学生と先生の体験記
(生物生産学科 動物生産管理学研究室)

一年間にも見たような...

シカ舎の除雪で、懐かしの光景が再現!

4年生の前幹事Oさんと、T君コンビが、小屋の屋根の雪下ろしをしていました(上の写真)。

そういえば、昨年もこの二人が同じことをしていましたね...(下の写真)。
http://nodai.cc-town.net/modules/nmblog/categories.php?mode=show&category=45&month=2013-02

時が経つのが早いと思いつつ、懐かしい光景がフラッシュバックしました。

(教員S)

大雪後の恒例行事

臨時休校で幕を開けた今週。
暴風雪の様子は、他のブログに譲りまして、研究室で避けられない作業を報告します。

それは、「雪かき(除雪)」です。

3年生をはじめ、卒論の仕上げに忙しい4年生も手伝ってくれ、シカ舎とエミュー舎を除雪。

風が強かったため、動物たちが柵を乗り越えて出て行かないよう、柵の内側に溝を掘りました。
ついでに、管理小屋の屋根の雪下ろしも。

吹き溜まったところは人の背丈を超え、人海戦術(ソリによる運び出し)と除雪機併用で何とか終了。

この玉では、作業に支障をきたすため、本格的な除雪は日を改めて行う予定です。

(家の前の除雪もあり、腰が痛いです...  教員S)

ボーリング大会

定期試験終了〜。

ということで、本日、研究室のボーリング大会を行いました。

昨年同様、次年度に研究室に入室予定の2年生も交え、2,3,4年生の混成チーム11組によるチーム対抗戦。
上位3チームと最高得点者には景品が出ると言うことで、それなりに本気モード。

結果は...、1位Mくん、Nくん、S君の3年生チーム、2位は教員Sチーム、3位はm教授チームとなりました。

そして、本日の最高得点は、団体戦1位に貢献した(?)Sくんとなりました。

さぁ、来週は卒論発表会が待っています。最後までチームワークで乗り切っていきましょう!

(教員S)

対馬調査

1/20〜23にかけて、M教授と教員Sは、長崎県対馬市へ。

今回は粗飼料調製の調査を兼ねて鹿の有効活用についての意見交換を行ってきました。

対馬にはツシマジカがいるのですが、ご多分に漏れず、農林業被害を引き起こしています。

調査と意見交換は無事に終わりましたが、ついぞ鹿には会えず...。
見かけたのは公園の芝生に落ちていた糞だけでした。

まぁ、空き時間に野生動物保護センターのツシマヤマネコ(福馬くん)を見られたのでよしとしましょう...。

(教員S)

森の芸術家?

財団との調査地確認作業中、芸術的な作品を発見しました。

エゾシカに給餌されるビートパルプ。
通常は徐々に削られるため、上の写真のようにだんだん薄くなっていきます。

が、発見したもの(下の写真2枚)は、不思議な形に削られていました。
長年、森を見守ってきた財団の方も、初めて見る光景に驚いていました。

この作品を作った芸術家(芸術鹿?)に会ってみたいものです。

(教員S)

ページの先頭へ