エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

花と緑の学びの場だより

2010.9.29

花の実習の後に、野菜畑の管理をしていく方が大勢いらっしゃいました。
今夏の終わりのこの頃は、例年になく害虫の動きが活発で、生徒さんたちの頭を悩ませています。

写真?:N職員に管理法を相談中。
「まーずは、こまめに虫を取ることです!!」

写真?:こちらではせっかく根付いた「チンゲンサイ」を食べてしまった「ネキリムシ(カブラヤガの幼虫)」を捜索中。
「憎ったらしいなぁ、もう!!」
「頑張ってください!これからは食うか食われるか?ですよ〜(M職員:筆者談)。」

花と緑の学びの場だより

2010.9.29

久しぶりの青空の下、本科の花の実習がありました。
「T先生の実習だから、てっきり雨かと思ってたよ」という声がちらほらありましたが…。

「ネメシアの管理」、「プリムラ類の鉢上げ」、「ダイアンサス、ユーストマ等の播種」に「ハンギングバスケットと花壇の管理」と、盛りだくさんの内容でした。

写真?:T先生の説明と実演をしっかり確認。
「ネメシアは対になってる葉を5枚ぐらい残して、摘芯です。」

写真?:いざ実践!
「えーっと、古い葉っぱは数えないんだっけ?」

花と緑の学びの場だより

2010.9.22

明日は祝日で専科の実習がないため、急きょ今日、専科の蔬菜の先生が来られ、「このままではどんどん猛暑の影響で作付けが遅れてしまう!!」と言うことで、圃場で作業を行いました。生徒さんの有志の方々も集まってくれました。

「施肥」、「耕耘」、「畝立て」から「マルチ張り」、そして「ダイコン・コカブの播種」に「ハクサイの定植」と、予報が伝える「明日からは秋」が信じられないほどの炎天下で頑張りました。

写真?:S先生の指導の下、ビニールマルチが張られていきます。
「マルチにストライプが入っているから、曲がってるとすぐばれるぞー!」。
「畑は美しく!!」がS先生のモットーです。

写真?:こちらは「ハクサイの定植」の様子。
「優しく〜、でもしっかりと。」

写真?:マルチに穴を開ける方、ダイコンを播く方、ハクサイの定植をする方と、役割分担しながら効率良く行われていました。お見事でした!!

花と緑の学びの場だより

2010.9.22

「彼岸花」

毎年この時期になると、ブドウ棚の下に、白い「彼岸花」がきれいに咲きます。

最近では名前から抱くイメージが良くないのか、「リコリス」と呼ばれることも多いようです。
「なんでもカタカナ名になっていくみたいで、ますます名前が覚えられません(M職員:筆者談)」。

「彼岸花」と聞くと、その独特の緋色を思い浮かべますが、「リコリス」は白、黄色やピンクなどカラーバリエーションも広がっているようです。

花と緑の学びの場だより

2010.9.15

本科の花実習の続き…。

写真?:「ヒマワリ」は「採種」を行う予定です。
T先生が採れそうな花房を選んでいます。
「なんか…、美味しそうな気がして来たよ。」

写真?:校舎のエントランスには、手入れされたプランターが並びました。
N職員が「花殻摘み」を伝授中のようです。

写真?:実習の終わりに、以前に「差し芽」で増やした花苗のお持ち帰りがありました。
「アジサイと、あと何にしよっかなー。」
「これ名前なんだっけ??」

ページの先頭へ