植物のある日常
(生物生産学科 植物資源保全学研究室)

おくればせながら

 いよいよ新学期が始まりました!しかし未だに網走は寒く、雪がちらつく今日この頃。今年度初の研究室活動がありました!

 まずは先生方と新三年生、研究助手の方、院生で顔合わせ!
みんな緊張しながらも自己紹介を済ませ、真剣な表情で先生の説明に耳を傾けていました!まだ右も左もわからないでしょうが、卒業する時にはどのように成長しているのでしょうか?今から楽しみです!
 
そして四年生はというと、就職活動の真っ最中!
各々の熱意を持って勤しんでいることでしょう!
頑張れ四年生!
一人でも多くの人が、第一志望の企業に決まりますように!

卒業式っ!

朝は深々と降る粉雪で。<br />入学式の朝と同じ網走らしい寒い一日でした。<br /><br />そんなか、今日は4年生の卒業式っ!<br /><br />スーツ&着物姿の4年生は終始笑顔☆<br />今までお疲れ様でした^^<br />そして、これから社会にでても、大学で得た友達同士で<br />また飲んだり、集まったりできたらいいよねっ!<br /><br />これから謝恩会とまったり飲みがスタートです。<br />最後の網走と友情を存分に深め合ってほしいと思います!

卒論発表会っ!

更新が遅れてすみません;;
さて、私たちの研究室では先月の28日に他の研究室より
一足早く卒論発表会がありました☆
4年生は今までの学校生活の集大成として、3年生は来年の参考として臨んだことと思います。

当日の朝は就活以来袖を通していない(?)スーツに身を固めた
4年生がちょっと緊張しながらも最後までスライドの調整や原稿の読み合わせをしていて、いつもの和やかムードとは違う雰囲気の研究室。なんだかんだで今までこのために暑い夏の調査や中間発表で夜遅くまでスライド作ったりしていたんです。
みんなふぁいと〜っ!

今年の卒論の題目は植生の維持管理手法にはじまり、森の生き物のこと、湿原植物の移植実験のことetcといったように多岐に渡り
この研究室らしく、多角的に自然環境と向き合った卒論でした。
外部からのお客さんも多数発表を聞きに来られ、緊張気味な4年生も終わった後は爽やかな笑顔。
みんなお疲れ様でしたっ

ビオトープ管理士資格試験2級に5名が合格!!

今年度の2級ビオトープ管理士資格試験の合否が12月19日(土)に発表になり、本研究室から、 計画部門2名、施工部門3名の5名が合格しました。

ビオトープ管理士とは、地域で受け継がれてきた自然や歴史・文化などの貴重な財産を活かし、人と自然が共存する持続可能な美しい地域の創造を効果的に推進するために必要な、知識、技術、評価、応用能力を持つ者に与えられる資格です。

 難しい試験に見事合格した5名においては、これからの活躍とさらなる飛躍が期待されています。

秋の終わり

今年最後の湿原調査に行ってきました。
スゲの枯葉を採取しました。夏に採取した緑葉と窒素成分等を比べることで、どれだけ養分が地下部へ引き戻されたのかを調べます。

遠くには黄色く紅葉したカラマツ林がみえます。
そろそろ初雪の季節。
秋が暮れてゆきます。

ページの先頭へ