東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

花芽が〜っ!


連日強風が吹き荒れております。
今日も防草シートがあちこちで飛ばされ、2Fの鉢物果樹が…。
(風が収まってから対応しているのですが、こう連日ではどうにもなりません。)
今年は、春の何番まで吹くんでしょうね?

写真 Х物沿いにある「可動式トンネル(仮称)」は、飛ばされずにいました。
中では超スローに、コカブと紫チンゲンサイが育っています。
「おっ、チンゲンサイ急に伸びたなぁ」と思って覗いて見たら!

写真◆大きくなったんじゃなくて、花芽が上がってきていました・・・
(ガ〜ン。遅蒔き過ぎでした)。
夜は冷えますが、昨日なんか日中は20℃に迫る気温でしたし、これはしょうがありませんね。
葉は筋張ってますが、とっても美味しかったですよ…花芽!!
(花芽を採り尽くしてから、葉はヤギの百花さん行きかなぁ?)

 
 

 

2017年02月21日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

願書受付初日でした。


朝は結構冷え込みました。さらには昨日からの強風がまだまだ残っていて、辛い朝でした。
(2Fの専科果樹の鉢物は、ほとんど倒れちゃいました。)

写真 Г修鵑閉早くから、H29年度GA本科受講願書の提出に、たくさんの方がお越しくださいました。
ありがとうございました!

午後からスタートの、生活健康科への応募もありがとうございました。

まだ、若干の余裕がございます。
両科への受講を希望される方は、早目の願書提出をお薦めします。

(何人かの方から、「ブログ、面白いですよねぇ」と!!
さらには!?「ほほう、あなたがM職員さんですか〜。ブログは全〜部見てますよ。」
とのお声をいただき、感激でありました!! 《ウルウルしそうに〜》。)

 

 

2017年02月18日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

春一番の圃場でした。


吹き荒れる強風は、実習時間がピークでしたねぇ。防草シートを抑える5寸釘が飛んだのは、初めてでした…。

春一番が吹き荒れる圃場で、本科が野菜実習に挑みました。
防塵メガネやゴーグルを掛けてるU&M職員に、「ズル〜い!」の声が。(そんなぁ…。)

写真 А屮肇鵐優襪鯀瓦禿欝遒靴討ださい。資材はしっかり洗って所定の位置へ」、とY先生。
「トンネルのビニールもですか!?」
「今日は洗っても干せませんので、とりあえずビニール袋にまとめましょう。」
「このまま仕舞っちゃうんだ。楽チン!」(いえいえ、日和を見て洗っていただきます!)
「あ〜!まだ採らないで〜。記録写真撮らせて〜!」

写真◆А屮マジメ班」(?)。 皆さんキリッと直立状態。(この班の赤カラシナは凄かったです。)

どの班もこの時期の葉物としては、過去最高の出来です!!
「Y先生、毎年の進化がスゴイです!」、とオドロク私:M職員に、
「いや〜、だんだんこの圃場の『クセ』がわかってきました。施肥の時期とかもね。
皆さんに、ちょっとでも満足してもらえれば」、と謙虚なY先生です。
「去年やおととしの本科生から、また怒られちゃいますかねぇ?」とも。

写真:こちらは「破顔班」(?)。い〜い笑顔ですねぇ!
「リーフレタスよ!君、よくぞここまで頑張った!」
「ブロッコリーの側側側花蕾も、偉いねぇ!」
「M職員さんが言ってたけど、私も頂花蕾より側花蕾派!」
(品種にもよりますが…。側花蕾だけに超重点を置いたのが「スティックブロッコリー」と呼ばれる一群かと…。)

次回本科の実習は、造園です。四ツ目垣に挑みます。(イボ結び《通称:男結び》をシッカリと!)

 
 
 

 

2017年02月17日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「揉み上げって言ったら尾崎紀世彦だろ!?」


昨日までとは打って変わって、実習時間帯はポカポカ陽気でした。

今週から再来週まで、水曜日の本科は造園実習に挑みます。
本日はH原先生(GA前身の「成人学校」の元副校長)から、庭木の手入れについて講義と実習で学びました。

写真 Ц畍紊蓮校舎3Fのマツの植え込みで管理実習。
実践前に、今一度H原先生から方法を確認しました。
「いいですかぁ〜皆さん。初めはハサミを使っちゃぁいけません。揉み上げで樹の形を露わにしてください。」
「切る枝を先に決めた方が、効率が良いと思うのですが?」
「そうなんですけどねぇ、揉み上げ前に樹勢を見極められるのは、余程の上級者ですねぇ。」
「ほほぅ。だから先ずは揉み上げなんですか。」

写真◆Гい脅汰!
上から目線で「B−4班さ〜ん!」と無理くりパチリ!
(良い笑顔での大反応!!ありがとうございます。)

「マツの『モミアゲ』って聞いてさぁ…」 「何よ?」 
「思わなかった?」 「だから何をよ?」
「揉み上げってったらココ(耳の前)でしょ?」
「あら、そっち!」(大笑い。)
「でさ、朝から『また逢う日まで』が頭の中でリフレインしているわけよ〜。」
「僕はチャールス・ブロンソンだなぁ。」 「はあ〜?」 (「Oh、マンダ○!!」ですねっ!ふっ、腹筋が〜!)
「えっ、揉み上げっつったら尾崎紀世彦でしょ!?」 「Sさん若いねぇ。俺なら出たての宍戸錠だな。」
「はいはいっ、手を動かして!多分U職員は、その3人とも知らないと思うわ。」 「M職員はどうかな〜?」
(あ、『また逢う日まで』なら、ソラで歌えます。)

気持ち良〜く(?)ハサミを入れた後は、地上に戻りました。
用具やゴミの運搬をありがとうございました。

写真:実習台では、ジックリとハサミの手入れを行いました。
「砥ぐのって、初めて〜!」
「えっ、台所の包丁とかって、どうしてんの?」
「うちではダンナの仕事。無理だったら替えちゃう。」
「今日習ったやり方で包丁砥いだら、旦那さんより上手かもよ?」
「ええっ!?…う〜ん、どうしようかなぁ。」
「な〜んだ!ダンナさんに甘えたいんだ!?」(皆んなでニコニコ&ニヤニヤ!)
H原先生は、各班を回って安全第一の砥ぎ方を教授されていました。

 
 
 

 

2017年02月15日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「クラブ発表会」が開催されました…「番外編」。


写真 Р敍刺瑤気鵑痢⊃疊瓦韻任梁膾遏
花が保つまで展示の予定です。(頑張りましょう!)

写真◆茶道部さんがお茶会へお誘いする、イラストで先生を描いた超キュートなポスターです。

この二つの部をご指導してくださっていた先生お二人が、今年度をもってご勇退されます。
(残念過ぎます。)

ふらりと圃場へ現れ、「だんだん良い圃場になって来たねぇ。あんた、たいしたもんだねぇ。
でもね、あっちもこっちもって、頑張り過ぎちゃダメだよ」と気遣ってくださったM瀬先生。

お会いするだけで、理由無しに心底から優しい気持ちになっちゃう魔法をお持ちのG藤先生。
(「チャーミング」と言う言葉はG藤先生のためにあると、大勢の受講生&OB・OGと意気投合しました。)


ありがとうございました。

 
 

 

2017年02月12日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.