東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

湿地林

大学から車で15分ほどのところにある農大寒冷地農場の脇には、農場が管理している湿地林があります。毎年、実験用の植物サンプルを採取するフィールドとして利用しています。

この季節になると林のなかはしんと静まりかえっています。
夏のざわめきは遠い過去のよう。
苔むした木道をすすむと、フッキソウの白い実が目に飛び込んできました。
 
 

 

2009年10月06日 | suzu-mura

▲ページトップへ

秋のはじまり

そろそろ秋がはじまりました。
色あせた初秋の湿原のなかでウメバチソウの白い花が鮮やかに咲いていました。
ミズオトギリは早くも紅葉をはじめました。

種によって紅葉・落葉時期に違いがあるのはなぜだろうか。
早めに葉から窒素やリン養分をしっかりと回収する戦略と、ぎりぎりまで光合成をして炭素化合物を稼ぐ戦略の違いだろうか。いずれにせよ、きっとそこには必然があり、たくさんの仮説が既にあるのだろう。
 
 

 

2009年09月21日 | suzu-mura

▲ページトップへ

調査

北は猿払村の浅茅野湿原、南は黒松内町の歌才湿原まで、北海道内ぐるっと湿原調査に行ってきました。ヒツジグサの可憐な花が各所で咲いていました。
 
 
 
 

 

2009年09月10日 | suzu-mura

▲ページトップへ

研究室ブログを始めることになりました

更新速度はこれまでどおりかもしれませんが、今後ともよろしくお願いします。

夏は藪こぎの季節。
一に根性、二に体力です。
別寒辺牛湿原のほとりでスゲ属植物の生育調査をしてきました。
 

 

2009年08月26日 | nodai

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.