エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

「こけら落とし」実習?

朝から実習時間の終了まで、冷たい雨の水曜日でした。
本科の草花実習は、こけら落としで二日前に復活したばかりの雨除けハウスで行われました。
(思えば台風に吹き飛ばされて以来、雨除けハウスが必要な実習は一度もありませんでしたねぇ!
講師の先生方が、お気遣いくださったのでしょうね。)

写真 本日の本科は、鉢物のバラの剪定と鉢上げにチャレンジ。
「これは芽?」 「そうだよ。」 「じゃあここまで切り戻すの?」
「ちゃうがな〜、Tせんセ仰ってたやん?これは中向いてる内芽やんか。なるべく探して外芽んとこまで切り戻さなアカンねん。」
(おおっ、Bさんカッコいい!)

写真◆а鯆蠅慮紊枠替え(用土更新)を。
「この根っこ、元気なさそう〜。」(自動潅水の限界を、ヒシヒシと感じるこの実習です。
やはり人手に勝る潅水は無いのですが…。
ナイス笑顔のA−2班さん!ありがとうございます!!
Sさんは剪定に自信満々!?お見事でした。お好きなんですね〜?)

プロは、さすがに凄い。


昨夏の台風であられもない姿になっていた「雨除けハウス(雨天実習場)」が、復活しました!!
GAではプロの職人さんによる、初めてのビニール展張でした。
(やっとこさ西日本豪雨災害の復旧を終えて、帰ってらしたそうです。)

本科野菜実習担当のY先生と、専科野菜ご担当のF先生からも「ぜひ農ビではなく、農ポリをお試しを!」、と言うことで大枚を叩きました!!

私:M職員の着任以来、初めて職人さんにお願いしましたが、さすがにプロは凄い。
時間も仕上げも、次元が違いますね。
(職人さんって、なんであんなに笑顔が素敵で、カッコ良いんでしょね?)

ガーデンセンター見学研修。

2月1日(金)、本科の皆さんは見学研修で、Sカタのタネのガーデンセンター横浜にお邪魔しました。
A班は午前中、B班の皆さんは午後と2グループに分かれてじっくり行われました。

写真 Ш能蕕烹埓萓犬ら見学研修の説明がありました。
「いつもの教室と違って、なんだかウキウキ!」

写真◆続いて販売部のA井さんから、通信販売部の歴史やお得な利用方法について教わりました。
(日本最初の通信販売がトウモロコシの種子だったとは!!ビックリです。
郵送されて来る種の封筒の一部に、切れ込みのある理由も初めて知りました。)

写真:Sカタ・グリーンアドバイザーのK杉さんには、クリスマスローズの特徴や栽培方法を中心に、(色々小ネタを挟みながら)草花の楽しみ方を講義していただきました。
「クリスマスローズの苗を買う時、この葉っぱがいっぱい付いてるのを買いますか?
それとも大きな葉っぱが1枚しか伸びてない方を買いますか?」
(挙手は半々でしたねぇ、う〜ん…。)

写真ぁ銑ΑЦ緘召蓮■某さんにガーデンセンター内を案内していただきました。
「キャー!なにここ!!ワンダーランドじゃないの!」
「ねぇ〜、何時間でもいられるわ!」
「欲しい物ばっかりで、どうしましょう!?」

確かに園芸好きにとって「堪らない」館です。
Sカタスタッフの皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。

「写真撮ってよ〜!」


朝からいつ降りだしてもおかしくない空模様でしたが、専科の実習時間だけは薄日が射し込みました。
(なんでだろう?)

本日、私:М職員は異常にバタバタしておりまして、実習の途中までカメラを持ち忘れておりました。
申し訳ありません。

先週からの課題を続けた、草花コースさんをチョロッと。

写真 Ю莉気ら引き続き、アオツヅラフジやアケビを用いて籠編みに挑みました。
「どうやろ?こっちだけ見たら完成しとるみたいやけど、半分はまだまだやねん」、とニコニコのМ川さん。
(М川さんの笑顔ファン、超多数おりますよね。)

写真◆Ъ遜終了後も編み方のアドバイスを熱心に求めるI月さん。
応えるO出先生も真剣でした。

写真:М川さんのお写真をいただいた時に、
「ねぇ、Мさん。15:00に撮りに来てよ。絶対完成させてるから!」と宣言したのはY垣さん。
この写真を撮るまで「Мさんまだ来ないのかよ〜!」とお待ちだったそうで?
(ご協力ありがとうございます。)
キレイに編み込んだS嬌さんと、作品を手にツーショットで「パチリ!」。
周りから「撮ってもらって良かったね〜」と、笑い声が飛んでいました。
「М職員のこと、ず〜っと待ってたのよ〜!」(お待たせしました。)

腐葉土調製、いよいよ開始!

今朝は小田急線のダイヤが乱れ、大変だったようですね。

通常と異なり、本日水曜日は本科の野菜実習が行われました。
(金曜日は草花実習となり、横浜のサカ〇ガーデンセンターへの見学研修になります。)

写真 圃場では、間引き収穫を続行。潅水もしっかり、花壇と切り花畝にも。
「今日もたっくさんよ!頂きま〜す。」
カメラを向いて、ナイスポーズのB―1班さん!(ありがとうございます!)

写真◆В繊檻家匹気鵑癲△なりの収穫。
Kさん、収穫物の提示をありがとうございます。

写真〜ァГ気董∨榮から腐葉土調製が開始されました。
「へ〜、面白い、こんな風に詰め込むんだ!」
「いやいや、これはけっこう重労働だぞ!」
「汗かくまで頑張らないでって、Y先生が仰ってたわよ。」
「風邪ひいちゃ駄目だもんね。」
今年は落葉の収集量が少なく、枠内に余裕があるため踏み込みにそれほど厳しさを求められませんが、
例年はU職員の指導が「ビシバシ」と…?

「写真撮りま〜す!」と言う私:M職員に、「いや〜」と、何故か背を向けるSさん…?
A−4班さんは、全員で元気いっぱいポーズ。ありがとうございました!

腐葉土調製は、本科の皆さんと専科野菜コースの皆さんが主戦力です。
(他コースをイジメないでくださいね〜。)

ページの先頭へ