植物のある日常
(生物生産学科 植物資源保全学研究室)

フィールド実習最終回

先週のことになりますが、研究室3年生のフィールド実習のしめくくりとして、1泊2日で釧路方面に行って来ました。行き先は、網走からバスで約2時間半、標茶町にある京都大学北海道研究林です。

初日は、林道を歩きながら道沿いに現れる樹木をすべて同定していく樹木実習です。2班に分かれて見つけた樹種の数を競いました。

二日目は森林土壌の観察です。カラマツ林の地面に深さ約1mの穴を掘り、火山灰が何層にも堆積した土壌を観察しました。

研究林長の舘野先生をはじめ研究林のスタッフの皆さんに実習を受け入れていただき、手厚い指導をしていただきました。ありがとうございました。

(教員T)

ページの先頭へ