エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

台風の後片付け。


台風一過で昨日から良い天気です。

圃場では「台風の後片付け」で、ほぼ一日が終わってしまいました。
あちらこちらに吹っ飛んだものを集め、掃除をし、めくれた防草シートを張り直しました。
2番温室上の寒冷紗も、キレイにずり落ちちゃってました。
(まぁ、ロープが切れてくれないと温室が痛むんですが。)

写真:何より大変なのが、台風前に降ろした実習台上寒冷紗の張り直しです。
(U職員、笑顔で頑張っております。)

今シーズン3回目の展張です。 もう台風には来て欲しくないです…。

「これも勉強です!…よね?」

秋の風吹く、絶好の実習日和でした。
でも本科の野菜実習は、秋冬作への切り替えで熱気ムンムンでした。

写真 Д蝓璽侫譽織垢両貊蠅砲魯泪襯舛鮖椶掘▲札詆弔鯆蠖△靴泙靴拭
「レタスは『軟弱野菜』って言われてるんだって。優しくしてね。」
「うっふ〜ん。」「なに?」「あ、ちょっと軟弱に…。何でもありません。は〜い。」
(このB−3班さんには、新たなミッションを課させていただきました。)

写真◆発芽が素晴らしいパクチーの並びには、ポット育苗のシュンギクを定植しました。
「根鉢が回ってないから難しい〜。」
「そーっと、そおーっとね。」「目指せ、スキ焼!」(おお〜っ、堪りませんよ!)

続いて播種を行いました。
変わりダイコン3品種にミズナ、コカブ、チンゲンサイにホウレンソウ2品種と葉ネギ。
基本は「1cm間隔播種」。「腰が痛え〜!」「はいっ、代わりましょっ!」

写真:本日までキャベツやブロッコリーに防虫ネットを展張していなかった班では、害虫駆除も大仕事。
「こんなに被害があるんですねぇ?張っときゃ良かったなぁ、ってまぁ、これも勉強です!…よね?」
「うわ〜、なにコレ!めちゃくちゃ集まってる!」
「あ〜、それはヨトウガの幼虫ですねぇ。200匹位いますねぇ。どこに産んだか、卵塊の跡がシッカリ解りますねぇ。」
「何このキレイな俵型!」「それはモンシロチョウの卵です。潰してください。」
「蝶々の赤ちゃんを…。」「野菜を喰うか、ムシに喰われるか、です。」
「ハイ…。食うか喰われるか〜。」

写真ぁЯ芦麈甜錣靴織瀬ぅ灰鵑蓮■核椶ら2本へ間引き。
「う〜ん、どっちだ!?」「こっち向いて『抜かないで〜』って訴えて来るんだけど。」
「そんなに悩まなくても〜。」
(女性の方が、「あっ」と言う間に決断するような…。)

写真ァД縫鵐献鵑蓮。臆麑椶隆岼きです。
「少なくとも5cm間隔にだって。」
「うわ〜、これもう『ニンジンさん』になってるよ!もったいないじゃん!」
「何とかならんもんかねぇ。」「もったいないねぇ。」「最終的には10cm間隔にするんだって!」
「もっと間引くのか…。もったいないねぇ。」
「でも間引き菜もサラダにしたり、葉っぱは天ぷらにしたり。
Tさんは葉っぱと芽ネギを白和えにしたらスッゴク美味しかったそうよ!」
「無駄にはしない!と?」「そう、その通り。今日の間引きダイコンだって、絶対美味しいから!」

(台風が心配ですね。実習台上の寒冷紗は、実習後に降ろしました。また張るのかなぁ?)

「GA収穫祭」へ向けて。

今日も熱かったです。
専科のうちの3コースの実習も熱かったです。

写真 Ш能蕕謀仂譴噺世Δ、「圃場集合」だったのは果樹コースの皆さん。
ブドウ:ベリーAの収穫は先送りにされましたが、キャンベルアーリーの2作果を楽しめました。
柑橘類の摘果などの管理は、千歳門圃場で。
「この品種で今黄色くなってる奴は、摘果してください。美味しいもんにはなりません。」
「え〜!」
「ん!もったいないって? じゃあ食べてみて。涼しくなるから。」
(…涼しくなりました。)

写真◆Ы草などを行った後に、本圃場へ。
早生のカキ、早秋を部分収穫!
(無理矢理お願いしたO全さん、齧りつきながらのご協力ありがとうございました!)
別働隊は、収穫祭でプレゼントに準備している、パッションフルーツ苗の管理も行いました。

写真:本日の草花コースのメイン担当は、H工先生でした。
花壇を収穫祭に向けて最高の状態にするために、皆さん頑張りました。
「1ヶ月半の時に、ベストな状態になるのを想像して頑張りましょう!」
「そうそう、今じゃないのよね。」

写真ぁГ海舛蕕盻草中に、別働隊が苗置場の整理に汗をかいていました。
「ちょっと見ない間に荒れちゃうもんだねぇ〜。」
「他のコースも使うところだから、キレイにしないとね。」

写真ァ野菜コースの皆さんのメインは、秋冬物の定植でしたでしょうか?
1番温室からは、大量の苗が運び出されました。
オクラを片付けたと思ったら、すぐに施肥・耕耘して、マルチングに定植!
サツマイモの試し掘りは、ちょっと早かったですかね?

写真ΑВ韮措穫祭で展示する、「野菜の寄せ植え」が作成されていました。
「どこに何を植える?」
「ハツカダイコンが周りに植わってるとキレイだって!」
「じゃあ、播こう!」

専科の各コースでは、「GA収穫祭」に向けての準備が着々と進んでいるようです。

32℃でした。


秋風薫る時期になったかと思ってたのに、本日の圃場の最高気温は(なんと!)32℃。

この暑さの中、ムシ(害虫)達は元気です。
専科野菜コースの苗には、温室内なのにアブラムシがジワジワ…。
本科野菜の圃場で防虫ネットを展張し切れなかった畝では、ヨトウガとモンシロチョウの子供たちが「凄いこと」をしております…。
(「これも勉強」と、暖かく見守っております…。)

圃場担当は、この時期刈っても刈っても、抜いても抜いても敵わない除草に、ほぼ一日励みました…。

写真:ヤギの百花(モモカ)さんには、キウイ棚の下を主にお願い。
「しっかりね。」
「任せといて!」
(出来れば引っこ抜いて欲しいんですけど…。)

秋咲アマリリス。


秋晴れ一歩手前の圃場でした。
作業日誌の記録には「曇り時々晴れ」と記しました。

今日から4日間、東京地方は「晴れ」の予報です。とっても久し振りのことらしいですね。

GAの教室では、教養科目の方々が今日も夏休み特訓に励んでましたが…
本日は圃場から…

写真 Ы咲のアマリリスが、今年も綺麗に立ち上がってくれました。
クロガキの下にしかなかったものが、ナゼか学生寮脇のクヌギの下でも!?

写真◆В曳峅梗柴癲⇒夙苗のハクサイ達です。
「葉っぱの向きが全部一緒!」「整列してるみたい!誰が育ててるんですかっ!?」
(育ててる職員の性格ですかねぇ〜。)

写真:本科野菜での初顔、パクチー(コリアンダー)が発芽しました!!
最近超人気の葉物だそうですが、好き嫌いが分かれますよね〜。
(私:M職員にとってコヤツは、カメムシの味にしか感じられません。
あ、カメムシを食べたことはありませんけど…。)

ページの先頭へ