学生と先生の体験記
(生物生産学科 動物生産管理学研究室)

ようやく目処がたちました

今度の3年生の実験実習では、熱量計によるエネルギー測定を計画しております。

そこで、しばらく動かしていなかった熱量計に火を入れ、キャリブレーションを行っています。

といっても、校正用の安息香酸を使用して、表示のずれを修正していくだけです。

でも、これは意外に地味で時間がかかる作業。とりあえず何とか終わりました。
明日、最終確認を行うことにします。

(教員S)

卒論実験、最終段階へ?

今年度のエゾシカ飼育試験も終わり、いよいよシカ肉等級班が始動しました。

3年生も交え、今週はシカ肉の分析方法の確認を行っています。

その近くでは、今夏に採取した牧草の前処理もはじまりました。

いよいよ、卒論へむけて、ラストスパートに入りました。

(分析は来月いっぱいが勝負です  教員S)

お疲れ様会

先週の金曜日、研究室は収穫祭の打ち上げを行いました〜。
久々に研究室のほぼ全員が顔をそろえました。


途中、すき焼きの鍋が焦げるハプニングがあったところもありますが、 ワイワイがやがやと普段の話しやら何やらで盛り上がりました。


(一部、鍋の再履修か...  教員S)

ジャンプアップ!

オホーツクキャンパスの収穫祭が終了しました。

閉会式の各賞の発表。残念ながら、文化学術点は入賞を逃しました。展示の飾り付けなど、もっと展示を練って来年も再チャレンジしたいと思いました。

ということで、模擬店の方は....。

M田君のがんばった大地図賞は逃したと思ったものの、何と何と

優秀賞

昨年食べ逃した農大生も含め、とっても喜んでいただいたようです。

閉会式後に行う恒例の青山ほとり(大根踊り)は、今年は25回目と言うことで、バスロータリーを25周。

研究室のH山君のリーダーで踊る学生の笑顔を見ると、充実した収穫祭だったとうれしくなりました。

(重ね重ね、ありがとうございました  教員S)

文展も好評のようです

4年生のエゾシカフランクは、14時に完売となりました。

お買い上げいただいた皆様、いかがだったでしょうか。来年チャンスがあれば、もう少し提供できるよう頑張りたいと思います。

さて、そろそろ収穫祭も終盤。が、文展を訪れ、体験をしていく方々も多々いました。

エゾシカと身長を比べるコーナーは、新調をマークした付箋が増えていました。

食べて、見て、少しでもエゾシカの現状を知っていただければ、3年生も頑張った甲斐があると思います。

(教員S)

ページの先頭へ