エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

「週刊朝日」記事掲載のお知らせ。

皆さま
本日6月9日(火)発売の「週刊朝日6月19日号」に、
大出監修の「ステイホーム園芸を楽しむ」記事が掲載されました。

グラビア(カラー)ページに3ページ分です。
写真も巻頭ページの1枚を除きすべてこちらが提供したものです。
専科草花コースの花壇もバッチリ掲載されています!

内容の確認がないまま掲載されてしまったため、肩書(昨年までの地域環境科学部准教授)に誤りがあります。申し訳ありません。
ぜひご覧ください。

グリーンアカデミー副校長 大出)

プランター順調です。


夏日、でした。
今日は陽射しも厳しかったです。

写真は、6月2日に園芸雑誌「やさい畑」さんの取材で播種した、野菜の寄せ植えプランターです。
順調に発芽が続いています。
のんびり屋さんの、葉ネギとホウレンソウの発芽も始まりました。

どうかこのままスクスクと育っていただきたい。

「覚えることいっぱい!」

午前と午後の2グループに分かれて、本科の野菜圃場管理がありました。

写真 本日の管理内容とそのポイントの説明を、Y先生から受けました。

写真◆Ш能蕕虜邏箸魯淵后▲圈璽泪鵑抜田好肇Εラシの支柱立てでした。
今日までは仮支柱で支えて来ましたが、3本立てのしっかりした本支柱に交換です。
「支柱の交差ポイントが、分枝しているところのすぐ上になるように。
それから支柱の先端が、畝巾内に納まるように注意してくださいね。」
「ふむふむ。」「ちょっと難しそう…。」

写真きァ班によって作業の順番は異なりました。
各班に教職員が1名付いて、他の班と「密」にならないよう、作業の順序をずらしました。
3本支柱立ての他に行ったのは〜、
間引き(エダマメ、インゲンマメ、トウモロコシ、モロヘイヤ)
誘引・脇芽切除(キュウリ、ナス、ピーマン、甘長トウガラシ、トマト)
紐支柱設置(インゲンマメ)
追肥(マメ類以外)、そして収穫!

「これが脇芽かなぁ〜?」
「キュウリの下から5節までは、花も実も子ヅルも取っちゃうんですって。」
「覚えることがいっぱいあるわねぇ!」(頑張ってください!)

可愛い収穫物も多少あり、楽しめましたでしょうか?
余裕のある班は、圃場の除草まで行って終了でした。お疲れ様でした。
これからは、熱中症対策もしっかりしていきましょう!

「元気だった?」

GA専科の圃場管理が始まりました。
「元気だった?」「ちゃんと自粛生活してた?」
「今度は僕、野菜コースなんだ。」「へぇ〜、意外だなぁ。」
校舎内は密にならない程度に(?)、一気に盛り上がってました。

写真´◆Р娘コースのメインはビワの収穫でした。
千歳門圃場の内側と外側から、M誠先生がお一人で全量袋掛けして下さった果実を収穫しました。
格別な味がするはずです。

写真きァ野菜コースも収穫がドッサリ。
キャベツ、タマネギ、ニンニク、ジャガイモにイチゴ!
ジャンボニンニクの大きさにビックリ。
管理も多岐に渡り、トマトの誘引やナスの支柱立て、ネギの落とし込み定植等々。

写真ΑЯ隹屮魁璽垢魯リスマスローズの播種の後、千歳通り沿いのハンギングバスケットを分解して、夏越しをさせようという苗のポット上げを行いました。

GA「仮スタート」?

本日からGA本科の「実習」、ではなく「圃場管理」がスタートしました。

皆さん初登校でした。全員登校ではなく午前と午後に分かれて、半分ずつの登校でした。
ガイダンスと圃場案内の後、圃場管理がスタートしました。

本日は草花の管理です。
項目はセルトレーからの「鉢上げ」、ハンギングプランターの片付けと切花収穫でした。

写真 А嵌上げなんて初めて。」
「こんなに細かいところに種をまいたんだ…。」「セルトレーって言うのね。」
当然初めての方が大多数ですので、T先生は各実習台を万遍なく回って教授されました。
午前・午後とも4班ずつでしたので、各実習台に圃場担当職員も張り付きました。

写真◆Ъ,縫魯鵐ングバスケットの片付けでした。
秋から春を彩った、昨年度の本科生の作品を分解してキレイに洗浄しました。
「ちょっと複雑な構造のハンギングバスケットですから、皆さんシッカリ組み立て方を覚えておいてくださいね〜。」

写真:切り花圃場に移って、各種ごとの収穫方法を伝授されました。

写真きキΑС独匹納穫を行いました。
「2、3週間前がすっごくキレイだったんですって!」
「残念ねぇ。」
「でもこれでも十分奇麗よ!うれしいわねぇ。」(良かったです!)
「花なんて持って帰ったら、ビックリされちゃうかも…。」

お疲れ様でした!(金曜日の「野菜管理」は、ちょっとハードかも知れません…。)

ページの先頭へ