エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

謹賀新年。


全国100万人の「エバーグリーニズム」ファンの皆様、
明けまして おめでとうございます。

皆様におきましては、喜び多き笑顔いっぱいの1年になることを祈念いたします。

東京農業大学は、昨日の賀詞交歓会より2019年をスタートしました。

GA圃場担当は、来年度の「GA収穫祭」と「専科草花コース」のクリスマスに向けて、地道に下を向いて歩んでおります。

写真 Д劵泪薀筌好のマツボックリ(スギボックリ?)を集めています。
茶色いバラですね。

写真◆Шシーズンは裏年なのに加え、台風でメインに収集していた樹が倒れたため、昨シーズンの1/3も集まっていません。
(落葉に加えて…どうなることやら。)

GAの初実習は、9日(水)の本科の新宿御苑での「バラの剪定実習」ですね。
剪定バサミをお持ちの方は、必ずお持ちください。
厚手の手袋も大事です。

年貢上納!?。


皆様、素敵なクリスマスを過ごされたでしょうか。
明日からは一気に年末モードですね。
(う〜、年賀状が…。)

先日、圃場の小作農取締役(兼:小間使い?)の院生:Aポンさんから、小作料の年末上納(?)がありました!!

カブ(品種名:あやめ雪)と、「間引き忘れた〜」のミニダイコン(品種名:三太郎)でした。
カブは素晴らしい出来でした!!
(お見事! あ、でも孫作の学生には、この上納量よりもっと沢山あげたらしいです・・?
本日より彼女は、西表島へマングローブの調査に旅立ったようです。)

GA受講生の皆様、全国100万人の「エバーグリーニズム」ファンの皆様!
本年も大変お世話になりました。
来年も、ぜひ懲りずにアクセスをお願い申し上げます。

H30年最終実習は…調理実習?

本日も良い陽気でした。釜戸の前ではシャツの腕を捲るほどの。

GAのH30年最終実習は、本科の野菜実習でした。

写真 Ъ遜前の昼休み前半から、大勢の方が包丁を手に…?
Y先生ご提供のS肉と野菜によるS鍋と、豚汁を準備中です。
「うわー、釜戸で作るなんて最高ね!」

写真◆圃場では間引き収穫と、追肥がメインでした。
「ブロッコリーは抜かないでください!この品種は2月まで側花蕾が収穫出来ますからね!」、とY先生。
(1株抜いちゃったのは〜、A−X班…。)

写真:実習終盤、2つの釜戸でのお鍋が完成!!
「私は豚汁で!」「へ〜、僕は珍しいS鍋からお願いします。」
「お代わりもありますからねー!」

写真ぁァГい筺繊美味しかったですね。
野菜も、肉も、野菜の甘みも。ホンットに美味しかった!
(その要因は?…Y先生ご提供のお肉と野菜の滋味&Uさん、TさんとIさんによる味付け!さらに加えるならば、Y先生の指導下の私:M職員の火加減??)
「こりゃ美味しい!」「じっくり煮たから美味しいのかしら?」
「釜戸は旨いねぇ。」「温まる〜!」「Y先生、ご馳走様です!」

東京農大の冬休みは、12月26日から来年の1月6日までです。
GA圃場担当は全休というわけには行かず、下記の通り圃場職員が出勤しますので、圃場管理棟は開錠されます。

12月28日と31日、1月3日&6日。
開錠時間は9:00〜15:00とさせていただきます。

当番さんには、この日にご利用されるようお勧めします。

それでは皆様、素敵なクリスマス&良いお年を!

専科の年内最終実習。

いやぁ、どうしたんでしょう。木曜日だというのに(?)、ポカポカ陽気に恵まれました。

圃場では、専科の年内最終実習が行われました。

写真 造園コースさんは朝一番に登場。
各班の小庭園作庭に励みました。
どの班も、どんな庭園が出来上がるのか、段々と姿を現して来ています。
(本科生も楽しみにしています!)

写真◆Р娘コースの皆さんは、2F鉢物の一部鉢替えからスタートしました。
数年用土を替えていないものの抜き出しは、なかなか大変でした。

写真:後半はカキやキウイの樹皮を削り、周辺を清掃。
この時期樹皮の下には、かなりの害虫が潜り込んでいるとのこと。
「け〜ずり過ぎないでくださいよ〜」とM誠先生。

写真ぁЦ畫庵罎篭擬柴發妊ラフト製作を行い、午後に圃場出撃は草花コースさん。
正月向けの苔玉作りや、松竹梅を中心とした(ゴージャスな!?)寄せ植え作りに挑みました。

写真ァЦ畫庵罎虜能盤から圃場へ出たのは、野菜コースさん。
新たな畝立てや、「食の会」の薪準備、そして収穫は寂しかった(?)けれど、練馬ダイコンの糠漬けを行いました。
「ダイコンの量に対して、カキやミカンの皮が多くない?」
「う〜ん、さすがに多すぎるかも…。」
「美味しくなるんじゃないですか〜」とF先生はニコニコ。

写真ΑЦ畍紊蘯穫やザーサイの塩漬けの試食(また食べてる!)、そしてじっくりと管理作業を行いました。
GA収穫祭を彩った巨大リースは、お正月バージョンにお色直しされてました。
「皆さん、良いお年を!」
「お餅に気を付けよう〜!」(大笑い!)

切花畝の冬越し準備。


朝はかなり冷え込みましたが、本科の草花実習の頃はポカポカ陽気でしたね。

実習は最終盤に行われました。

写真 Г劼叛Γ横哀瓠璽肇襪寮擴崟Γ核椶法∨百┘肇鵐優襪鯏個イ靴泙靴拭
先ずは等間隔に支柱(商品名:ダンポール)を打ちました。
「そこはちょっと高いですね」と、監督役を買って出てくださったМ原さん。
「はーい。この位?」「OKです!」
「はい、次のはどう?」「うーん、ちょっと低いかな。」
監督役は大事です!高さを揃えるのは、強度の面で重要です。

写真◆Д咼法璽襪琶圓泙譴織優奪半のトンネル資材(商品名:ワリフ)を張りました。
「へ〜、こういうタイプもあるんですね。」「暑くなり過ぎない感じだね。」
「これって、ネットタイプでしょ?雪降ったら…滑り落ちそうにないなぁ。」
(仰る通り。ガッツリ積もっちゃうと潰れます。その時には「雪除け」をお願いいたします!)

写真:3本張って、裾は農業用ペグ(商品名:黒丸くん)でしっかり押さえました。
「ふ〜ん、資材によって色んな押さえ方をするんだね!」
「野菜で使ってる穴開きビニール(商品名:ユーラック)を『黒丸くん』で押さえたら、
きっと『ビリッ』て破れるよね。」(仰る通り!)

切花畝への防寒を施し、年内の本科草花実習は終了しました。
「T先生、良いお年を!」
「はーい、皆さんも良いお年をお迎えください!」

ページの先頭へ