東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

実習終了…?

2013.2.28

2月の最終日、H24年度の最終実習は専科の皆さんでした。
ほとんどのコースが教室で、「まとめ」に取り組みました。

唯一長時間圃場で頑張ったのは、果樹コースの皆さんでした。

柑橘とブルーベリー苗の定植がメインでした。

写真:「いいですか、皆さん。送られて来た苗は、こんなに根がまとめられちゃってますからね。
しっかりほぐして、広げて植えてあげて下さいよ」、とO先生。
「はーい。」


さて、これで今年度の実習は終了です…。
と、油断していたら、野菜コースは「特別実習」と称して、まだ計画があるようですね。
さらには、この果樹コースも…!?

 

 

2013年02月28日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

H24年度 本科のまとめ。

2013.2.27

本科の最終講義がありました。

午前中に「ハーブについて」の講義を担当したK村先生は、東日本震災復興支援ボランティアにも深くかかわって下さっている先生です。
(めっちゃダンディですよね〜?)
NHKの「趣味の園芸」を担当していた先生としても、有名ですよね。

さて、午後は「まとめ」として、本科生の皆さんに1年を振り返って頂きました。
残念ながら、花実習担当のT先生にはご出席願えなかったのですが、T先生からは素敵な「お手紙」を頂きました。

野菜実習担当のIF先生は、1年を振り返っての講義をして下さいました。
(項目で見ると、実に数々の実習を行っていたんですね〜!?)

本科の皆さんの感想、そしてありがたい御意見・御批判は、しっかり来年度に生かして行きます。
(身を引き締めてガンバリます!)

写真:皆さん、笑顔ですね〜!
ひとえにIF先生のお蔭です。

 

 

2013年02月27日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

受講願書受付中!!

2013.2.25

平成25年度のグリーンアカデミー本科と生活健康科、新規受講生の願書受付が先週の23日(土)から始まりました。
初日の早朝から、たくさんの方にお越しいただきました。
感謝です。 お風邪など召しませぬよう、ご注意ください。

生活健康科にはまだ余裕がありますが、本科は定員まであと2名となりました。
受付2日目なのに、このハイペース! ありがとうございます!!

受講をご希望の方! あさっては天気が崩れるようですし、ぜひ明日おいで下さいませ。
(定員に達した場合、「キャンセル待ち」をご希望する方には、若干名ですがご登録をして頂けます。)

寒〜い日が続いています。
どうぞ暖かくしてお越し下さい。




(私事:M職員ですが、明日はお休みを頂きます。
ふっふっふ、降らないみたいですよ? T先生!)

 

 

2013年02月25日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「IF先生、ありがとうございました!」…その2。

2013.2.22

写真?:IF先生による、しめ縄作りのデモンストレーションです。
「綯う方向は逆になるんですよ。それぞれ意味があるんです。」
「へ〜!」
「ずいぶん力がいるみたいですね?」
「いやいや、慣れちゃえば大したことはありませんけどね。」
この写真を撮った後は、黒山の人だかりになってました。

写真?:縄綯いの熟練者を中心に、今日も調理実習がありました。
(熟練者以外に、途中で挫折した方も担当していたような?)
残っていたお米と、先生のダイコンとハクサイ、実習で育てたセリ、そしてN職員の見本園のアサツキと私の中国青長ダイコンで、お粥を炊きました。
(中国青長ダイコンは、生食の味見でかなり減りました。甘さにビックリ!)
「出来たよ〜!」
お釜の前に長蛇の列。

写真?:「はふはふ、暖まるね〜!」
「美味しいね!」
IF先生も、「今までで一番美味しいんじゃない!?」。
お腹を温めて、実習は終了となりました。


IF先生
お忙しい中、通常の栽培実習のみならず、いつも楽しい企画を立てて下さり、その準備は大変だったと思います。
本当の野菜の味、季節感を常に大事にされ、古くから伝わる農の行事をとても分かりやすく教えて下さいました。
本当にありがとうございました。
今後も何かとお願いすることがあると思いますので、その時は宜しくお願いします。
(逃がしませんよ〜!)

 
 
 

 

2013年02月23日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「IF先生、ありがとうございました!」…その1。

2013.2.22

本科野菜の今年度最終実習がありました。
IF先生による、グリーンアカデミーでの最後の実習でもありました。
(あまりに残念です…。)

写真?:実習開始時の集合です。
春夏野菜用(主にナス科植物用)の鉢上げ用土が、ちょうど蒸気消毒中で、もうもうと蒸気が上がっていました。
「昨春に皆さんが定植した、ナスやトマトの苗は、こうやって消毒した用土で育てられたものなんですよ」、とIF先生。
「へ〜、手間が掛かってるんだねぇ。」

写真?:今日のメイン実習は、「縄綯い(なわない)」でした。
お日様のいい匂いのする稲藁は、IF先生が持って来て下さいました。
(ヤギの百花がヨダレを…。)
先生の実演後、ハカマ取り、藁打ちと進んで行きました。
ハカマ取りは、レーキを使って挑戦しました。
「おおっ、どんどんキレイになってきた!」

写真?:いざ、縄綯いに挑戦です。
そのまま商品になりそうな縄を綯う熟練者が、多数いました。
今日初めて綯う方々も大勢です。
「ねーえ、みんなで畑の方を向いて、ひざまずいて、両手を合わせてモミモミしてるって…。」
「豊作祈願してるみたいだね。」
「へんな宗教にみえないかしら?」

「Nさん、上手ですねぇ!」、と私:N職員。
「でしょう?今日初めてやったんだけど、初めだけIF先生に手伝って頂いたら、スイスイよ!
これなら農家にお嫁に行けるわよ!」
(みんなで、わっはっは!)
「ねえ!私のはどう?お嫁に行けそう!?」とは、Sさん。
「う〜ん…。それではちょっと厳しいのではないでしょうか?」
「あ〜っ、ひどーい。お嫁に行けないなんて〜!!」
(またも大笑い!)

…続く。

 
 
 

 

2013年02月23日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.