エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

今日も激変の花壇!

厳しい暑さが続いています。
昨日よりは「マシ」でしたが、ヤッパリ身体には堪えますね。
専科の各コースはなんとか暑さを凌ごうと、実習時間を入れ替えたりして臨みました。

写真 Р娘コースさんは、一番に圃場へ出動しました。
各種カンキツ類の生育状況を観察し、薬撒も行いました。
写真は温州ミカン「日南の姫」の観察中。
実を割って「果房がいくつありますか〜?」と、H先生。
「8つくらいかなぁ?」
「12個あります!」「お〜、それは素晴らしい!良い実が出来そうですねぇ!」

写真◆野菜コースは午後からスタート。
新畝作りに、本圃場から大量の腐葉土を運んで埋め込みました。

写真:ニンジンの発芽は、残念な状況…。
潅水不足に加えて、ヨトウムシの影響もあるようです。
「追い播きって言うより、こりゃ播き直しだ〜!」

写真ぁЦ畫亜Ω畍紊函∨榮凄かったのは草花コースの皆さん。
先ずは花壇の植物の状態観察を行い、どう手入れをするか思案しました。
「緑色になってしまったアナベルを切っちゃいます?
そ〜したら、どんな花壇になってしまうと思います?」
H工先生から、この状態からの改良方法をジックリ学んで…

写真ァА巍爐ところは、梳く!」「風を通したいところには、道を空ける!」「GA収穫祭の時にも映えるように!」
大改造が行われました。

「激変」しました…。
(清々しいと言うか、涼し気と言うか、どう言ったらいいのかわかりませんが、
「暑苦しくなく、スッキリ」…?
「必見」です。)

「陽向の温度は…?」


今年の最高の「体感気温」ではなかったでしょうか?
圃場の最高気温は33℃(もちろん日陰計測)でしたが…。

本科花実習はジックリ目の講義の後、圃場へ臨みました。

写真 В柁匹魯魯椒織鵑函以前に挿し木&挿し芽をした苗の鉢上げから開始。
「ハボタンなんて、冬の彩なのにね。こんな時期から準備するなんてビックリよ!」
「知らなかったよね〜。」

「実習台上の寒冷紗!ありがとう!」
「いいねぇ〜!陽射しを半分しか遮ってないそうですけど、もっといっぱい涼しさを感じますよ!」
(ありがとうございます!
実習台下の写真は、しばらくはドット柄《東京オリンピックに合わせて市松模様》が重なります。ご容赦下さい。)

写真◆В組匹詫囘敖汗修らスタート。
(管理棟前のホワイトボードへの書き込みを間違えました…申し訳ありませんでした。)
「今日これはキツイ!」
「でも、今日やっとかないと、もっとキツイかもよ?」
「そうだねぇ。」「花作りって、とっても大変なものだねぇ?」
「だから食べられなくても、キレイに咲くと嬉しいのかもよ?」(確かに…。)

写真:A&B班が合流して、切花ネットの調整や除草、そしてコスモスの補植をジックリ行いました。
切花収穫も品種数が増えてきました!
「GA収穫祭用の準備も、そろそろ進めないとね!」
(宜しくお願いします!)

実習終了後の15時…管理棟前に設置した簡易温度計が陽向で示した気温は〜
40℃でした。

半分だけです。


九州・中国地方の豪雨には、ビックリしました。
これ以上に被害が広がらないことを、お祈りいたします。

本日も灼熱の圃場でした…。
最高気温は、32.5℃(あれ?思ったより低い…まぁ、日陰での測定ですから、体感は〜?)。

写真:実習台上に寒冷紗を展張しました。遮光率は50%(つまりは、半分だけです)。
先週中に行うつもりでしたが、台風3号の接近で見送っていました。
(台風接近の度に、降ろさなくてはならないのです…。今年は台風が来ませんように〜!)
昨年と比べて、作業時間が大幅に短くなりました。(U職員、腕を上げましたねぇ〜?)

午後は全実習台を覆うのですが、ご覧の通り午前中のA−1班さんは、陽向に置き去り…。
午前実習の場合は、全班に実習台を1つ西へと移動していただきます。

「ナマでこんなに美味いの!?」…の続き。

写真 野菜の出来に、Y先生も思わずパチリ!

写真◆Г修靴橡榮のメイン実習〜!? トウモロコシを収穫!!
「立派〜!」
コチラも昨年と比べて一回り大きいものが採れました!
「どうだい!?」
「ちゃーんと立てたまんまで家まで運ぶぞ〜!」

写真:Yさんが堪らずナマに齧りつき!
トウモロコシのヒゲと、ご自分の立派なお髭が絡まって〜? 周りの皆さん大笑い。
「うわっ、ナマでもこんなに美味しいんですねぇ!」
「ビックリだよね?」
B−2班では、ほとんど全員がナマ味(?)を楽しんでましたね。

写真ぁУ重なものなのに、職員にまでお裾分けをありがとうございました。
実習の後片付け後に、U職員が「レンチン」。
堪能させていただきました!

「ナマでこんなに美味いの!?」

七夕は如何でしたか?

灼熱の日中、本科の野菜実習が行われました。

写真 Ы冬野菜向け育苗用土の蒸気消毒を、まず観察しました。
「蒸気は110℃!」
「はい。用土が80℃以上に達してから、1時間ほどキープします」と、U職員が説明してました。

写真◆Ъ穫開始。
過去最高の出来の大長ナスを作出したのは、B−3班さん。
B−3&4班さんのナス畝には、実験的に「百花堆肥」が投入されています
見たことも無い見事さ。GA史上最高の品です。
Y先生も「これは見事ですねぇ」、と絶賛。
「百花さん、ありがとう〜!」

写真:実はこの日の収穫以上のものが、水曜日に収穫されていました。
それがコチラです。
実測40cm。 3本セットの品評会に出品したら、入賞間違いなしのものでした。

写真ぁР凸邵攫穫は、ホントに素晴らしい出来です。
「過去の本科生に、また怒られそうですねぇ」、とY先生。

…続く。

ページの先頭へ