あぱらぎ宮古
(宮古亜熱帯農場)

灌水用送水管の設置

マンゴーハウスの灌水用送水管が新しくなりました。
パイプの設置は業者がやってくれましたが、そのための穴掘りなどは練習生がミニユンボを使って掘りました。
不慣れな分時間はかかったものの、無事に設置することができ一安心です。

バオバブ倒木

台風24号の影響で宮古亜熱帯農場、管理棟前のバオバブの木が倒れました
大木が倒れるくらい強い台風でした。停電はしなかったので一安心です。

10月実習

今年度3回目の実習が行われました。

例年通りトラクター操作やテリハボクの定植・除草、そして今回は来年のヤムイモ栽培に向けての堆肥作りもしました!
バガスと牛糞を運んでは混ぜての繰り返しでかなり大変な作業でしたが、日に日に大きくなっていく堆肥の山を見ると、大きな達成感に包まれました。

残す実習もあと1回。
気を引き締めていきたいと思います。

台風24号


台風24号が宮古島にぶつかるということで、9月27日に今年2回目の台風対策を行いました。

24号は想像よりも風が強く、停電の被害には遭ったものの、農場やハウスには直接被害がなかったので本当に良かったです。
宮古島にあたるのは今回で最後であることを願うばかりです。


サトウキビ 植え付け

 9月19日
サトウキビの植え付けをしました。

サトウキビの植え付けには「春植え」、「夏植え」、「株だし」の3種類があり、それぞれで栽培期間や収穫量が異なります。
今回は夏植えで、およそ1年半後に収穫することになります。

植え付けの作業は、苗を渡す人、置く人とで分かれて行うのですが、タイミングが難しく初めはなかなかスムーズにいきませんでした。
後半は徐々に慣れてきて、無事1日で終わらすことができて良かったです。

ページの先頭へ