エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

「食の会」!(何回目?)

夏の入道雲が現れる陽気から、実習終了後には夕立が。
気まぐれお天気の圃場でした。

専科実習の木曜日、本日は野菜コースをちょこっとご紹介。

写真 Щ店んだボカシ肥を、急速乾燥中です。
「今日は乾くよ〜。撹拌、撹拌!」
「仕込んでたバケツには蓋しといてよ!ハエがす〜ぐに卵産みに来るから!」
「は〜い!」

写真◆Д┘瀬泪瓩筌肇Ε皀蹈灰靴両豺隋崚鬚鯤┐してから採れ」と言いますが…
収穫より先に釜戸に火が入りました(大丈夫かなぁ?)。

写真:収穫は今日も多岐に渡りましたが、今日のメインはなんといってもジャガイモでしょう!
地上部はまだ青々としている、メイクィーンと男爵です。
マルチの効果があるとは言え、「6月1日に収穫ですか!?」とビックリする私:M職員に、
F先生は「来週でも良いんですけどね。今日はお日柄も良いし〜」と(!!)。

F先生が唱える「逆さ植えマルチ栽培」&本科野菜のY先生からヒントを得たという、1本立て育てのジャガイモ。
マルチを剥がしてみると〜!!
「すっご〜い!」
「芋掘りじゃなくて、芋拾いだ!」
しかも大玉ばかり!

写真ぁД献礇イモ収穫の跡畝には、即時金ゴマの定植が行われました。
「金ゴマって高いのよね〜。」
「そうそう。国産なんて手が出ないのよ!」
(お声をかける度にニッコリこちらを向いてくださるS倉さん!ありがとうございます。
きっとこの写真より、F先生の方が良い画を取っているハズ!)

写真ァШG度に入って、さて何回目の「食の会」でしょう?
滋味に溢れていました。
メイクィーンは湯から茹でちゃった反省を踏まえて、男爵イモは水からジックリ…。
美味しかったですね〜! ごちそう様でした!
(個人的には、「サラダにおけるパセリ配分の絶妙さ」に感激しました!!超美味でした!)

「くんくん。」「クンくんくん。」…の続き。

さて、各班「春のバラフェスタ」が開かれているバラ園に到着。
バラは姿かたちに加えて、その芳醇な香りを楽しむものです。

写真 品種による立花性が、アルファベットによって示されていることを確認。
「FとかSTとかの意味がやっと解ったよ!」

写真◆Г顔を埋めちゃって「くんくん。」 「これは『超』濃厚!」

写真:ワインの芳香を楽しむように「クンクン」。
「う〜ん、この香り、良いわ〜!」

写真ぁЩ或楊爾如屮ンくんくん」。
「あら、帽子が邪魔だわ〜。」
「あっ、これ好きな香り!」

写真ァЭ実膸門でガイドボランティアの皆さまに、「ありがとうございました!」&拍手で解散。
「是非、ガイドボランティアに応募してくださいね!」と、Y永さん。
「いや〜、皆さんの知識の奥深さには感銘を受けました。」
「私にはとてもとても…。」
「1年間の研修期間がありますから、心配しないで9月に応募してください!」
「う〜ん、自信全くはないんだけど…皆さんカッコイイよなぁ〜。」

今年は遅刻者「0」!!
さらに欠席者については、班長さんが全て把握してご報告してくださいました。
「遅れるので、チケットは自分で買います。気にしないでください」という方も!!
お蔭様で、正門前で2〜30分待つ必要がありませんでした。
(こんなに楽だった「シープドック」は、初めてでした。ありがとうございました!)

「くんくん。」「クンくんくん。」

本日の本科生は、「さつき展」と「春のバラフェスタ」が開催されている、神代植物公園で見学研修を行いました。
気温は高かったですが、陽射しはそれほどでもなくて助かりました。

写真 Г覆鵑塙覯擇法▲イドボランティアの方が各班にお一人ついていただきました。
「宜しくお願いしまーす!」

写真◆А屬気弔展」を先ず鑑賞する班。
「こちらは花の形を重視しているものです。」
「へ〜。じゃあ、あちらに並んでいるものは?」
「盆栽としての樹形が評価されたものです。」
「ほほ〜!」

GA圃場での草花対象だけではなく、様々な植物と相対しました。

写真:こちらは珍しい斑入り葉のケヤキ。
「うわ〜、こんなの初めて見た!」
「美しいものですねぇ〜!」

写真ぁА屬海両さな子が、今年生まれたマツボックリです。こちらが2年目。」
「ええっ?我々が拾ってるマツボックリって、3年も経ったものなんですか!?」
「はい。そうなんですよ〜。」 「知らなかったー!!」

写真ァДールドローズのエリアで、
「日本のノバラも、様々な品種改良に役立っているんですよ。」
「へぇ?」
「二ホンノバラのシュートの生育の速さは、貴重なんです。」
「ははぁ〜、確かに(ヤギの)百花が食べても次の週には伸びてるもんなぁ。」
(すごい観察力!!?)

…続く。

「このままのを、お願いしたいんですけど…。」


先週のことで申し訳ないのですが、OBのT井画伯兼小作農より、大量の球根と苗木が届けられました。

写真 У綺はワケギ。ものすごい量ですよ!
苗木は挿し芽などで増やされた食用菊です。
超有名品種の、「もってのほか」も!!

木曜日に、専科のF先生に実習分を確保していただいた後に〜
「お持ち帰りコーナー」に供出いたします。
T画伯は「皆さん、楽しんでねぇ〜」と。
(「もってのほか」は、挿し芽で増やされたそうです!是非皆さんもチャレンジを!)

区政85周年のガーデニングフェアは、大盛況だったそうです。
GA出展の小庭園にも、大勢の方が押し寄せたそうです。

写真◆Г海舛蕕魯凜Д謄薀鸛函福)出展の小庭園です。
お題は「おいしいお庭」。
花と野菜、さらには果樹が混在した、「美味しそ〜」なお庭です。
「へえっ!キンレンカッて食べられるんですか!」って、ビックリされたそうです。

写真:こちらは42期出展の、題して「緑の前庭」。ロックガーデンと称しても良いでしょうか。
写真では、魅力は伝わりませんねぇ。
「あのぉ、このままのをお願いしたいんですが。」
「はぁ?」
「この通りに、我が家に設置していただきたいんですが…。おいくら程でしょうか?」との「発注」まで!?
「あ、いえ。私たちは受講生と言うか…。業者さんじゃないので〜。」(かなり焦ったらしいですね〜?)
E上先生によると、先生より遥か年長の本職の造庭師さん達が、「あのGAさんの庭は凄いね!」って仰っていたとか…
これって、物凄い評価ってことですよね!?
(ブラボ〜!!)

6月4日正午までは展示されております。是非ご鑑賞を!!

これが、「Y先生MAGIC」!!


いやー、午前中は降りましたねぇ。まさに「本降り」の勢いでした。
天気予報では16:00まで雨とか…。
お顔を会わせる本科生の皆さん、「今日は実習はムリだよねぇ」と。
「いえいえ、Y先生マジックがありますから、分かりませんよ〜。」
(と言いつつ、圃場担当職員もそう思っておりました。)

と・こ・ろ・が〜!? アンビリーバブル!

「雨バージョン」の講義を準備されたY先生がGAに到着した後、正午頃に雨が、止みました。
そして、空も明るく!?
これぞ、Y先生マジックです!
(信じられな〜い!?今日はサスガにU職員と二人で、「これって、どうなってるの?」状態に…。)

写真 А屮團ピカのキュウリよ〜!」(良いお顔をありがとうございます!)

実習は、キュウリの誘引と子ヅルの管理からスタートしました。
子ヅルが伸び過ぎて、主枝と見分けがつかない班が…ちら・ほら?
立派なキュウリの初収穫でした。その場で齧りつく方続出!
「うわっ、うんめっ!!」「ピチピチの美味しさだわ!」
「少々小さめでも、今日は6節までのものは採ってください。5節以上の子ヅルは2葉の先で摘芯を」、とY先生。

写真◆Д肇泪函▲淵后甘長トウガラシにピーマンへと管理が進みます。
「ナスは1番花の下、2つの脇芽を残して以下は『切除』!」
(「うわ〜、花下の全部取っちゃった〜」の班は、ひと班だけ…。)

写真:「甘長とピーマンは、1番花の下の脇芽は全部取る、と。」(その通りです。)
「へぇ〜、1番花の上から、2本か3本に自然に分かれるのね!」「自然になるんだね。」
「大体は3本に分かれてくれてるみたいよ。」(スバラシイ観察眼!!)
モロヘイヤを2株に間引いて、圃場実習は終了。

終盤は教室に戻って、結束「裏あや掛けイボ結び」の練習を行いました。
熱気ムンムンで、圃場実習より汗ダクになりました…。
(本日お配りした練習用のロープは、来年2月21日に使用します。
時々練習しつつ、無くさないようロッカーで保管をお願いします。)

エダマメやキュウリに、ジワジワと害虫が迫って来てますねぇ。
頑張って駆除しましょう。

ページの先頭へ