植物のある日常
(生物生産学科 植物資源保全学研究室)

明けました!ヽ(´▽`)ノ

明けましておめでとうございました

こんにちは!Y.Iです<m(__)m>

2012年になって少し遅れた挨拶なので過去形にさせてもらいました

今年もよろしくお願いいたします <m(__)m>


さて、ここで少し去年の話をさせてもらいます

去年の9月に「ビオトープ管理士」資格試験というものが行われました。

ビオトープって何??って思われる方がたくさんいらっしゃると思いますが、

ビオトープとは、生き物(Bio)がありのままに生息活動する場所(Top)という意味の合成されたドイツ語です

つまり、ビオトープ管理士というのはいわば生物生息空間を管理する人ってことです

この「ビオトープ管理士」という資格には、施工部門と計画部門があり、それぞれに1級と2級があります。

1級を受けるにあたり実務経験が必要となるので、学生が受けられるのは2級までとなります。

試験問題には、野生生物の生態に関する問題や、環境に関連した法律の問題などがあります。

なんとなーくイメージできたでしょうか??

そして、この試験結果が去年の12月中頃に出まして、

農大のオホーツクキャンパスでは受験者数が52人、合格者数が26人

そしてなんと 26人中7人が植資研究室の学生でしたー

みなさん、おめでとうございますー

新年一発目のブログ更新でおめでたいことが書けて光栄ですヽ(´▽`)ノ

さて、これから日が経つにつれて3年生は就職活動が本格化し、

4年生は卒業論文の制作ラストスパートとなります

張り切っていきましょう

ページの先頭へ