東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

花ふたつ。

強風吹き荒れる圃場でした(目ん玉を取り出して水洗したい!)。

本日教養科目に励んでいた皆さんは、週末のクラブ発表会に向けて熱気ムンムンだったそうですね?

今日見つけた花を…。

写真 В拡峅梗捨△如◆屬泙鵑査蕕」のマンサクが咲いていました。
毎日見る場所なので、「本日開花」と自信を持って宣言いたします!
専科造園コースのマンサクは、もうちょっと掛かりそうですね。
花の形が異なるので、見比べられると楽しいのですが…。

写真◆А屬─舛叩もう咲いちゃったの!?」なのが、コチラ。
レストランの窓側、ルピナスの手前に置いてあるソラマメのプランターで、なんと開花!
2月上旬なんですけど…。

「ここより絶対暖かいハズだから」と、専科野菜の雨除けビニール施設の中を観に行ったら、
やっぱり咲いてました!!

こんなに早く咲いちゃって、お豆さん大丈夫?
(今年もY先生直伝の、「5連マメ」に挑戦の予定なんですけど〜?)

 
 

 

2017年02月07日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「桁が違った。」

雨、降りませんねぇ。圃場はちと乾きすぎです。
インフルエンザの流行がピークを迎えているそうです。お気をつけください。

先週の2月3日(金)、本科生は、サカタさんの「ガーデンセンター横浜」へ見学研修に出掛けしました。

写真 Ф擬爾鮟猗していただき、U崎店長さんから通販の説明(?)、
サカタグリーンアドバイザーのK杉さんからは「たねだんご」を中心とした講義を受けました。

写真◆Ц緘召錬婪蠹皇垢法▲ーデンセンターをぐるりと案内していただきました。
種子や球根などがキラキラ並ぶコーナーでは、「あぁ、幸せな気分〜」(!?)

写真:用品のコーナーです。
「あら、素敵なテラコッタね。」
「手作りの輸入ものです。」
「ふむふむ、10,000円かぁ。」
「ちょっと、違うわよ!¥100,000よ!!」
「うわっ、桁違いだ!」

写真ぁ苗もののコーナーへ。
陽射しが暖かくて良かったです。
(Tさんのカメラがこちらを向いているような…?)

写真ァДリスマスローズのコーナーでは、みなさんじっくりと観察してましたね。
「花が上向いてるよ!」
「こっちは八重咲き〜。」

「半日はここで過ごしたいなぁ。」
「レストランもあるから、丸1日でもOKじゃない?」

研修後は、さらにじっくり店内を回る方あり、はたまた「中華街へ直行!」の班もあり…
楽しい研修でした。

研修の調整をしてくださったT先生、U崎店長はじめ、サカタのスタッフの皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。

 
 
 
 
 

 

2017年02月07日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

春夏の準備開始です。

ここ何日か、午前中は目を開けてられないほどの強風が吹き荒れています。
ところが、実習の開始とともに止んじゃうんですよね〜(何デデショ?)

専科実習の木曜日、(講義をサボって作庭に励んだ造○コースの数名を除き)圃場でジックリ励んだのは、2コースでした。
果樹コースは「忍術収穫!」のみで、追いつけませんでした。

写真 野菜コースの皆さんは、先々週に播種したスプラウト栽培の観察から開始。
見事な発芽を見せているトレーもあれば、発芽皆無のトレーや、種子が十分に覆土されていなかったものも…。
「でも美味しそうよ!食べたいな〜。」
「来週まで置きましょうね」、とF先生。

写真◆Г發春夏野菜の準備が開始です。
ナス科や葉物の播種を行いました。
通常直播の葉物も、昨年大成功した「前倒し栽培」のために温室で育苗にチャレンジです。
(本日から1番温室の最低気温設定を、10℃から13℃に引き上げました。)

その後は収穫メインの圃場管理と、腐葉土調製に分かれて汗を流した野菜コースでした。

写真:草花コースさんが圃場で先ず取り組んだのは、バラの剪定。
新宿御苑のボランティアとして活躍する方がたくさんおられますので…
「K曽先輩!ここはどうするの?」
「いやいや、剪定にも個性と言うか方式がいろいろあるからねぇ。」

その後はバラへ寒肥を施し、花壇の管理も行いました。
そして、教室に戻って

写真ぁД曠奪灰蠅垢襪茲Δ塀佞隆鵑賛△┐鮑鄒修靴泙靴拭
「かわいい〜!」
記録写真を撮る方々をパチリ!
各班(4班)で可愛い寄せ植えを作りました。アレンジには各班の個性が…?
102教室の窓際に、可憐に飾られています。
(是非、ご鑑賞を!)

 
 
 
 

 

2017年02月02日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「奥目の八ちゃん…。」

朝からの強風が収まる頃から、本科の花実習が始まりました。
「おっ、シンボルツリーのナンキンハゼ。枝降ろし終わったんだねぇ」との指差し確認。
ありがとうございます。

写真 В組匹詫囘敖汗修らスタートしました。
「プラ舟からこぼさないで!」
「腐葉土の積み込みって大変だもんね。大事にしなきゃ!」
「U職員に睨まれちゃうぞっ!?」(おおっ?最近は厳しくなりましたか?)

写真◆В柁匹蓮∨榮のメイン実習「鉢バラの剪定&鉢替え」からスタート。
「皆さん、新宿御苑での剪定実習を経験済みですからね。頑張ってください」、とT先生は応援し(煽り?)ながら、各班をじっくり回ってアドバイス。
「これ切って良い?良いの?良い?」「行けー!」
「そんなに悩まなくっても…。」
「これ奥枝よね?奥枝の奥芽は切るのよね?」
「奥じゃなくて『内』でしょ?『内枝』。」
「内枝・内芽だよぅ。『奥目の八ちゃん』じゃないんだから。」
「・・・・・?」「・・?」
「え!?八ちゃん知らないの?奥目の八ちゃん!?」(私:M職員は知ってるので、吹いちゃいました。吉M新喜劇…。)

「枝先に気を付けてください!お顔を傷つけたらお嫁に行けなくなっちゃいますよ!」と言う私に、
「何回目の?」と突っ込むT先生。
皆さん大笑い。
「あ〜ら、責任取ってもらおうかしら〜?」「ひえ〜!!実習中だったらさ、T先生に貰ってもらわないと!」
「いやいや、それは…。」(でまた、大笑いしちゃいました。)

写真:想定していた時間より捗り、花壇や周辺の除草に取り組みました。
そして、さ・ら・に!

各班からの力持ちと緻密な技能者精鋭を集め、赤土と腐葉土の積層枠にも取り掛かりました。
赤土と腐葉土を1:1の割合(容積)で交互にサンドイッチ状に積み込みます。
用土調製の基になる土作りです。
「花殻摘みより温まる〜!」と、4層まで積み上げました。残りもう少し。
重要なのは「均し係り役」さん。□型の枠ではなく、コの字枠なので取り出し口の傾斜の付け方が難しいんです。
転がり落ちず&緩やか過ぎず〜で、お願いします。

 
 
 

 

2017年02月01日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

本格的に準備開始。


昨日は20℃に迫るポカポカ、ところが今日の最高気温は10℃そこそこ。それに加えて強風…。
体調管理が大変!?

今日は教養科目の火曜日でした。
各教室(各クラブ)では、2月11日(土)と12日(日)に開催される
「GAクラブ発表会」へ向けての準備が、本格化してきました。

15:00以降に圃場で準備に励んだのは、この方々

写真 Р敍刺瑤粒Г気鵑任后
先週末にM瀬先生の「お山」から切り出した華材を、本日M瀬先生が大きなトラックで運び込んでくださいました。
立派な竹に、ツバキにモクレン等々…。
さっさっさっと、手際よく分類して刃を入れてまとめ、温室内での開花調整を担っていたのはY山さん。
(過去最大量ではナイデショウカ…?)

写真◆Ц事な竹を、みんなで磨いております。
「華道部の皆さ〜ん」とお声掛けして、パチリ!
「ああっ、今ちょうど手を放してたから、サボってるみたいに撮られちゃった気がする…」とは、本科のMさん(?)。
(大丈夫ですよ〜!




農大出身の元力士、時天空関のご冥福をお祈りいたします。早過ぎます。)

 
 

 

2017年01月31日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.