東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

GAブログ管理者
所属:東京農大教職員
性別:男

このキレイな真珠みたいなのが。

2013.9.30

あっという間に、9月の最終日です。
本格的な秋がやって来ます。

酷暑を過ぎて、虫たちもかなり喜んでいます。

本科の場合、防虫ネットがほとんどの畝を覆っていますが、油断は大敵です。
シンクイムシなんて、いつの間にかやって来ます。
天敵がネットの中に入れないので、やりたい放題…。

ネットを被っていないニンジンの畝は、特に気をつけてください。
オンブバッタ、カタツムリ、シャクトリムシの類もやって来ます。

写真:最も気をつけたいのは、これです。
丸いキレイなのは、キアゲハの卵です。
これを見つけたら、必ず「プチッ」とやっつけてください。
終齢幼虫近くまで育てちゃうと、一晩で葉の1枚2枚は食べちゃいます。




(明日は、とっても良いお知らせが出来ると思います! 乞うご期待!!)

 

 

2013年09月30日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

遠足日和…の続き。

2013.9.27

写真?:内庭での説明です。
「ここまでは、東海道を京都から辿って来たと考えてくださいね。」
「う〜ん、樹の向こうのビルが邪魔だなぁ。」

写真?:後楽園本来のスタート地点、唐門跡からの道は中仙道を辿ります。
木曽川沿いをそぞろ歩く、本科の皆さんでした。

写真?:園内では、いたるところでヒガンバナが咲き誇っていました。
最近は黄色や白色の品種もあり、リコリスと呼ばれることが多くなりました。

(「M職員さん、今日のブログアップは無いわよね〜?」
いえいえ、頑張りましたよ〜! えっ、軽めですって!?)

 
 
 

 

2013年09月27日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

遠足日和。

2013.9.27

今日から2学期が始まりました。
本科の皆さんは、見学研修で小石川後楽園を訪れました。

めっきり秋めいてきて、お出掛けには最高のお日和でした。

写真?:造園科学科のA野先生が、ハンディーカムを通して案内してくれました。
A野先生の研究テーマは、「近代造園史」や「遺跡整備」。
深〜いお話をうかがえました。
(「あ〜ら、お若い先生ねぇ!お幾つかしら?」 さあ、そこまではちょっと…。)

写真?:ポイントとなるところで、じっくりと説明を受けます。
こちらは「屏風岩」。

写真?:じっくり歩くと、軽めのハイキング(?)みたいでしたね。


…続く。

 
 
 

 

2013年09月27日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

第26回復興支援ボランティア…の続き。

2013.9.26

写真?:24日夜の、「振返りミーティング」の様子です。
参加した学生達が、感じたこと、考えていたことと現実とのギャップなど様々な意見を共有しました。
コミュニティーの方々もご参加下さり、貴重なご意見やご指摘を頂きました。
「来てくれるだけで、とっても嬉しいんですよ。
悩まないで、ここに来たボランティアは、楽しんでやって良いんですよ!
やってる人が楽しかったら、一緒にいる人は絶対楽しいんですからね。」
「お友達に、どんな風だったかって、伝えて下さいね。」

写真?:GAでの花苗管理の時に、「素敵〜!」と話題になった「押し葉アート」は、Y紀さんのレクチャーによって行われました。
様々な台紙に、準備しておいた「押し花」ならぬ「押し葉」を合わせて行きます。

写真?:それをラミネートすると…熱の効果もあって、まるでステンドグラスのような不思議な色合いに変化します。
この準備に、学生達(+α)はとっても大変だったと思います。
その甲斐あって、参加して下さった皆さんには大好評でした!
(これは、面白いです!!)

初参加の学生が多い今回の活動でしたが、「ひまわりコミュニティー」の皆さんのリードによって、すぐに和んで積極的に動いてくれました。


10月中に、第27回と第28回の活動に向けて花苗の管理作業を行わなくてはなりません。
対象は、この間鉢上げを行ったパンジー類とハボタンです。
小ブログで告知しますので、お時間のある方はぜひお力添えをお願いします。
 
 
 

 

2013年09月26日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

第26回復興支援ボランティア

2013.9.26

9月23日の夜に出発した「第26回 東日本大震災復興支援ボランティア」は、昨夜無事帰京しました。

今回は、宮城県東松島市の仮設住宅で運営されている、「ひまわりコミュニティー」での活動でした。

写真?:集会所前の告知板です。
(この黒板を見て、いつも「待っていて下さってるんだな〜」と感じます。)

さて、告知板にあった「畑仕事」は、コミュニティーの皆さんとの協働で、順調に行われました。
GAで育苗したエダマメは、まぁまぁの出来で美味しかったそうです。

写真?:7月の活動で播種したダイコンの残りを、全部収穫しました。
「暑すぎた割には、けっこう立派でねぇ?」
大きさはまちまちですが、参加者一人当たり4〜5本持ち帰れる秀作でした(?)。
「採れたど〜!!」と、GAでの後方支援活動にいつも参加してくれるY紀さんも、ハイテンション!?

写真?:跡畝には、施肥・耕耘・畝立てをしっかり行いました。
2年間作り続けている堆肥も、初投入しました。
ダイコンの跡地にはカブ2品種を、エダマメなどの跡地にはダイコンを6品種播種しました。
「なーにさ?ダイコンの名前さぁ、早太りとか総太りって、やーな名前を付けるもんだねぇ。」
「なに〜?オラは総太りだってかぁ〜!?」
「ま、太らねば、困るけどなぁ。」


…続く。
 
 
 

 

2013年09月26日 | GAブログ管理者

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.