植物のある日常
(生物生産学科 植物資源保全学研究室)

山の実習

今日の研究室3年生のフィールド実習は、オホーツクキャンパスからほど近い藻琴山(標高1000m)で行いました。

キャンパスからバスに乗って45分で登山口に到着。天候にも恵まれ、雄大な屈斜路湖を見下ろしながらの登山となりました。

ハイマツなどの高山帯の樹種を確認したり、ウサギなどの哺乳類による樹木の枝の食痕の見分け方を覚えたり、はたまた安全な登山やフィールドワークのためのミニレクチャーを受けたりと、頂上までゆっくり往復して3時間程度ですが、ここでしかできないような実習をたっぷり行うことができました。

写真は上から
1.頂上にて
2.ツエルト(非常用テント)の体験
3.ハイマツの雌花
4.ウサギによる枝の食痕

(教員T)


知床での実習

6月の研究室3年生の実習は、知床、釧路湿原、阿寒という北海道東部の3つの国立公園を巡り、さまざまなテーマで現地実習を行います。

まずその第1弾として、6月1日(木)は知床半島を訪れ、森林再生をテーマにさまざまな現場を見てきました。

午前中は、知床半島の最高峰・羅臼岳からオホーツク海に流れ下る岩尾別川の河畔林で、攪乱と再生に関わる生態観察や樹木の同定を行いました。クマに遭遇したときにも冷静に対処できるように、クマ撃退スプレーの試射体験も行いました。

午後は、知床財団の自然再生の担当者の案内で、大正時代からの入植の歴史、ナショナルトラスト運動による土地保全、そしてその後の森林の再生に向けた取り組みの現状と課題を学びました。

お世話になった知床財団のMさん、Sさん、ありがとうございました。

写真は上から、
1.100平方メートル運動ハウスで知床の歴史を学ぶ
2.路上のクマ糞の内容物を調べる(セミの幼虫が多かった)
3.シカ捕獲用の囲いわなの構造を確かめる
4.知床連山をバックに集合写真

(教員T)

ページの先頭へ