エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

本科生1年間の「まとめ」。

圃場のアズマヒキガエルの「蛙合戦」は、本日一応の終息したようです。
プラ舟の中には、昨年以上の卵が…。

本日の午後の本科授業は、草花実習担当のT先生、野菜実習のY先生、そしてO出GA主任講師に加え、圃場担当の2名も参加させていただいて、1年間の「まとめ」を行いました。

写真 Ю茲困錬拈萓犬ら。
皆さんの質問に、細かく答えていただきました。
「今後は、もっともっと学んで楽しんでくださいね・」

写真◆В埓萓犬魯縫劵襪鯀っていますが、実はとってもお優しいんです(って書くと怒られそうですが〜?)。
実習資料を見ればお分かりですよね。
植物に対する基本的な向き合い方を、最後にもジックリとお話ししてくださいました。

写真:O出主任講師のお話と圃場担当からの戯言の後、本科の皆さんからのご意見・ご感想をいただきました。
(Bさんのお話の仕方って、なんであんなに柔らかくて優しいんでしょうね〜?憧れます。)

写真ぁШ埜紊烹咾気鵑指揮を執って、「今日の日はさようなら」をみんなで歌いました。
(こんなの初めて!ビックリ!)

皆さん、1年間お疲れ様でした。ありがとうございました!!

本年度の専科最終実習でした。

そぼ降る雨の木曜日でしたが、専科の皆さんは熱い実習に励まれました。
(草花コースさんは追えませんでした。申ぅすわげねぇ…。)

3番温室裏のプラ舟に、ヒキガエルの産卵の様子を観察する方が大勢いらっしゃいました。
「頑張れ〜。」「いっぱい産んでね〜!」

写真 朝一から圃場へ出撃の造園コースの皆さんは、資材置き場の片付けから始め、版築土塀の移設を!!
三脚(ミツアシ)とチェーンブロックを巧妙に作動させる先生方でした。
さて、どこへ移設されたのでしょう!?(ビックリですよ!)

写真◆Р娘コースは収穫からスタートしました。
「これが清美ちゃんだよ〜!」(K沢さん、無理振りでのポージング。ありがとうございます!)
千歳門圃場では清美、そして本圃場では湘南ゴールドの収穫が行われました。
「良〜い香り!」
2F鉢物への施肥や、寮前の柑橘類と雨除けハウス前のイヨカンへの剪定や枝降ろし等も行われました。
最後は教室内で、本日収穫したものの「試食」もありましたね!

写真:野菜コースはもちろん盛りだくさん!
F先生の天気予報により、午前と午後を入れ替えての実習でした(大当たり!)。
1番温室内でトマトの「ダンコン」後、千歳門圃場へ。
様々な葉菜類の定植や除草を行いました。
(F先生に許可を得た後、J森さんに声をかけられたS倉さんとF井さんは、何やらアイディアDIYを行っておられましたねぇ。)

写真ぁЫ盤に1番温室で、トマトの「断根挿し木栽培」の準備を。
「こんなに切っちゃっても大丈夫なのねぇ!?」
ナス類の鉢上げも行いました。

「蛙合戦」始まりました!と思ったら?

昨日に続き、冷たい雨の一日でした。
圃場の最高気温は、8.5℃でした。

ところが朝から「クルックルッ」と、圃場のあちこちでアノ鳴き声が…。

写真 Д▲坤泪劵ガエルの皆さんが、一気に冬眠から目覚めたようです。
なんでみんな一緒に目が覚めるんでしょうね?
気を付けないと踏んじゃいそうです。

写真◆彼らが目指すのは、3番温室裏のこの「プラ舟」。
毎年ここに産卵しています。
昨年は2月の中旬に急に気温の上がった時期があって、その時産んでしまったために、可愛そうな結果になった卵もありました。
この写真の時には、15匹くらいがドッタンバッタンと大騒ぎしていました。
ヘドロが貯まっていたので、この冬に大掃除をして待っていました。
(圃場の害虫の天敵さんです。「大事」です。)

写真:判り辛いですが、組んずほずれつの真っ最中。
ん?でもなんか変ですね〜。

写真ぁЫ海蠅△欧蕕譴童撞曚鬚靴望紊ってきた♂。
どうやら今日圃場を徘徊しているのは、♂ばかりのようです。
夕方までに、産卵は観られませんでした。

「Y先生、そして私たちの畑!ありがとうございました!」

本日は本科の最終実習でした。
Y先生の野菜実習で、本科野菜圃場の全てが収穫(&撤去)されました。

写真 Ю茲困亘百┘肇鵐優襪鮗茲蟒き、採れるものを全て収穫。
「あーん、ブロッコリーなんてこれからまだまだ花蕾が上がってきそうよ〜。」
「う〜ん、残念だけど、来年度のためにね。」

写真◆Я瓦討鮗穫後、マルチフィルムも外し、荒耕しを行いました。
「なんだかここは固いなぁ〜。」
「そこは畝じゃなくて、通路だったからじゃない?」
「そうか!いいとこ選んじゃったなぁ〜。」「頑張れー!」
(出席人数の少ない班には、先に作業を終えた班から援軍が続々!スバラシイ!U職員も頑張ってましたね。)

写真:「ちょっとちょっと!頑張ってる私を撮ってよ!」
(リクエストにお応えしてTさんをパチリ!こんなことしたら、ファンが増えちゃいますよ!?)

写真ぁЧ甲呂砲靴晋紂▲優灰屮札鵐船絅β从として石灰窒素を散布&混和しました。
本科生全員ゴム手袋とマスクを装着。
通常の農薬とは異なりますが、「農薬肥料」と呼ばれる石灰窒素です。対策は万全に。
(今夜のお酒は控えてくださいね。私:M職員は全く何ともありません…。)

写真ァА屬海譴破棆覆量邵攫遜は終了です。皆さん大事に野菜を育ててくださって、素晴らしかったです。
今後も楽しく作ってみてくださいね」、とY先生。
「Y先生、楽しかったです!」「ありがとうございました!」と、皆さん。
「楽しませてくれて、いっぱい美味しいものくれて、ありがとうございました!」と、圃場に深々と礼する本科の皆さんでした。
(「圃場を可愛がってくださって、ありがとうございました!」by圃場担当&小間使いAポン。)

専科の雨天実習は2コース。

2月最後の28日。朝から本降りで、「専科特論」後の午後に圃場実習に挑んだのは2コースでした。

写真 Р娘コースはブルーベリーの「鉢替え(用土更新)」からスタートしました。
用土の作製から鉢の準備、剪定まで。
雨除けハウス内は雨音が激しく、М誠先生の声でも聞き取りにくかったですね。

写真◆Ц緘召魯ラタチに様々なカンキツ類を継ぐ実習。
先輩のH本さんの手元に熱視線を注ぐI川さん。
「なるほどなるほど!」

写真:野菜コースは圃場で定植からのスタート。
温室内で育苗したセル苗を、雨除け施設や「大防虫トンネル」内に植え付けました。
「大防虫トンネル」では、天井に120cmのマルチフィルムを張って雨除けに使いました。
(W辺さんから、「この間の日本農業検定1級試験、受かったぜ!」とご報告が!!スッゴーイ!!)

写真ぁЬ貊蠅魃除けハウスに移して、鉢上げもドッサリ。
そして最後は、ウリ科等のセルトレイ播種を行いました。

雨にも負けぬ実習、お疲れ様でした。

ページの先頭へ