エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

「今日はホントに盛りだくさんだねぇ。」…の続き。

2012.12.12

写真?:ミニシクラメンをメインとした寄せ植えに潅水しながら…
「いやぁ、シクラメンってのはたいした花だよねぇ。これが一株でも入ると、すごくゴージャスだもんねえ。」
「いいよね〜。」
農大厚木農場から頂いて、皆さんが春から管理をしたシクラメンです。
立派になりましたよね!
(厚木のN岡職員⦅通称:クロマティー⦆も喜んでいると思います。ブログ見てくれてるし…多分。)

写真?:校舎エントランスの植え込みや、ハンギングバスケットの設置などを行った後、いよいよ花壇の定植が始まりました。
ポットのままレイアウトをしています。
「いいですかー、出来不出来は来春しかわからないかも知れませんが、それぞれの植物の成長をイメージでやってみて下さい。
混んで来たら抜き取る、という方法もありますからね」、とT先生のアドバイスがありました。

写真?:実習の最後には、ハボタンやシクラメンの「お持ち帰りコーナー」がありました。
「う〜ん、白がとってもキレイだけど、ピンクもいいのよねぇ。…どうしよう?」
「じゃぁさぁ、僕はハボタンを頂いたから、僕の分でピンクのシクラメンは持ってってよ。」
「えーっ!!いいの!? ありがとー!!」
(かっこいい!)

「今日はホントに盛りだくさんだねぇ。」

2012.12.12

タイトルの通り、今日の本科の花実習はホント〜に盛りだくさんでした。
造園実習の「四ツ目垣作成」が、2週間に渡って行われたので「押せ押せ」の内容でした。

写真?:実習台の材料の苗や資材を見てビックリ!
「うわー、すっごい量だね! 今日これ全部使うの!?」
頑張って頂きます。

写真?:A班は最初に、用土づくりに取り組みました。
「これで何度目かなぁ?」
「回数は憶えてないけど、作り方は完璧だよ!」
「あ〜!!土が外にこぼれてるわよっ!」

写真?:B班の皆さんは、ハンギングバスケットの製作からスタートでした。
「2段目をはめてから、水揚げのヒモっ!」
「お〜、よく憶えてるねぇ。」
「我が班の前回の失敗はさぁ、何回も植え直したことだよね?
植え直すとクタクタになっちゃうから、一発で行くぞ〜。」
「よーし、決めるぜっ!」
(「決まった!」のでしょうか…?)

ハンギングバスケット6個の製作に続き、プランター3つへの植え込みも、続いて行われました。


…続く。

「大根サンタ大作戦」へ、ご協力のお願い。

2012.12.10

師走の上旬は、あっという間に飛んでっちゃいました。
今年も残すところ…3週間だけ。

GA受講生の皆さんには、いつも東京農業大学教育後援会主催の「東日本大震災復興ボランティア」へのご理解とご協力を頂き、ありがとうございます。

本日は、重ねてお願いしたいことがあります。


以前より小ブログでもリンクのご紹介をしている、ボランティア活動先のひとつ、宮城県東松島市にある仮設住宅の「ひまわりコミュニティー」では、クリスマスにイベントとともに中学生以下へのクリスマスプレゼントを行いたいと、各方面へ協力を呼び掛けています。
仮設住宅の「ひまわりコミュニティー」には、中学生以下の子供たちが76名暮らしています。

ひまわり集会所 ホームページ 
http://himawarishukaijo.jimdo.com/

東京農大復興支援ボランティア フェイスブックページ
http://www.facebook.com/nodai.shinbora

ボランティアに参加してくれている学生の有志が、これに呼応して募金を行っております。
学生は、一口500円で行っています。
なぜか「大根サンタ大作戦」という名がつけられています。
(農大生らしいですね。)

そこで、いつも後方支援にご協力いただいているGA受講生の皆さんにも、ご協力願えないでしょうか、というお願いです。

本科の授業のある12日、9:50から、学生がプレゼンをさせて頂きます。
いつも参加してくれている、T太郎君やO高君(と、多分K斐さん)達が頑張ります。
(播種ボランティアや、鉢上げボランティアにご協力下さっている方には、馴染みの好青年達ですよね?)
その後お昼休みに、皆さんに募金を呼びかけさせて頂きます。

専科の皆さんには、集まってプレゼンをする時間的余裕がなく、申し訳ありません。
13日のお昼休みに、説明をしつつ募金のお願いをさせて頂きます。

皆さんのご理解とご協力の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


写真?:前回、「ひまわりコミュニティー」で活動した時のものです。
自治会長さんから、お話を伺っています。
(M田先生が、「ちゃちゃ」を入れてますねぇ。)

写真?:GA受講生の皆さんから頂いた材料が大活躍した「クリスマスリース講習会」の様子です。
真ん中で、材料の説明を頑張っているのがT太郎君です。



一口500円でお願いします。
もちろん、何口でも構いません!!
(学生には、釣銭を持って来ないよう伝えておきます…!?)

今年も「鍋焼きギョウザ」が!

2012.12.7

どうも地震が頻発しているようです。
本日17時18分頃の、三陸沖を震源地とする地震は揺れも長く、東北では津波警報も発令されました。
嫌でも気になります…。


昨日は実習があったのに小ブログを更新せず、全国のファンの皆様、申し訳ありませんでした。

本日は、本科の野菜実習がありました…が、
私:M職員のカメラが出張していたもので、実習の写真がありませぬ。
素敵な笑顔をお伝えできないのが、残念です。

本科野菜実習のメインは〜!
「鍋焼きギョウザ」でした。

初収穫したキャベツの生の味を楽しんだ後、色んな形の(?)ギョウザが各班で作られ、IF先生ご持参の鍋で焼きました。
(昨日N職員が拾ってきた)フライパンでも焼きましたが、「パリッ」とした焼き上がりは「鍋焼き」にはかなわない様でしたね。

冷え込んで来たこの時季ですが、各班収穫は盛りだくさんでした。
そしてどの野菜も、かなりハイレベルな出来です。
「これだけこの時季採れるんだから、皆さんふんぞり返って威張っていいですよ!」、とIF先生もニコニコでした。


写真:実習の写真の代わりに…(?)。
可愛いお弁当箱ですねぇ。
GAスタッフのものです。
さて、誰のお弁当箱でしょうか??













N職員のです〜。
お孫さんからの、「お上がり」らしいですよ。

「夕ご飯作れないわ!」…の続き。

2012.12.5

さて、午後の部です。

写真?:いよいよ「結び」の開始です。
まずは子柱に、「裏二の字」で結束。
「おやぁ、うまいもんだねぇ!」
「家で練習して来たのよ!」
「素晴らしい!」
「僕、すっかり忘れちゃったよ…。」
「噂には聞いてたけど、ホントに指が真っ黒になるねぇ。」
「簡単には落ちないらしいよ。」
「これじゃぁ、夕ご飯は作れないわよね〜?(ニヤッ)」

写真?:N職員も各班を回ってチェックしています。
こちらはA−1班さんですね。
「う〜む、これはぁ、緩いですねぇ。切りますっ!」
パチンッ!
「ひえ〜、ホントに切られちゃうんだ!」
「緩いのは、ぜーんぶ切らせていただきます。切られないように、しっかり頑張って下さい。」
「厳しいわ〜。」
(私:M職員も、ずいぶんと切らせていただきやした。)

写真?:実習終了時間には、ほぼ全班で完成することが出来ました。
「本当に作れるとは、思わなかったなぁ。」
「ねー!自分たちでビックリだわ!」
U田先生から各班ごとに講評を受け、さらにはお褒めの言葉も頂きました。

各班ともに、なかなかの出来でしたよね?
皆さん、お疲れ様でした。

(指の黒い汚れは、米をとぐと落ちるとか…?イヤ、ヤメトイタホウガ…。)

ページの先頭へ