東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

毎木調査

本日、9時半から毎木調査をいたしました。

北見の林業普及員の方が来てくださり、手取り足取り樹木の高さ、胸高の図り方、求め方を教えてくださいました!


測定場所は、グラウンド裏のファイントレール内の人工カラマツ樹林にて、20×25m四方の中にあるカラマツの調査をいたしました。

目新しい器具に見とれたりしました。


実際に樹高を図るとき、機械になれず手間取ってしまったりと結構大変でした。


特に、幹事の必死さは!

今回の幹事の写真は結構いい絵になったと思う



今回の毎木調査、本当に面白く、ためになるような実習でした。
普及指導員の方々本日は、ありがとうございました。



実習風景と、今週の幹事さんです。

鶏冠
 
 
 
 
 

 

2013年05月30日 | suzu-mura

▲ページトップへ

春だ!桜だ!山菜だ!

こんなタイトルだが、山菜の写真はない!


やっと、網走にも春が来ました!!桜咲きました!!

テンションあがって、朝の7時くらいに桜を取りに家に出て潮見公園に行きました。



なので、ついでに上げようと思い多くの花を取ってきましたよ!


つつじとタンポポと桜とハチとかいろいろ・・・

図鑑とかで調べたわけじゃないので自分のわかる範囲の花の名前しかわから無いのであの白い花はそのうち・・・・調べます・・・・
きっと「きたこぶし」とかいうのじゃないかと思いつつ、確かではないので。。。。

 
 
 
 
 

 

2013年05月26日 | suzu-mura

▲ページトップへ

pHとEC

今週行った研究室の活動で、土壌中のpHとECを計るというのをやりました。

ファイントレールの土壌を約100g程度とり、1〜2g乾燥させ、残りは冷蔵庫に入れた。

自分のとってきた土壌は、ファイントレール奥のタラが植わってるあたりの落葉樹がおおくあったところから取ってきました。

みんなと明らか色と粘度と水分量が明らか違う!!だ・・・・大丈夫・・・だよな・・・・と、不安になりつつ、実験していました。





そういえば、一年の時の実験で似たようなことをやったような気がしないでもない…。

その時は、潮見公園の土とファイントレールの入り口付近の土を採取してたなぁ。っと思い出しつつ今回の実験をやっていました。


実験風景と、今週の幹事です。

これから今週の幹事乗っけて見ようと思う。( ´艸`)

 
 
 
 

 

2013年05月24日 | suzu-mura

▲ページトップへ

湿原の実習にて

能取湖の実習行ってきました。


地面に突き刺さったパイプの泥を取り除く作業とラベル張り、水質調査用のなんか刺したり。


足元がおぼつかないくらい不安定な泥に埋まりながら、作業していました(・ω・)


足が取られて、長靴だけ置いてけぼりになりそうになりながら何とか作業が終わりました。


ただ、先生がすいすいと歩き回る姿を見て必死に「こけろ!」ってカメラを必死に構えていた鶏冠です。

こっそりと、先生の車に落書きをしたのも俺です。
(・ω・) ←これがのトランクとこにいたかもしれないwww

絵が描けるところ、我あり!って感じでつい指が動いてました。

反省はしています。ただ、後悔はしていません。

そして、三年幹事がなんとなく四年幹事と同じ末路になりそうだな・・・っと思いました。


ってことで、実習風景です。







鶏冠

 
 
 
 

 

2013年05月16日 | suzu-mura

▲ページトップへ

森林土壌調査(`・ω・´)実習

今日森林土壌の地層の調査をしました。
(゜Д゜;)


学校にあるファイントレールのある一部に穴を掘って地層がどんなのか見て、この地層にはどのくらいの深さまで有機物のあるA層なのか、B層なのかという調査のやり方を学ぶ実習です。

霧の中ファイントレールには入り、雪の積もった道なき道を歩きついたさきには森の中(゚Д゚)

ファイントレールなんだからまぁ当たり前なのだが(・∀・)


農業高校出身の人がすごくがんばっていて、楽させていただきました。

・・・・・・。( ・_・)

掘るより、埋める方がやはり早くみんなで協力して、さっくり元の通りに戻してさいごのあとかたづけへ
片付けでは、懐かしの作業をしつつ剣先スコップや、移植ゴテを片して、実習終了(`・ω・´)


結局先生のお手本みたくすごくきれいな穴にはならなかったとだけ言っておこう。




鶏冠
▽実習風景▽



 
 
 

 

2013年05月09日 | suzu-mura

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.