東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

やっぱり今日も強風でした。

2013.4.30

ゴールデンウィークの谷間です。
通勤する人の数が、いつもより幾分か少なかったように思います。
農大GAも4月30日、5月1日と2日もお休みで、10連休!です。
(GAの今日の出勤者は、A事務室長とヤギの百花、そして私:M職員でした〜。)

昨日とは打って変わって、圃場は今日も強風に曝されました。
スカイツリーの展望台は、強風のため営業停止だったとか?
遠くから来られたお客さんは、さぞかし残念だったでしょうねえ。
この春は、異常に強風の日が多いように思います。
(春には、「うらら〜」と吹くアヤシイ風が似合うのに…。これはあくまで私感です。)

午前中は、大勢の本科の当番さんがマルチの手直しを行ったり、潅水などの管理に励んでいました。
インゲンとトウモロコシの芽が、ほんのちょっと地表に出ている班もありましたね。
マルチのお蔭で、地温がしっかり確保されているということです。

ところが夕方になると、強風に耐えられなかったマルチが4〜5本バタバタと…。
トマト類を定植した畝のマルチは、特に気をつけて下さいね。苗を傷めてしまいます。

写真は、造園コース小庭園の角に咲いた、ジャーマンアイリス(多分…)です。
強風にもめげないですね。すっくと立っていました。




さて、あさっては5月2日。
何の日でしょ〜か?



じらしてスミマセン、大したことではないです。

東日本大震災復興支援ボランティアの「種蒔きボランティア」が、午後4時から行われます。
前回と同様種蒔きだけじゃなくて、鉢上げや除草などもあります。
農大はお休み…さらにGAもお休みですが…、お時間のある方、宜しくお願いします。
「それな〜に?」と疑問の本科の皆さんも、小ブログの過去記事をご覧になって、ぜひ参加してみて下さいませ。
(とりあえず学生は、2名くらい来てくれそうです…。一人は埼玉から!
あっ、そうでした!教育後援会前事務局長のS本さんが来てくれるかも!!です。)


 

 

2013年04月30日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

今日も強風…。

2013.4.26

午前中は過ごしやすい穏やかな気候でしたが、本科の野菜実習が始まる頃には、またも強風が吹き荒れました。

今日の課題は、トウモロコシとインゲンの播種、トマトとミニトマトの定植とモロヘイヤのポットへの播種でした。
が・・・・・

写真?:かなりの班で、実習の初めにマルチの張り直しを行いました。
畝立ての時に、畝に土を盛ってしまった班ほどマルチが剥がれていましたよね?
畝肩の傾斜がきつくなるほど、押さえる土は崩れ落ちてしまいます。

起し立てでふかふかの畑土であれば、踏まれる通路はどんどん低くなるので、盛り土をしなくても10?の畝は自然に出来ちゃうものです。
秋冬作の畝立ての時に、この体験を是非生かして下さい。

写真?:トウモロコシとインゲンの播種を終えて、トマト類の定植です。
「うーん、花房を通路側にって…どうするんだっけ?」
「葉は上に向かって120度ごとに展開します。3葉で360度です」、と職員のアドバイス。
「う〜ん、教室でも聞いた気がするけど…。」
(トマト類の花房の向きは、誘引で修正が効きます。
ムリくり捩じって誘引した方が、水気が減って甘くなるかも知れませんよ〜。)



さて、明日から世の中はゴールデンウィークに突入です。
グリーンアカデミー(東京農大)は、5月6日までお休みになります。
でも植物(とヤギ)には関係ないことですので、圃場担当の職員は二日に一日は交替で出勤体制を取ります。
今年の場合、偶数日が出勤日となります。

4月28日、30日
5月2日(種蒔きボランティアの日です。)、4日、6日
です。

この日は、圃場管理棟が開いていますので、作業靴・農具等の使用が可能です。
当番さんには、この日の管理をお勧めします。

本科の皆さん、マルチの剥がれにご注意を!!!


 
 

 

2013年04月26日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「久しぶりに筋肉が…。」

2013.4.25

良いお天気でした。
圃場の最高気温は22℃。
穏やかに過ごしやすいハズなのですが…

今日の専科実習で、大汗をかいていた造園コースをちょこっとご紹介。


写真?:まずは造園作業で使用する用具の説明が、実演を交えてじっくり行われました。
「ハサミっても、色々あるからね。植木バサミで太いもんを切ろうとしちゃあダメですよ。」
「職人話」を織り込んだI先生の話に、どんどん引き込まれます。
お揃いのヘルメットが凛々しいです。

写真?:重量物を動かす三又とチェーンブロックの説明中です。
受講生の皆さんは、目と耳を総動員していました。
(すっごい真剣…!)

午前中から、前年度の受講生が仕上げた小庭園の解体「壊し」に入りました。
小石から岩(?)、タマリュウなどの小物植物から竹垣まで、どんどん取り除かれて行きました。

写真?:I先生が根巻きの実演中です。
「根巻テープやロープだって、無駄に長く使っちゃぁダメですよ。給金から差っ引かれちゃいますからね。」
ここでも「職人話」で、皆さん大笑いでした。

実習終了時には、原型を留めないまで作業は進みました。
「いや〜、久し振りに筋肉をこき使ったよ。悲鳴を上げてるみたいだよ。
汗だくだもんね。今日のビールは美味いぞー!」
(今日「は」ビール「が」じゃないんですね?)
 
 
 

 

2013年04月25日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

「強行実習」!?

2013.4.24

実習の準備をする身にとって、一番嫌〜なお天気でした。
パラリと降っては上がり、このままかと思うと横殴りに雨粒が飛んだり…。
おろおろしてしまいます。

今日はT先生が早く来て下さって、雨が降っても大丈夫なように二通りの準備を行いました。
(T先生、ありがとうございました!)

本科の皆さんが圃場に出て来た時は、薄い雲でしたがハラハラと泣き出しました。
私:M職員はてっきり雨バージョンに切り替えて実習だな、と思ったのですが…。
「さーて、皆さんどうしましょう?ちょっと降って来ましたねぇ。今日頑張れば、次回は余裕の実習が出来ますが…強行突破で行きますか?」と言うT先生の問いに、
ナント皆さん
「ハーイ!!」
(え〜?ビックリ!!!)


写真?:初めにA班とB班に別れて、A班は雨除けハウスの中で播種を行いました。
センニチコウ(千日紅)、ジニア(百日草)やコリウスなどの播種を行いました。
「このプラグ小っちゃいわねー。」
「288穴だって。」
「先週播いたのより小っちゃい種だな。」
「どんどん難しくなってったりして。」
「ねぇ、これ289粒って書いてあるけど、M職員さんが数えたんですか?」
「はい。2回数えました。ほとんどドMの世界ですね」、と私。
「ひえ〜!」
(B−1班さんは、しっかり1粒残りましたね。お見事です!)


写真?:その間B班さんは、結構な雨の中、用土の作成に励みました。
「石とゴミと枝以外は、全部フルイ通しするんだってさ。」
「なーるほど、皮手袋はそのためにあるのね。」
「ふるうって言うより、おろすみたいだね。ダイコンおろしみたいに?」
「けっこうキツイね。」
ほぼ同じタイミングで、A班とB班が交代しました。

その後は、事前播種(3月11日、12日に播種)されていたサルビア、インパチェンスやヘリクリサム(帝王貝細工)などの鉢上げを行いました。
(写真が無くてスミマセン。)

増し土しながら行う方法と、挿しこみ方法の二通りの実演が行われました。
苗に優しいのは、やっぱり増し土方法です。
「鉢上げって初めて!面白〜い!!」
「キレイに出来ると気分も良いね。」
「家で種播きする時は、鉢に播くか地面に播くじゃない?こういう風に『移植』するのって初めてで楽しい!」
「売ってるポット苗ってさ、土の量がみーんな同じだけど、いざやろうとすると結構難しいね。」
「移植の時に根を切った方がいい植物と、切っちゃいけないのがあるんだってさ。」
「へえ〜、たくさん勉強しないとね!」

「強行」実習でしたが、ほぼ全ての課題を行うことが出来ました。
皆さん、お疲れ様でした。
(皆さん、用土作成では肥料を入れた後の混ぜ方をマスターして下さいね。
セメントをねるのと一緒です。
しっかり確実に混ざりますし、何よりたった2回でとっても楽に出来ますよ!)

 
 

 

2013年04月24日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

T島さんからの寄稿…の続き。

2013.4.22

写真?:昼に一部のメンバーが帰ったあと、訪れた地域で見たものを1枚のプレゼン資料にまとめ上げました。

これを元に、3日目には地元の方と意見交換を行い、様々なことに気づかされた有意義な実演習の場を持つ事が出来ました。

思えば久し振りの合宿生活。
新聞、テレビもラジオもなく、同じ思いのコースのメンバーと過ごした3日間。
みどりの地域づくりコースに入って、素晴らしい体験をすることが出来ました事をご報告いたします。
K先生には大変お世話になりました。
この1年をさらに充実したそれにしたいと思っております。

写真?:最後の写真は、お世話になった「ふもとっぱら」の方と。


(T島さん、ありがとうございました。)

 
 

 

2013年04月22日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.