エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

なんとかニンジンに…。

今にも降り出しそうな空模様でしたが、そこはY先生の本科野菜実習。
葉物野菜の収穫は順調で、雨は一滴も降らずに乗り切りました。

写真 ШFは何と言っても「間引き」がメイン?
筋蒔きした畝は3cm間隔に、そして9515マルチを展張した畝は1穴に3本に間引きを徹底しました。
「やっと出て来たここも間引くんですか?」
「おや、ここは発芽が遅かったようですねぇ。本葉が開いてからにしましょう。」
「はーい。」
「昼ご飯が消化されていないのに、この態勢はかなりキツイ…。」「だよねー。」

写真◆А孱拈萓検△海了弔靴織ャベツなんですが、まだ大きくなりますかねぇ?」
「大きくはならないかもしれませんが、これからもう少し締まってくれると思います。
そこまで我慢して置いてみましょう。」
「ナルホド、大きくはならない…。ってことは、このソフトボールくらいの大きさでお終いってことですか?」
「そうでしょうねぇ。」「・・・。」

写真:A−X班では、「他の班がニンジンなくなってから『ほ〜ら、いいだろ〜!』って収穫するはずだったんだけど、
う〜ん、我が班のニンジンは上手く行かなかったねぇ。」
「発芽は良かったんだけど、ネキリムシを見つけきれなかったのよね。」
「でも、なんとかニンジンになったね!」「OK!」

写真ぁЭ綛椋惑櫃里修慮紊侶于瓩鮴睫世靴覆ら
「この株は、わざと悪い環境に置いたものです。皆さんのは、これより順調に育っていますよね?」
「よーし、大丈夫だ!」「・・・・。」「ん、どうしたの?」
「先生の方が立派。一回枯れちゃって、U職員に新しい苗を頂いたんだけど、それもちょっと怪しいような。」
「U職員が、今日も欲しい人に苗を分けてくれるって言ってたよ。貰ってきなよ。」
「ホント?お願いしてくるわ!」
(水耕用レタス苗、全て旅立ちました。)

ゴージャスなリース!

実習時間帯のお陽様には恵まれた、専科実習の木曜日でした(木曜は「雨」と決まっていたのに〜?)。

本日は草花コースの実習を、ちょこっとご紹介。

種を播いたり、草花を植えたり、花殻を摘んだりしているだけが草花コースではありません。
生産物や身近なものを用いて、草花を楽しむのも重要なポイントです。

写真 大量の材料が、数日前から圃場のナンキンハゼの下にうず高く用意されていました。
これを用いて本日は、クリスマスリース作り!!
大量&多種の針葉樹の枝、マツボックリにスギボックリ(?)、様々な赤い実。ものすごい量です!
(噂では、O出先生がご自分の山からごっそごっそと集めて来たらしいです…。ご苦労様でした!)

写真◆Ч程を説明されているO出先生の手元に、熱視線が集中。
(あれ!U職員も熱心に…ヤル気?)

写真:各班で材料を選び、「いざっ」と挑戦。
実習台上の様子を見て、「え〜、出荷最盛期を迎えたクリスマスリースの生産現場では〜」って言ったら
「ちょっと、笑わせないでよっ!」「良いねぇ!TVニュースみたい。でももう働きたくないっ!」
って、突っ込まれちゃいました〜。

写真ぁШ鯒、「異形」の作品を作り上げたQさんですが、M橋さんからのアドバイスに、
「ナルホドそうですね〜。」「はい!その通りですね!」と答えつつ…今年も我が道を進まれてました
(周りは結構ニコニコ楽しんでるような〜。もしかして言われてるご本人も?)。

写真ァЦ畫亜Ω畍紊鯣颪笋靴憧粟した、超ゴージャスな作品(でも嫌らしくない)。
皆さんにお願いして、作品を掲げての集合写真を撮らせていただきました!
(本科野菜のトンネルが写りこんだのにはご容赦を。あと、やっぱりQさんの作品は・・・デカい。)
皆さんのリース、他のコースの注目を浴びていましたね!

「今日までかなぁ?」

陽射しは暖かかったですね。
本科の花実習は、ハヤる気持ちを抑えてジックリ行われました(項目は多岐に渡りましたね)。

写真 В組匹蓮▲▲優皀佑肇薀淵鵐ュラスの鉢上げから開始。
「播種日2月8日って、去年の本科の皆さんが播いたものなのね〜。」
「…あの〜、その上げたのは雑草です。」
「えっえ〜!?」「これは?これも?」
「それはアネモネです。」(お仕置き掲載はA−X班さん!)

その後に、来年度の実習で供用するクリスマスローズの定植を丁寧に(?)行いました。
「株分けした残りを頂いたよね〜。」

写真◆В柁匹粒Г気鵑蓮△そらく最後となる用土調製からスタートしました。
ビックリするほど早く終わってしまい、T先生も圃場担当職員も実習内容の変更に焦りました。
直後に切花畝の除草も行いました。

写真:B班は鉢上げ後、管理棟裏で日陰者だった二ホンサクラソウとギボウシのポット苗とプランターの管理を行い、1番温室横の苗置場へ移動しました。
「これって…?」「ぐふふ、そうよね、きっと株分け実習あるはずよ(ガッツポーズ!)。」
「二ホンサクラソウの!?」「ぐふふ。」「楽しみ〜!」(どうでしょう?)

写真ぁЪ遜後のお持ち帰り苗は、今日もドッサリでした。ポット数1,000以上!
ミニシクラメンをメインに、アリッサム、ポピーに宿根ネメシア(=私:M職員の超お薦め!)等々。
「切花畝は大丈夫そうだし、花壇苗は先週と今日でお持ち帰りに出たし…。ってことは…
凄〜く嬉しい花苗のお持ち帰りも、今日までかなぁ〜?」
(Sさんの洞察、鋭し…。 でも、どうでしょうね、T先生?)

「ハート形なんて、すっごーい!」


GA圃場のシンボル・ツリーと言われている(?)ナンキンハゼは、随分と色付いてきました。
と思ったら、見事なグラデーションを魅せる前に落葉が加速中…。

写真 北側から見た様子です。ちょっと左下の落葉が進んじゃいましたが、

「M職員さん、U職員さん!こんなにきれいなハート形になるように枝降ろししたんですね!スッゴーい!」
とお褒めの言葉を頂きました。
(まぁ、そういうことにしておいてくださいませ。)

草花コースの皆さんとH工先生に指摘されるまで、実は全く気が付かなかった両名でありました…。

写真◆本科の「お持ち帰りコーナー」の残りから拾ったもので、寄せ植えをしてみました。
こちらもなかなか好評で、ありがとうございます。
(「あ〜、こうやれば可愛いじゃん。しまったー、ハボタン貰っとけばよかった〜」、との声も。
「残り物には福がある」&「後悔先に立たず」、でしょうか?)

もっと寒くなったら、暖まりましょうね!


冷え込んだ一日でありましたが、圃場担当は朝一のルーティン後に馬事公園前の「ケヤキ広場」へ出陣。
腐葉土調製のための落葉収集を、地道に頑張っております(世田谷区から依頼の収集造園屋さんと折り合いを付けながら…)。

写真 落葉集積所は、農大世田谷キャンパスのリサイクル(R)センターさんの協力もあり、かなりの量に達しました。
(このロープが切れたら、B−4班の野菜畝が〜!?)
厳冬期に、皆んなで踏み込んで「暖まりましょう」ね!
(そろそろ専科草花コースにも、頑張って頂きたいですね。)

写真◆В坑娃迷泙如△海凌量。
(但し…圃場担当職員が袋に詰める量と、Rセンター職員の量では1/2〜から1/3の差が。
Rセンターってお金持ちなんですねっ!?)

ページの先頭へ