エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

カブを移植!?。

午前中は晴れ間に恵まれ、午後にはちょうど良い曇天に恵まれた、専科実習の木曜日でした。

写真 本日はH工講師が担当の草花コースの皆さんは、午前中は花壇の観察に徹し、午後からスパート!?
昨日の強風で弄られたアナベルに支柱を施したり、奥では堆肥枠の改修に取り組んでいます。
除草もキッチリ行われたこの花壇…18:00過ぎの光景は・・・ウットリしちゃいました。

写真◆Р娘コースはアンズの収穫に始まり、2Fブルーベリー鉢の防鳥対策や鉢物の除草などを手掛けた後、

写真:午前は「ウメシロップ」、午後は「ジャム作り」と調理実習に励みました。
(お裾分けをありがとうございました!)
今年の「GA収穫祭」での振る舞い分も、有志の方により確保されたとか…?
(ありがとうございます。)

写真ぁА聞發そ蠅ら失礼します)造園コースもダッシュが早かったです。
凝りに凝った「通路」製作。
いよいよ佳境でしょうか?

…続く。

「mb…? フッ!」


夕方まで荒天の一日でした。

本科花の実習は取りやめ。 課題は講義への変更と、次週への繰り越しで対応です。
実習時間は恐ろしい雨でした。正しい選択だったと思います。

本科の皆さんが、受講後に果敢に野菜収穫を終えたころから、今度は強風が吹き荒れました。

残念ながら、本科野菜圃場のトマトの雨除け施設が2カ所飛ばされました…。
資材の回収に焦りました(お隣に飛んで行く前で良かった〜!)。

トウモロコシも、誘引前のものは悲しい姿になっております。

写真 満開に咲き誇っていた、専科草花コースのアジサイ:アナベルがあ!
なんともシドケナイお姿に…。
明日は花壇担当、H工先生の実習です。どうされるんでしょう?
(「シロクマのぬいぐるみ」をお持ち帰り〜とか?)

写真◆当然、ですけど
専科果樹コースの校舎2Fの鉢物も、凄いことになっております。
今起こしても、また倒れるとダメージがあるので明日まで手を出さずにガマンです。

「こりゃ、台風並みだな〜。この低気圧って何ミリバールなんだろう?」と私:M職員が言うと、
小間使い:Aポンに、「はぁ〜、mb?今hPaだし〜。フッ!」と、鼻で笑われてしまいました。
(数値は一緒なのにねっ!農協≒JAみたいな…。)

本日は「ミッチリ」なんですが、不安。


風に当たると清々しいとは言え、お陽様を背に受けるとかなり厳しい暑さでした。
今日の晴れ間は、貴重なものだそうですね。

実習の無い火曜日です。圃場担当はいろんな人を巻き込み、ミッチリ圃場管理に努めました。
昨日もお伝えしたヤマモモの枝降ろしですが、本日は結構進んじゃいました…
(伐り季じゃないので、不安です…)。

写真:枝降ろしするのも大変ですが、その処分はもっと大変です。
農大リサイクルセンターからは、「樹枝は30cm以下に!」と厳しく言われています。
枝降ろしの時の「受け子」役にも大活躍の、「小間使い」Aポンさんに加え、造園コースのS水さんも手伝ってくれました!
(「枝降ろし」に一番まともな格好をしているのは、Aポンさんですねぇ。)

処分がどんどん進んじゃって、さらに降ろそうと言うことになり、今度はU職員が登りました…。
「僕、子供の頃木登りして遊んだことないんですけど〜。」
(ファイト!)

おおっ、スッキリ!


いや〜、暑い月曜日でした。カラ梅雨です。
道場で体操する、生活健康科の皆さんも大変そうでした。

圃場では、通常の実習準備や後片付けに加え、圃場管理がキツイ季節になってきました…。

写真 В嫂Πは朝のルーティン後は一意専心、雨除けハウス西の笹などと格闘しておりました。
おおっ!スッキリして来ました!
ちょっと油断すると、よそ様の通路に張り出してご迷惑を掛けてしまいます。
(微妙な刈つけの高低差を、お楽しみください…?)

写真◆Щ筺В与Πも、地道にやっております。
「梯子掛かってるけど、いつ終わるのかねぇ〜?」と、批判を受けているヤマモモの枝降ろしですが…
本来は、「3月以外に伐ってはいけない」とされているヤマモモ。
その為に、樹に「お伺い」しながら、牛歩戦術で枝降ろししております。
専科造園コースのY先生に「カッコ良く伐ってよ〜」、とプレッシャーを受けております。
(本日は、結構進みましたよ〜!)

「栄養が良いと女性に?」

薄曇りは、実習時間に合わせたように流れて行きました。
ド・ピーカンの下、本科の野菜実習は行われました。
「Y先生効果、今週も強過ぎ〜。」

写真 Ю茲困魯肇Ε皀蹈灰掘先週しっかりと結束した(?)支柱への誘引からスタートしました。
「8の字誘引だよー。」
「2回ひねったら〜、16?」
「…多分、16字って呼ばないと思う。」

写真◆Ъ穫&管理がメインになってきました。
マメ類以外への追肥を行い、マルチもしっかり補修しました。
「きっとここら辺までは、根が伸びてるんじゃない?」
「そこへ〜、追肥をズドーンと!」

写真:ナスの3本仕立てが、いよいよ実践に。
「農家さんのやり方と、家庭菜園では若干の違いがあるんですが…」、と説明するY先生の手元に熱視線が!

写真ぁЪ禊咳浜棆畭燭覆里、トウモロコシの雄花に雌化するものが観られます。
「へっ、それって性転換しちゃったって言う感じ?」
「栄養が満ち足りていると、女性化するのか!?」
「そう言えば最近俺、胸が…。」
「普通に、食べ過ぎなんじゃない?」
「こういうものがあったら、切除してください。オスのままなら、切除の必要はありません」、とY先生。
ところが、脇芽の先端全切除を行ってしまった班が数班…。
「…まぁ、大丈夫ですよ」、とY先生。

いよいよ、アワノメイガとの闘いが始まります。

ページの先頭へ