい...、でも、母鹿に不審者と思われている教員Sです。

さて、水曜日に別海と中標津の牧草地から採取してきた牧草の東岸量の分析をしました。

講義後でヘトヘト になっている中、3年生も4年生も夜遅くまで実験しておりました...。

入魂の分析の結果、今年のサイレージ調製実験で使用する牧草地を決定しました〜

そして、明日はいよいよ牧草の刈り取り。協力いただく別海と中標津のTMRセンターの皆様、よろしくお願いします。

(そろそろ腰が悲鳴を...  教員S)

ページの先頭へ