学生と先生の体験記
(生物生産学科 動物生産管理学研究室)

研究室大掃除

12/23に、研究室の大掃除をしました。

本来ならば、18日の3年生の実験・実習の時間を利用して行う予定でしたが、休校となり延期に。

帰省ラッシュは承知の上で、研究室の大掃除をしました。

教員Sは本来の予定になかった、動物当番で使用している着替え小屋の担当。
中はもう...、カオスな世界です。

ストーブを使う時期なので、これは火災の原因になる〜、 と言うことで、持ち主不明の長靴と作業着をまとめて複合会畜舎へ移動。棚や作業着を掛けを移動して整頓し、下は掃き掃除。

とりあえず、きれいになったと言うことで終了。

中に戻ると、とてもきれい本が整列。

これで、取り合えず良い年が迎えられそうです。

(今度汚くしたら、全部捨ててやる〜  教員S)

実はすごいことに...

12/17〜18にかけて北海道を襲った暴風雪。

お約束として、動物舎は吹き溜まりもあって、大変な雪の量。

18日に天候がやや回復した時を狙ってのぞいてみると、農大ジカは小屋に待避中でした。
施設内も、除雪車はとりあえずの作業スペースを空けていてくれましたが、すでに所々、吹き溜まりになっていました。
この日はとりあえず施設周辺のみを軽く除雪。

19日は、朝から研究室総出で雪かき。
普通、徐々に積雪が増えていくのですが、一気に雪が積もると、さすがにへばります。
しかも、湿った雪だったため、いつも以上に重いこと、重いこと...。


ちなみに、今の網走は路面が所々ツルツル。スタッドレスタイヤで磨かれているので、交通事故には要注意です。

(教員S)

エゾシカ生体捕獲事例調査と残滓処理事例調査

11月の末から、エゾシカの生体捕獲事例の調査と、残滓処理事例調査を行っています。

生体捕獲の方は、各自治体などで行っている生体捕獲の状況の調査です。

意外ですが、どこで何を行っているとか、それを行うための資金は何を使っているのかだとか、情報があまりにも少ないのが現状です。
ならば、こちらからお伺いして聞くのが早い、ということで、これまでに滝上町、遠軽町丸瀬布、中標津町、別海町とまわってきました。
年明け早々にも、数ヵ所まわる予定です。

残滓処理調査の方は、昨年度に引き続き、網走市のエゾシカ対策の調査依託の一環で行っております。

昨年度の状況はこちらで↓
http://nodai.cc-town.net/modules/nmblog/categories.php?mode=show&category=45&month=2013-09

今回は、昨年度の調査で出た疑問と、市の方からの調査課題を受けて行っており、担当者の方から根掘り葉掘り(?)聞いてきました。

これらの調査結果をまとめて、オホーツク振興局や網走市へ報告する予定です。

調査にご協力いただいた担当者の皆様、ありがとうございました。

(長距離移動は疲れるぜ...  教員S)

幹部交代&打ち上げ&忘年会

今年も、いろいろと行事をかさね、12/4に研究室の懇親会をおこないました。

今年は、研究室が始まって依頼の特別ゲスト。仮入室の1年生と2年生も参加。まぁ、2年生は来年度の配属決定済ですけど...。

幹部交代のあいさつでは、M教授のまさかの一言で、今年のスペシャル役員、「点呼係」の継続が...。

4年生のA君ご指名により、その場で3年生のTさんにバトンタッチ(ちなみに、点呼係はゼミなどで出席をとる係です)。

お陰様をもちまして、楽しい一時となりました。

(教員S)

クリスマスイブ

ついに、クリスマスイブ...。
何かの話題で、サンタさんは世界中の子供達にプレゼントを配るため、マッハ1900でトナカイの引くそりで飛び回るのだとか...。
教員Sには、そんなことはまず無理。サンタさん、寒い中、大変お疲れ様です。

それはさておき、ここ最近の研究室は賑やか。
色々な行事やら天候急変やらが重なり、何をしてきたかさえも忘れがちになってきました。

冷静になれば、2014年はあと1週間しかない!

ということで、ここ最近の研究室の話題を、仕事の合間に順次アップしてきます。

(こんばんは、我が家のサンタさんです...   教員S)

ページの先頭へ