エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

「青の絶景。」


先月の生活健康科の、見学研修の様子をお届けします。
写真&文章はO出主任講師から頂きました!
(先週頂いていたのですが、遅くなって申し訳ありません…。)


4月24日月曜日、
この日は、生活健康科の皆さんの見学研修でした。
行き先は、茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」と「那珂湊おさかな市場」。
昨年の同科見学会が海のない栃木県だったので、今年は海の近くになりました。

ひたち海浜公園と言ったらネモフィラの丘、と言うくらい、
この公園のネモフィラはとっても有名。
ニュースで見た人も多く「すっごく楽しみにしてたのぉ!」が朝の挨拶でしたが…。

写真
見てください、この風景!
「テレビとは全然違うわ〜!身体の中まで青く染まりそう!!!」
「はぁ〜、ネモフィラが天まで続くようだ。」
ネモフィラの青が空に溶け込んで、天と地の境がわからなくなりそうです。

そうそう、この標高58mのネモフィラの丘は、
なんと、ひたちなか市最高峰(?)。
丘の上からは太平洋の水平線が臨めます。

写真
ひたち海浜公園の見どころはネモフィラだけではありません!
チューリップも見ごろを迎えています。

写真
公園で目と心を満たした後は、那珂湊おさかな市場で遅めのランチ。
おなかも満たされました!

春夏作の最難関!?


熱かったですねぇ〜。
本科野菜の実習は、今日を乗り切れば、暫くは管理に専念できます。

午後に入って少〜し陰ってくれてたのですが、本科の皆さんが出動すると厳しい陽射しが戻って来ちゃいました。
(大変申し訳ありません。私:M職員、圃場を飛び回り過ぎて写真が2枚しかありません…。)

写真 Д肇Ε皀蹈灰靴肇ぅ鵐殴鵝▲┘瀬泪瓩肇ュウリなどを通して被覆していた防虫ネットを撤収。
空気はカラカラで、振るっただけでネットは綺麗になったので洗浄の手間が省けました。
「おおっ!大きくなってるねー!」
「このトウモロコシだけ小っちゃいんだけど?」
「ああ、そこはGW中の当番の時にU職員に種を頂いて追播したところ。」
「うわぁ、ありがとう!」

写真◆本科春夏作で「最難関」と言われるキュウリネットの展張です。
Y先生、U職員と私:M職員も各班を回りました。
ちょっと通す場所を間違えると、大変なことに!
ネットの目をキレイに完璧なひし形を作れれば、5〜60圓傍擇屮ュウリの植物体を支えられるハズです。
「今年の皆さんは凄いねぇ。かなり綺麗な張り方ばかりですよ!」、とY先生。
その後はモロヘイヤの定植、ナス・ピーマンと甘長トウガラシに本支柱を設置。
トマト類の、脇芽除去と誘引も頑張りました。
(脇芽と主枝を間違えてしまった班は、ひと班のひと株だけでした…。)

東京で初めて!?

圃場の最高気温は27℃(もちろん日陰)でした。
恐ろしく暑く&熱い専科実習でした。

写真 Ш鯒度の小庭園の「壊し」とともに、造園圃場全体の改造に取り組みました。
現在通路になっている所は圃場とし、新たに管理棟までの通路を敷設しようという取り組みです。
(安全面から、私:M職員の長年の夢でありました!ドリーム・カムズ・トゥルーです!)

写真◆Г海硫革を行うことが出来たのは、ボランティア出動を含め本日揃い踏みの造園コースの4先生方のお蔭です。
バックホー(ユンボ)にユニック車、さらに様々な機器を持ち込んで下さいました!
「機械の力はやはり凄いねぇ〜。」
「ユンボ1台GAで買わない?」(喉から手が出そうです…。)
「いやいや機械の力だけじゃないわ。先生方の動きったら!?」
「いえいえ、我々は普段はこんなに頑張んないよ〜。この勢いは、皆さんがいてこそですよ!乗りですよ、ノリ!
それに、数の力だって凄いんですよ!」

写真:野菜コースは午後からジックリ&ハードに。
ボカシ肥を仕込み、大苗に育てたトマト等の苗を定植し、金ゴマの間引きにエダマメの播種。
それからそれから…、とても書き切れません。

写真ぁР娘コースはモモの袋掛けからスタートしました。
ブドウの剪定(ツル切り?)を行い、最後は本日導入されたライチの鉢増しを行いました。
「M職員さん、これは写真撮ってブログに載せんといかんよ。
東京でライチを育てるのはGAが初めてかも知れんよ〜」、とH多先生。
えっ!そんな歴史的なことがココで!?(えっ、冬場は温室!?)
ではでは、パチリ!(本日爆笑の、「身体で返す」発言は内緒にしときますね。K原さん!)

写真ァ朝一で圃場へ、陽が強くなって教室で講義。午後は陰ってきた14:00前から再び圃場へ。
実習時間の選択がナイス!だったのは草花コースさん。
本日はH工先生が担当。花数が急増する花壇に、もう秋を見据えて!改良を加えました。
元肥にバーク主体の堆肥、牛糞主体の堆肥に加え「ももか堆肥」も導入されました!
(本科野菜に加えて、2例目の採用です。地道に作って良かった〜、嬉しい!)
腐葉土枠の改修も行いました。

17:40。H工先生はまだ花壇で記録を撮り、手入れを行われていました。
その時の夕陽に照らされた花壇の美しかったこと!!キラッキラッのフワッフワッですよ(語彙不足…)。
皆さんにも是非、夕陽の時間に鑑賞されることをお薦めします。

「去年の本科さんって、スゴかったのかしら…?」

相変わらず準備に悩まされる、本科花実習の水曜日でした…。
「え〜い!晴れちゃったら、皆さんに外の実習台に運んでもらおう!」っと、雨除けハウス内に実習の準備を行いました。

担当のT先生と打合せを兼ねての昼食を終えると〜!雨は上がりました。

写真 本科は雨除けハウス内に集合後、A組とB組に分かれて課題に取り組みました。
A組さんは、ルピナスのプランターや寄せ植えもの、そしてハンギングバスケットの解体からスタートしました。
「このハンギングバスケット、面白いねぇ!」
「T先生が、構造をじっくり観察して組み立てられるようにしておいてくださいって…。」
「解体して〜、洗浄して〜、組み立てたから完璧!」
「かなぁ〜?」

写真◆В汰箸粒Г気鵑蓮▲劵泪錺蠅稜甜錣らスタート。
「おおっ、大きい種で嬉しいなぁ!」
「しっかり播種穴を開けてくださいね」と、T先生は各班の実習台を回っていました。
その後は、鉢上げを敢行。
自分達が播種したジニア、アスター、センニチコウ、マリーゴールドやビンカ(ニチニチソウ)に加え、昨年度の本科生が残してくれたクリスマスローズも鉢上げしました。
「増し土法と差し込み法…。植物によって使い分けるって言うけど…。」
「先生に聞いてみよう!」

写真:プランター等を片付けたA組が、雨除けハウスでヒマワリの播種を開始!
「え〜!こんな笑っててカメラ目線の写真、ブログに使われないんじゃなーい?」
(一生懸命鉢上げしてるところも撮らせていただきましたけど、この「笑顔」に軍配が上がっちゃいました〜。)

写真ぁ超々々〜、大量の切花収穫でありました!!
マジメに全量収穫したら、絶対バスに乗れないほどの…?
「先輩に感謝〜!」
「金曜日にも楽しみましょうね!」

その花束を、GA事務室にもお裾分け頂きました!
「皆さんニコニコ花束を抱えてらして、スッゴク嬉しそう!」と、M佳職員。
O出主任講師は、「今年の本科の切花の出来は、『凄く』ないですか!?
T先生のご指導が凄いのは分かるけど、昨年度の本科さんの作付と管理が、素晴らしかったのでしょうね」、との発言がありました!

今年も。


GWが終わってしまいました…(私:M職員のGWは、圃場出勤もあったので昨日が最終日でした。)

サクラと新緑の季節を越え、初夏の陽射しどころか夏日が続いています。

でも圃場は、まだまだ「春もの」も。

写真 Д▲坤泪劵ガエルのオタマジャクシが順調に育っている3番温室裏のプラ舟では、ハナショウブが盛りです。
例年より「背が伸びた」ような…?

写真◆Э年前にこのプラ舟に投げ入れたセリが、周辺に伸びて群生地に!
どなたでもお持ち帰りオッケーです!
今の時期のセリの「おひたし」、美味しいですよね〜。

写真:2番温室周辺とクロガキ、シブガキの樹下では、今年も大葉(シソ)の発芽が順調です。
本科野菜担当のY先生から教わった超美味しいシソ料理(秘密にしたい!!)、この夏も堪能できそうです。
(んっ!?新しそうなモクネジが2本落ちてますねぇ。イカンですねぇ。どなたでしょ?)

ページの先頭へ