学生と先生の体験記
(生物生産学科 動物生産管理学研究室)

エゾシカ残滓調査(2回目)

年末、年始と、車で走り回ることが多く、3が日はカゼで声が出ずに寂しく過ごしていた教員Sです...。

まずは元気だった頃の昨年末、剣淵町と旭川市へ、エゾシカの残滓処理調査に行ってきました。
昨年9月に行った調査の2回目。
今回は焼却処理と、バイオトイレの処理を応用した発酵処理の視察です。

どちらも一長一短ではありますが、施設導入や自治体間の共同運営方法の経緯、経営者の熱い思いなど、とても勉強になりました。

(冬道は恐いよ...  教員S)

早くも...

超〜久々、しかも本日は17日...。

サボっているわけでもなく、冬休み突入後は調査などに追われておりました...。

4年生は卒論完成へ向けて、ラストスパート中。


ということで、年末からの出来事をぼちぼちとupしていきます。

ページの先頭へ