エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

花と緑の学びの場だより

2011.5.30

強風が吹き荒れています。

温帯低気圧の被害は皆無と言ってよい圃場でしたが、午後からの強風には参りました。
バラの鉢や2階の鉢物果樹はいくつも倒れ、ブロッコリーもヨレヨレで、キュウリの葉もかなり傷んだものがありました。
野菜のマルチも、所どころ剥がれてしまいました(明日は火曜日…きっと受講生の皆さんが直すことでしょう・・・)。
見本園のズッキーニなんか、ひっくり返っちゃってます(悲)。
そんな中!本科の受講生がお一人、「この風じゃぁ、野菜が心配で」と、管理に来られました(素晴らしい!!)。

写真:圃場のクヌギの大木です。大きく右に傾いでいるのが、おわかりでしょうか?
実は、この写真の中に憎〜い「ワカケホンセイインコ」が4羽も潜んでいます。
ひどく揺れてるのに、枝にしがみついて、脅かしても逃げようともしません。
(…まさか、「お泊り」する気じゃないだろうな…?。)

花と緑の学びの場だより

2011.5.27

台風接近…。

本日、私(M職員)は不在で実習のお手伝いが出来ず、内容をお伝えできません。
全国の「エバーグリーニズム」ファンの皆さん(?)、申し訳ありません。

さて、この時季に!台風が近づいて来ています。
おそらくは、途中で温帯低気圧に変わってくれるのでしょうが、圃場の花も野菜も(職員も)ビクビクしています。
…でも多分、ヤギの「百花(ももか)」は、な〜んにも気にしてません。

どうか、東北には進みませんように!!

花と緑の学びの場だより

2011.5.26

今日は、幾分かは涼しい圃場でした…の続き、その2。

草花コースの午前中は、MN先生による「ハンギングバスケット等鉢花栽培管理」の講義でした。
しっかり、圃場での実演も行われました。

写真?:スリット式の「ハンギングバスケット」の一つ目の植栽見本を前に、皆さん(私:M職員も)興味津々です。
「へぇ!材料にリーフレタスを!!」
「緑と紫のリーフレタスに、バーベナって合うのね〜!!」
「うーん、この色合い、僕は好きだなぁ。ビックリだよ。」

写真?:もう一つの「ハンギングバスケット」の材料は、「コリウス」と「ベゴニア」でした。
「皆さん、ベゴニアには雄花と雌花があるのをご存知ですか?」
「え〜?」
「良―く、見て下さい。ここで分かるんですよ。」
NM先生の説明に、皆さん目が真ん丸でした。

花と緑の学びの場だより

2011.5.26

今日は、幾分かは涼しい圃場でした…の続き、その1。

毎回のことながら、果樹コースも飛び回っていました。

写真?:校舎2階の「鉢物果樹」(全48鉢)を、班ごとに分けて管理をするということで、種類別に分け、鉢の大移動がありました。
「リンゴはそっちに集めましょう。班ごとに並べてもいいんだが、うーん、そうすると薬剤散布の時ややっこしくなってしまいますからねぇ」と、O先生。
「いやぁ、こりゃぁ重いぞー!」
「皆さん、腰に気をつけて、無理しちゃぁダメですよ。」
(実習後に、自動潅水の配管を任されたN職員は…疲れ切っていました。)

写真?:こちらは、「ビワの袋掛け」の様子です。
皆さんが新聞紙で作った「袋」を、大切に掛けていきました。
「いっぱいあるぞ〜。」

写真?:「モモ」にも袋が掛けられました。
「しっかり掛けて下さいよ。例年、次の日に袋がい〜っぱい落ちて、N職員さん達は拾うの大変なんですから。あぁ、それから摘果がまだまだ足りません。もっと実を選んで下さい。」

花と緑の学びの場だより

2011.5.26

今日は、幾分かは涼しい圃場でした。

お天気とは関係なく、熱気あふれる専科3コースの実習がありました。
ちなみに、造園コースは「清澄庭園」と「小石川植物園」へ見学研修に、そして、みどりの地域づくりコースは、「早野聖地公園」での実習にお出掛けでした。

写真?:野菜コースでは、「夏野菜の管理」に大忙しでした。
「キュウリの脇芽摘み」、「カボチャの誘引」、「防虫対策」…書き切れません。
そんな中、「カボチャ」や「キュウリ」の根元で育てた、「コマツナ」と「リーフレタス」の収穫がありました。
「コマツナだよ〜。美味しそうだよ!」

写真?:こちらではY子さんとA子さんが、相談しながら「キュウリの誘引」に頑張っていました。
「こっち向いて下さ〜い」と私(M職員)。
「はーい。『ちゃんとやってる風』に撮ってちょうだいね!」
「わざとらしいのは、ダメよ〜(笑)。」

写真?:「ナスとピーマンの支柱立て」も行われました。
「高さは合ってるかな?」
「真っ直ぐになってるかな?」
「そうだ!誰かひとり、ちょっと離れたところから見て、監督役やってよ。」

ページの先頭へ