あぱらぎ宮古
(宮古亜熱帯農場)

接ぎ木

今日はマンゴーの接ぎ木の実習をしました。

接ぎ木は増殖を目的とする植物体の一部である枝や芽などを切り取って、他の植物体に接ぎあわせ、独立した新しい個体に養成する繁殖法です。

接ぎ木をすることによって着果を早めるなどの効果があります。

今回の接ぎ木では、維管束を合わせるのが難しかったです。

実際に接ぐ時期は春です。

サトウキビの夏植え

宮古島も秋に近づいて涼しくなりました。

今日はサトウキビの植え付けをしました。

今回の植え付けでは機械を使用して行い40aの畑を半日で終わらすことができました。

残りは10月の実習で植え付けるよていです。

10月の実習が楽しみです。

ゴーヤの定植

今日は、先日播種したゴーヤの定植をしました。

育苗段階では連日の高温に悩まされあまりいい苗はできませんでしたがあらかじめ堆肥をいれておいた畑にネットを張り一本ずつ苗を選抜して定植できました。

早く育つように潅水を心掛けたいです。

ページの先頭へ