エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

では、百花さんを。

2012.5.30

私(M職員)の体力不足のため、若干小ブログの更新の間が空いてしまいました(5日間ですが…)。
昨日、教養科目に来られた受講生に指摘されました。
「土日は良いけど、月曜日に覗いたら無くって、火曜日にも無くってさっ、つまんないっ!
そうそう、大変だったらさ、『今日の百花さん』っていう写真だけでもいいんじゃない?」

とっても楽しみにしていただいて、嬉しいです! 
ありがとうございます。 ガンバリますっ!
(「今日の百花さん」…、使えるかな? 「今日のN職員」では、いかがでしょう?)


本日の本科の花実習は、調布市の神代植物公園での見学研修でした。
引率のT先生に加え、グリーンアカデミーからは、圃場のN職員に代わって事務室のS職員が出向きました。
素晴らしい陽気の中、有意義な研修が行われたのではないでしょうか?


さて、残ったN職員と私、さらには応援に来てくれている農大相撲部の精鋭は、明日が期日の圃場の引っ越しに、今日も汗を流しました。


写真?:本科の皆さんの大量のバラ鉢は、新1番温室の東側と、2番温室の南に配置しました。
いつもしっかり管理しているN職員が、すぐに潅水チューブを設置していました。


写真?:旧2番温室の内部です。
これまでは、メインの温室として頑張ってくれました。
使えるものはすべて剥ぎ取られ…廃墟のようです。
やっぱり、寂しいですね。


写真?:苗や樹木や用具や資材の引っ越しだけではありません。
コイツがいました。 ヤギの百花さま。
日中はともかく、夜間はどこにいてもらおうかと悩んだ挙句、造園の石材置場の横に間借りすることにしました。
敷石は相撲部が設置してくれました。 百花好みのデコボコです…。
仮設の屋根で、なんとか雨をしのいでもらいます。
ウロウロと、落ち着きません(ゴメンね〜)。
今夜はメェメエエ〜と、御近所迷惑かも知れません…。

あっ、メダカさん達も引越ししなくちゃ。

キュウリの誘引は、2日に一回!?

2012.5.25

しばらくは好天が続くという、2日前の天気予報はどうしちゃったんでしょう?
今週も本科の野菜実習は、ジワジワの雨に悩まされました。

10時半頃から降り出した雨は、一時は本降りでした。
IF先生が圃場に来られた時には、降ったり止んだり…。
「実習は大丈夫だって。僕は晴れを連れて来るから!」(先週もお見事でしたが…。)

写真?:実習開始時には、けっこう降っていました。
その中で、トウモロコシの間引きと追肥、そして土寄せから開始しました。
先生のデモンストレーションを、しっかり見つめるA班の皆さんです。

しっかり全員で見ていた班は、土寄せの量が見事に適量でした。
(先走ってズンズンやってしまった班は…次の土寄せの土をどこから持ってくるんでしょうかねぇ?と言う状況に…。)
IF先生がいつも仰っています。
「早いのが良いことじゃないですよ。しっかり確実に行うことが良いことです。」
先走って、良いことはありません。

月曜日の強風で倒れてしまったトウモロコシの苗を、火曜日に起こした班と、水曜日に起こした班とでは、苗の状態に随分と差がありましたねぇ(う〜む…)。


写真?:キュウリの支柱を立てて誘引し、5節までの脇芽と雌花を掻きました。
ナントこの頃には、雨は上がっていました!
「雌花の小っちゃいキュウリ、美味しい!!」
「誘引の麻紐を植物から掛けてぇ、8の字にしてぇ…。」
全員で頑張るB−4班さんです。

今年の本科は、キュウリネットを使用せず、支柱と2段の横支柱での栽培に挑戦です。
ネットが無いので、誘引を頻繁に行う必要があります。
素直に真っ直ぐ育てるには、「最低」2日に一回は誘引作業が必要になります!!
(ファイト〜!)


写真?:ナスの畝のトンネルを除去して、仮支柱を立てました。
「ここら辺で良いのかしら?」
「ずいぶん大きくなったねぇ!」


実習終了後には、切花圃場の収穫もしっかり行いました。
火曜日にも、ぜひ「管理作業」を行いましょう!!

平均年齢が低いXXコース?

2012.5.24

今日も良い天気でした。
圃場で実習に取り組んだ専科の皆さんは、かなり汗をかきました。

特に造園コースの皆さんは、午前中から重量物の移動や、樹木の移植に大変だったのではないでしょうか?
さらに、「変なところに建ってしまったトイレ」を生垣で囲おうと、圃場の美化に努めて下さっていました。
(ありがとうございます!!)

…でも今日は、草花コースをちょこっとご紹介。


写真?:新設ピカピカの温室の中で、先週挿し芽を行ったものを観察中です。
「ほら、これは面白いですよ。挿し穂の葉の根元から発根してますね」、と説明するN先生。
「へぇ〜、植物によって違うんだぁ!」
おや? 温室の外で控えめにしている少年たちが…?

今日は、N先生のN藤礫耕園に体験学習に来ている中学生達が、先生に連れられてグリーンアカデミーにやって来ました。
「M職員さん、どうよ!今日の草花コースは、平均年齢がすんごく低いよ!」、とS場さんが自慢してくれました…(?)。

写真?:花壇に移って、ツルバラの管理実施の様子です。
「混んじゃってるところは、空かしても良いんです。強剪定はダメですよ。」

写真?:実習後半は、それぞれ分担して花壇の管理に汗を流しました。
「N先生、この耕すところに肥料は入れるんですか?」、とM政さん。
「はーい、ちょっと待ってね。」
N先生は飛び回っていました。
おや?中学生たち… 3人で固まってちゃ楽しくないぞ!
「初めてのことばっかしで…難しすぎて〜」、とM君。 
ありゃ、まぁ…頑張れっ!。
でも、最後には花束をいただいて、「これって、ぜってぇ母さん喜ぶ!」と、とっても嬉しそうでした。

本科の花苗も「お引越し」。

2012.5.23

圃場の最高気温は27℃でした。
それほどとは感じませんでしたよね?
カラッとしたお日様の下で、本科の花実習が行われました。

写真?:初めに鉢上げがありました。
今日の苗は、ベゴニアやペンタスなどの細かいものが多く、苦労する班がありました。
「あれぇ?先週の種まきは細かいのだったから、今日の鉢上げは大きい苗が来ると思ったのに〜?」
(いえいえ、今日の苗の中では、インパチェンスは大きい方だったんです!)

その後、マリーゴールドをプランターに定植して、エントランスに並べました。

そして、プランターやポット苗の移動が大変でした。
旧1番温室と2番温室、そして屋外の苗置場から、新設の温室やその隣の新しい苗置場に、本科の花苗を一気に引越ししました。
たくさんの苗にあたふたしてしまい、私(M職員)は写真を撮れませんでした…(スミマセン)。

写真?:実習の終わりには、お楽しみの切花の収穫を行いました。
今日は、カンパニュラとダイアンサスが大量に収穫出来ました。

もう蕾が無く、咲き誇っているものの収穫忘れに注意して下さい。
そのまま残しておくと、新しい脇芽が伸びにくくなります。

しばらくは好天が続きそうです。
実習中の給水と小休止は、各自の判断でしっかり行って下さい。


来週の花実習は、神代植物公園へ見学研修ですね。
気をつけて行って来て下さい!
(圃場からは、バラ好きのN職員が出向く予定です。)

引越し日和でした。

2012.5.21

(昨日は大相撲の千秋楽。
旭天鵬関! 最年長初優勝〜!! おめでとうございます!! 素晴らしい!! 
優勝決定戦は、旭天鵬関らしさが全開でした!?
付き人の方々の涙に、涙しそうでした。)


今日は、良い天気でした。まさに引越し日和。

圃場管理棟と、その周辺の引っ越しが続いております…。
今日もS川リーダー率いる農大相撲部の猛者達が、お手伝いに来てくれました。
昨日まで和歌山に遠征だったのに、まったく疲れを感じさせない若者たち。 
…に較べて、昼にはヘロヘロ状態の私(M職員)でした…。


写真?:昨年度の本科生が鉢替えと剪定を行ったバラです。
今を盛りと咲いています。
ご近所の方を含め、たくさんの方が見に来られます。
N職員が、消毒などの管理をしっかりと行っていました。
私はバタバタと忙しさに感けて、今日まで「ちゃんと観て」いませんでした(スミマセン)。
大輪の紫色の品種名は…?? なんでしょう?


写真?:あでやかですねぇ。
おっ!? 写真の奥では、N職員が引っ越し作業で一輪車をワシワシと押しています。
(N職員は、ホントウにタフです。常に相撲部員を指揮して頑張っています。)


さーて、明日からは、温室内のベンチ(棚)作りも始めます。
(水曜日の本科の実習に間に合わせたいのですけど、雨かなぁ?)

ページの先頭へ