エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

絡げ結びに、イボ結び…。

久し振りに圃場は晴れ渡りました!
気温はそれほど上がらず、絶好の実習日和でした。

本科野菜実習は、課題が多くちょっと終了時間をオーバーしちゃいました。
(とある事に、熱中してしまって…「イボ結び」。)

写真 Д肇泪販爐了拊貔瀉屬らスタートしました。
U職員の「見本園」を間借りして「小作農改め孫作農」の圃場小間使いのAポンが事前に見本を作ってくれていました。
「ほうほう、横支柱は絡げ結びで、斜めに打つ支柱には難関のイボ結びと…。」
「絡げも難関〜。」

写真◆Ю茲困禄鳥拊譴鬟轡奪リと垂直&1列に!
監督役を勝って出る方がいる班ほど、スムーズ&美しく並びました。(美しいものは強いんです。)

写真:「さーて、横支柱の結束だ!」「絡げてからげて〜。」
「あれ!どっちから絡げるんだっけ?上から?」(決め《締め》られれば、どちからでも大丈夫です。)

写真ぁА峩攜鬚ぁ廚鮗个瓩冒泙靴董◆屬海海髻慘綾掛けイボ結び』ですね。」(はい!)
「綾掛けをM職員が歌で教えてくれたよ〜。」「右下、右上〜、左下〜、くぐってお迎え左上〜っ、てさ。」
「八、五、八、五で、字余りじゃん!」(あ、ホントだ。)
「イボ結びまで辿り着けるかしら?」

その後、トマト類の脇芽の除去を行いました。
(今年はビックリの習得度でしたよ!
本支柱への誘引もしっかりと。トマトの花房が、常に通路側に来るように誘引してください。
支柱に当たるように誘引してしまうと、果実が傷ついたり落ちたりしちゃいます。)

写真ァГ修慮紊蓮各班が播種から育てたキュウリとズッキーニの定植を。
「立派になったねー!」
「定植に最適期の苗になりましたね」と、Y先生。(スゴイ計画性!)
先週と同様、巾広ニラとの抱き合わせで定植しました。
「この方法、家でもやろうと思ってね。先週、ニラの種買ったんだよ。」
「そうね。後からニラを挿し植えても良いのよね。」

写真ΑД┘瀬泪瓩稜甜錣盥圓い泙靴拭
播種後は潅水し、トウモロコシとインゲンマメの畝から防虫目的のネットを移設しました。

「あー、面白かったし勉強したっ!うちのトマトがジャングルになる理由が分かったわっ!」
「そうそう僕も!『脇芽』ってものが理由だったんだね!」

(誘引と脇芽除去は、週に一回ではとても追いつきません。小まめに実施しましょう。
来週は夏野菜最難関の、「キュウリネット設置」があります。「イボ結び」を完璧習得しておいてくださいね!)

身体で?

異常な寒さ、さらに午前中は雨に加えて雷が轟きました。
「やっぱり木曜日はな〜」と思ってたのですが、専科特論と昼食を終え、圃場へ出撃する頃には青空が!
(「専科特論」は、GA専科生が合同で受講する興味深い講義です。本日は「ランの七不思議」でした。
本科、生活健康科の受講生も、事務室に届け出ていただければ受講できます。
面白いトピックスがいっぱいです。)

本日は、追いつけないほどの課題に頑張る、専科野菜コースさんの実習をチョロッと。
実習項目は多岐に渡る野菜コースさんです。本日分もとてもお伝えできませんが少しでも…。

写真 Щ店んだボカシ肥を撹拌&乾燥中です。
「何とも言えん香りだな〜。」「我々は良い香り担当である!」
同時に天恵緑汁の2番搾りを実施。

写真◆土佐大ショウガの植付け中です。(久し振りに「今日のS倉さん」!)
(F先生が月曜日に、事前に芽分けしてくださいました。)

写真:春キャベツがスバラシイ出来です。過去最高!!
かぶりつきたい色に艶です。柔らかそうで、美味しそうで!
(品種名を失念しました。申し訳ありません。)

写真ぁЪ穫は本当に多品種でした。
キャベツ、レタス、ソラマメ、ターサイ、ジャガイモ(秋ジャガの採り忘れ?)、スナップエンドウにサヤエンドウに…書き切れません。
数々のウリ科、マメ科とナス科の定植や補植、播種もありました。

写真ァО乕弔鯡燭犬蕕譴神艮堡匹任靴腓Δ?
用土が足りず、私:M職員が2Fプランターコーナー用に準備していた用土で鉢増しを行いました。
(そんなニコニコじゃぁ済みませんよ〜。F先生もご了承済み。用土は「身体で返して」いただきますので…?)

初収穫の切花がありました!

5月9日も冷えました。
午前中は細かい雨が降り、気温以上に寒く感じました。

本科の草花実習の準備は、雨除けハウス内に行いました。

と…
本科の皆さんが教室から出動する頃には、雨は上がっちゃいました。

写真 本科初の雨除けハウス内スタート。
「今日の種子も細かいね〜!」
「あっ、そっちのは細長い。それは?」「マリーゴールドですって。」
種子の形状や、発芽する時の特性によってセルトレイのサイズや、覆土の方法などを変えることをジックリ学びました。

写真◆В埓萓犬漏独匹魏鵑辰董播種方法を説明&実演されていました。
「光にあたる方が発芽しやすいって…。」
「僕、何でも穴掘って埋めてたな〜。」

写真:続いて初の鉢上げ実習。
流れるように鉢上げが進むA−3班さん。
俗名「増し土法」と「挿し込み法」の両方を試行しました。
「プラグ苗の大きさや、根張りの状態で使い分けると良いみたいだね。」(スバラシイ!)

写真ぁЪ遜時間を少々オーバーしましたが、収穫も確実に。
本日はシノグロッサムも初収穫!
こちらでは、実習台に乗り切らず、下にもドッサリ。大きな花束でしたね!

(え〜、本日「昨日は実習があったのに、ブログ更新してなかったねぇ〜?」と多数ご意見を頂きました…。
「大人の事情」とご容赦くださいな。)

カラスに加えてネコまでも!!


急に冷え込みましたね。
「3月下旬から4月上旬の気候」とか。大急ぎで温室の窓を閉めました。
明日はさらに気温が下がるそうです。

GW明けに、悲しいことがありました。

「シジュウカラ誘導作戦」で、圃場管理棟の階段手摺で順調に子育てしていた巣箱が襲われました。
屋根板の傷み具合から観て、(嘴でつついた跡が無数に…)恐らく犯人はカラスと思われます。
屋根板を開け、可愛い九つの子をみんな持って行ってしまいました。
(写真を撮るのに、ネジをシッカリ締めていなかった私:M職員のせいです…。シジュウカラさん、ご免なさい。)

写真は、下に放り出されていた巣材です。上手に作ってたのに…。

その後、他の巣箱を襲うカラスが何度も見られます。多分味をしめた同一犯と思われます。
オマケに昨日は、ナンキンハゼの巣箱に登るネコが!!

ボコボコにされた屋根をふき替え、再度の営巣を願うばかりです。

「可愛い七つの子」だったのが!?

GWの中日、でしょうか?
後半は少しお天気が崩れるとか。定植した野菜苗たちにとって、恵みの雨になると良いですね。
降り過ぎは困ります。まだ野菜苗は「保育園児」くらいですので。

GW中も本科の当番の皆さんは、シッカリと潅水や切花の収穫を行っています。
4月29日には、剥がれていたマルチは、全て補修されていました!
(油断大敵ですよ。マルチフィルムの裾が少しでも見えていたら覆土、補強してください。)

写真 本科野菜圃場では、4月27日に播種したものが順調に発芽しています。
こちらはトウモロコシ。3本しっかりと出て来てくれました。

写真◆Д張襪覆轡ぅ鵐殴鵑發爐辰りと起き上っています。
ここも3本!ピカピカ!

トウモロコシは1本立てにします。インゲンと今後播種するエダマメは2本立て(2株育てます)ですので、発芽の観られないトウモロコシと、1芽しか上がっていないインゲンマメには、追播(追い播き)が必要です。
5月4日には圃場職員(U職員)がおりますので、お声掛けください。

「シジュウカラ誘導作戦」。本圃場は2カ所で子育て中です。
写真:圃場管理棟の巣を、親鳥が出て行ったのを確認して、またもストーキング。
羽毛が備わってきましたね。ピーピー、チーチーと鳴き声が聞こえます。
…ん?4月27日の時点では7羽だったのに、黄色いくちばしが9つ!!
4月27日の写真で殻だと思ってた白い卵が、孵ってたんですね!!
「七つの子」じゃなくて「九つの子」に。お父さん、お母さんは2〜6分に一回は餌を運んでいます。

写真ぁГ海舛蕕魯淵鵐ンハゼに掛けられた巣箱です。
こちらも親鳥は大忙し。
大きなアオムシを咥えているのが分かりますでしょうか?

ページの先頭へ