植物のある日常
(生物生産学科 植物資源保全学研究室)

就活と卒論

4年生の就活が大詰めとなっているようです。

一方、卒論のためのフィールド調査も今が正念場、という学生も多く、就活と卒論の両立で大変な時期でもあります。

今週の木〜金曜日は、網走寒冷地農場の湿地林でメタン放出を調べているチームが集中観測を行いました。

メタンチームの4年生3人が就活の合間をぬって集合し、3年生数名と一緒に観測を行いました。

休憩時にはお互いの就活の進み具合などの情報交換をしたり、3年生に就活のアドバイスをしたりと、なかなか大忙しの様子。

あっという間の2日間が終わり、それぞれ最終の面接などに戻っていきました。

写真は上から
・観測の合間にくつろぐ4年生の2人
・4年生と後輩(観測ヤグラの上から)
・植生の茂った観測サイト(ヤグラから)

(教員T)

知床の森林再生

研究室3年生の前期のゼミ実習の締めくくりとして、1泊2日で知床に行ってきました。

日本のナショナルトラスト運動の先駆的な取り組みである知床100?運動の説明を受けた後、森林再生のさまざまな実践地をつぶさに見せていただきました。

増えるエゾシカや厳しい気象条件など難題にひとつひとつ対処しながらかつての自然環境の復元を目指す息の長い取り組みは、現場が正解のない応用問題の積み重ねであることを学生達に教えてくれたような気がします。

ご案内いただいた知床財団のMさん、Kさん、ありがとうございました。

写真は上から

・しれとこ100?運動の説明を聞く
・防鹿柵の設置による河畔林の再生現場
・研修所での夕食(焼き肉パーティーでした)
・今年はネズミによる樹木の食害が多いとか
・ササ草原を経て原生的な林へ向かう

(教員T)

ページの先頭へ