東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

「クラブ発表会」が開催されました…その2。

写真 Г隣の教室では、朗々と吟詠部が発表中でした。
この時は、現役受講生とOB&OGが合吟していました。
(「お腹の底から声を出せと言いますが、実は声の元は腰と背中です」とのS玉先生の説明。
とっても解りやく、「ナルホド!」でした。)

写真◆Р敍刺瑤気鵑療玄┥譴任后
今年は妙を射られる展示でした。
訪れた方皆さんが「これはスゴイっ!!」と、ビックリされていました。
エントランスの、可愛いウェルカム装飾も好評でした。

写真:3F大ホールの短歌部さんの展示です。
「あの人がこんな作品を!?」の、ビックリ再発見だらけだったようです。
歌集「たんぽぽ」が40集となったそうです。
歴史ある(個性溢れる)歌集になりました。(皆さんに一読をお薦めします。)

写真ぁГ隣の茶道部さんのお茶席は、毎回超満員。
余席に加え、立ち見の方々も押し寄せていました。
(皆さん、ホントに格好良くて、その立ち居振る舞い《手の震え》に目が釘付けでした。)

写真ァФ愧任良饌耄△鮖っちゃいました。
主賓と副賓以外の方のおもてなしには、「陰点て」が行われました。
額に汗して、そりゃぁもう大車輪の大忙し。
「陰点て」役って、大変なんですねぇ。
「大変だけど、美味しいの点てるよ〜!」

え〜、水墨画の皆さん。大変申し訳ありません。
写真ファイルを移す作業で、私のミスにより画像を消してしまいました。(全く他意はゴザイマセン。)
皆様の力作は、来場者の皆さんの目に焼き付いていると…信じております。
(個人的にイチオシだった、作品名「ぴよ ぴよ ぴよ」も消えてしまいました。ガ〜ン!)


…「番外編」へ続く。

 
 
 
 
 

 

2017年02月12日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「クラブ発表会」が開催されました。

この二日間、朝晩は冷え込みましたが、日中は優しい陽射しで助かりました。

「GAクラブ発表会」は、たくさんのお客さんにお越しいただき、大成功裏に終了しました。
苦労有り、笑いありの楽しい二日間でした。

写真 В隠娃俺擬爾任漏┣萇瑤展示。
「裸婦像って…モデルさんをお招きしたんですか?」
「はい、お願いしました。」
「そうですかぁ〜。」
「もちろん芸術ですから、平常心で挑みましたよ。」
「う〜む、素晴らしい!」

写真↓:103教室では、作品の展示が壁面と中央のパネルにいっぱい!
一角では「席上揮毫」の実演がありました。
一人一文字、あるいは二文字を合作で仕上げました。お見事でした!
(私:M職員の声援のせいで「いつもより下手だったよ〜」、とO森さん。
え〜!? 失礼しました〜。)

写真ぁДラブではないのですが、この日が晴れの舞台の専科造園コースの圃場です。
創作庭園のお披露目の場です。
じっくりお庭を見ていただこうと、初の試みで釜戸を置いて甘酒を振る舞いました。
評判は超上々!
ジックリと観察して、質問される方がたくさんおられました。

写真ァВ横娃俺擬爾任蓮∩〆戮平∧画が展示されました。
「えっ、これFさんの作品!?」 「すっごーい!」
「ひとつ描くのにどのくらいかかるのかしら?」
「え〜っとですねぇ、枯れたら描けなくなっちゃいます…。」
「そうよねー。」

…続く。

 
 
 
 
 

 

2017年02月12日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「クラブ発表会」準備(現在進行中…)。


雪舞う1日でしたね。

明日2月11日(土)と翌12日(日)、GAでは「クラブ発表会」が開催されます。

火曜日に行われている、教養科目の発表の場であります。
茶道、短歌、華道、植物画、絵画、書道そして絵画の力作が展示&実演され、吟詠が響きます。
時間は10:00〜15:00です。 小ブログファンの皆様(?)、是非お越しください。

本日のGAでは、その準備が行われました。
その様子をチョコッと。

写真 О貳崑腓な103教室は、書道部さんが使用します。
机や椅子を移動し、展示用のパネルや暗幕を設置。
「は〜い、皆さん。中央のパネル3枚の角度を、それぞれ120度に調整してください」、とO田川先生。
「え〜、分度器ないよ〜。」
「タイルの数で測る?」
「頑張ってください」と、ニコニコ笑顔の先生でした。

写真◆В横娃俺擬爾凌∧画の準備にお邪魔すると、作品展示の真っ最中でした。
笑顔輝くF平さんにポーズをお願い(強要?)!
ありがとうございました。

写真:華道部は2F会議室がメイン会場です。
今回は、見事な太い青竹を花器に用いるようです。
「こらっ!M職員さん。『流しそうめん』なんて言うんじゃない!」(睨まれちゃいました。)

華道部さんは、1F吹抜けでも大作を展示。その準備のために投光器を準備しました。
現在19:30。準備はまだまだ続きそうです…。

 
 
 

 

2017年02月10日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

みぞれ後、雪舞う中で。

天気予報通りの、寒い寒い1日でした。
みぞれが昼過ぎから、雪に変わりました。

そんな中、専科の皆さんは、雪を解かす熱気で実習に励みました。

写真 Ы桔のクラブ発表会で小庭園お披露目となる造園コースの皆さん。
最後の追い込みに、圃場へ1番で登場でした。
「ひえ〜、雪降って来たねぇ!」
「大丈夫、大丈夫。」
「何が何でも仕上げるぞ〜!」
(片付けをしっかり終えてこその、「造園道」です。宜しくお願いします。)

写真◆Я隹屮魁璽垢癲午前中から実習開始でした。
(M田先生の二ホンサクラソウへの熱意に当てられました?)
株分け見本中の先生の手元に熱視線。
春の「食と農の博物館」での展示が楽しみですね!?

写真:草花コースは、腐葉土調製にも初参戦。 そして「とどめ」を刺しました。
今年度の調製は、本日で終了。 頑張った皆さん、お疲れ様でした。
(でも今度は、腐葉土の切り返しがありますよ〜。是非また「参戦」を。)

写真ぁА崘者」果樹コースさんをなんとか捕捉。
ウメの接木のために、台木を掘り上げているところです。
色々な穂木を採取した後、教室でジックリ接ぎ木を行いました。
(「接ぎ木テープ」、見つかりましたか? 苗木が配送される際には、事前のご通知を!)

早飯&早出で実習を開始したのは、野菜コースさん。
(圃場職員の昼飯時間が無くなるんですけど…)。

写真ァЮ茲困蓮屬△辰燭〜い!」と喜んだ温室内で、12cmポットに多粒播きしたレタスを、1株ずつ6cmポットへ移植。
「播くとき楽すると、鉢上げが大変!」 「セルに播くのと、どっちが良いんだろう?」

その後は二手に分かれ、千歳門圃場ではジャガイモの植付けや収穫などを。

写真Α本圃場に残ったグループは、雪降る中で蒸気消毒槽への赤土と腐葉土の積層を行いました!!
春夏野菜の、ウリ科やナス科の苗づくりに大切なものです。
「雪ですけど〜?」、と言う私:M職員と赤土の濡れ具合を観たF先生は、
「あっ、そんなに濡れてないね。これなら行ける。やりましょう!!」と開始しました。
しかもただ積層するだけではなく、その前に赤土も腐葉土も9mmのフルイに掛けてから!
お疲れ様でした。2月23日(木)に、蒸気消毒の予定です。

(簡易テントが役に立ちました。
フルイ掛け後に積層&消毒で、一番楽になるのは…私です〜。ありがとうございました!!)

 
 
 
 
 
 

 

2017年02月09日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「せっかくカッパ着て来たのに〜。」

昨日までの強風が収まり、陽射しが優しい圃場では本科の花実習が行われました。

写真 В繊檻魁4班以外は、播種と鉢上げからスタート。
ラナンキュラス、アネモネ、ペンタスやベゴニアなどが供用されました。
「サカタさんのガーデンセンターでこれの(?)見た?」
「えっ、何を?」
「八重咲きのラナンキュラスよ。豪華だったわよねぇ。」
「そんなのあったっけ〜?」
「なにそれ!」「ジャガイモに感動してたもんね。」
「ジャガイモいっぱいあったよねー。面白かったなぁ!」
(ナイス笑顔をありがとうございます!写真は上記「会話」とは別の班です…。
「会話」の班はB−・・・・止めときます。)

写真◆В繊檻魁4班は、こちらからスタート。
A−3班の男性陣は、赤土との積層枠へと腐葉土を運搬中。
奥ではA−4班が腐葉土調製に挑んでいます。
「いや〜、我々今日は腐葉土調製からだと思ってたから、カッパしっかり着て来ちゃったよ」、とA−3班さん。
(スイマセン、ハードな方で…。)

写真:用土の基礎になる赤土と腐葉土の積層は、なかなか大変です。
前回は力持ちの男性陣が頑張りましたが、赤土積み込みと積み上げならし作業をA−3女性陣が担当。
「よいしょっ!」
「スコップ一杯の量が少ないって!?」
「うりゃ〜!」

写真きァР崔鼎隆浜もじっくり行い、T先生から「特命」を受けた方は、キクなどのプランターの管理にも臨みました。
「キクのトージメ?」
「冬至芽、じゃないかなぁ。」

本科の花実習は次回3月8日までありません。皆さんでシッカリ管理をお願いします。

 
 
 
 
 

 

2017年02月08日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.