学生と先生の体験記
(生物生産学科 動物生産管理学研究室)

続々、完成中♥

卒論発表会から早2週間が過ぎ、研究室の4年生は仮提出した論文の推考に追われています。
お互い、あ〜だ、こ〜だと励まし(?)ながら、データの検証を進めています。

そんな苦労の末、2〜3日前から、続々と卒論が完成してきました。

毎年ながら、完成した論文の製本作業にいそしむ4年生の顔は、い〜もんですね。

4年間の締めくくりが終わると、次のライフステージへ向けて、新たな旅立ちへの準備が始まります。

(センチメンタルな季節です… 教員S)

吹きだまり

キャンパスの飼育施設も大変なことに…。

所々で、背丈以上の吹きだまりができていました。
研究室総出の除雪で、エゾシカ舎とエミュー舎を除雪しました。

ついでに、水道管の点検作業のため、農大ジカを隣の実験用区画に移動と、午前中は作業三昧でした。
(腰痛が慢性化してきました… 教員S)

何度目の暴風雪…

毎週末のように暴風雪…
今回は、最悪の積雪になりました。
おかげで、月曜日はキャンパスは休業。と、いいますか、午前中は通行止めで、キャンパスに近づけませんでした。
と、いうことで、出勤すると研究等の入り口はすごいことになっていました。
(教員S)

応援団、卒業生送別会

2/7、毎年恒例の全学応援団オホーツク支部の卒業生送別会にお招きいただきました。

何を隠そう(隠しても仕方ない...)、教員Sは全額応援団吹奏楽部の相談役なんです。
隣には、支部長のHくん。久々の学ラン姿が決まっています。

新旧交代で、いろいろご挨拶をいただきましたが、後輩たちはさらに発展させてくれることでしょう。

4年生の皆さん、応援団の活動をひっぱていただき、ありがとうございました。

(教員S)

超〜、贅沢スィーツ登場!

追いコンの翌々日、土曜日の朝から3年生の鹿肉品質班が新たな実験を開始。
4年生の先輩から、鹿肉の分析方法を習っていました。

と、品質班のTさんが、前回のカステラに続き、エミューのプリンを作ってきてくれました。
しかも、新幹事Kくんがアルバイト先からいただいてきた、絞りたて牛乳を使った、贅沢プリン

鶏卵とは、明らかに違う白さ、鶏卵プリンよりも濃厚ですが食べやすく、牛乳の味も引き立ち、とてもおいしくいただきました。

ちなみに、上の写真は左が鶏卵プリンで、右がエミュープリンです。

ここのところ、研究室のエミューは3〜4日ペースで順調に卵を産んでおり、まだまだ、卵料理を楽しめそうです。

(教員S)

ページの先頭へ