エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

辛味ダイコンもなかなかの出来。

2013.11.29

腐葉土調整のために集めている落葉は、90リットル入りの袋でようやく200袋を超えました。
目標は300袋なのですが、そろそろ馬事公園前のケヤキも落葉し切ってしまいそうです。
午後になると風が強くなってしまって、とても集められません。


今日もかなりの風が吹きました。
そんなの気にせず、本科の野菜実習が行われました。

写真?:200穴のセルトレイに、葉物の播種を行いました。
チンゲンサイ、コマツナ、シュンギク、ミズナと今まで栽培して来たものに加え、サラダ菜とチョウホウ菜も播種しました。
温室内で発芽させ育苗した後、徐々に寒さに慣らして圃場に定植する予定です。
(どうなるでしょう?)

「チョウホウ菜って、重宝するから?」
「その通りです。」
「へぇ、面白い。」
(コマツナと中国野菜のタアサイの掛け合わせから作られたものです。楽しみですね!)

写真?:ブロッコリーの側花蕾は、次々と伸びてきます。
「収穫し損なわないように、注意してくださいね」、とY先生。
「花蕾の下が10cm以上伸びていたら理想的です。でも、蕾の緩み具合をしっかり見定めてくださいね。」
「この小っちゃいのは、茎がウマイんだよねぇ!」
「パスタに入れたら、美味しかったわよ〜!」

写真?:今日のメインは、この辛味ダイコンの収穫でしょうか。
しっかり育って、理想的な形になっているものがたくさんありました。
出席人数分の収穫を行ったB−1班さんのダイコンも、お見事でした。
Y先生と一緒に「パチリ」!

変わりダイコンの収穫は、この後中国青長ダイコン、そして紅心ダイコンと続きます。
味の違いを楽しんで下さい!

「クリっと通るから?」

2013.11.28

良いお天気が続いています。
午後から風は強くなりましたが、専科各コースの実習はジックリと行われました。

今日は午前・午後とも作庭に励んだ、造園コースさんをちょこっとご紹介。

写真?:モダン和風(?)の小庭園に取り組む班では、斬新な竹垣が姿を現しつつあります。
縦位置は直線ですが、並びは曲線を描いています。 斜めから見るとさらに面白いです。
垣付け方にも、ひと工夫されています
見たことのないアイディアですねぇ!

写真?:洋風庭園の班では、初めて使うという「インパクトドライバー」に挑むお二人が。
初めのうちは、空回りする音が気になったので、
「体重を掛け足りないんです。しっかり押し付けてください!」、と私:M職員。
「体重が足りないの!?」
「困ったわね〜!!」
「・・・軽いとは思いますけど・・・いや、あの、体重の掛け方なんですけど…。」
後半には、しっかりインパクトの音が響いていました。
(増えたんですね、お昼ご飯で…??)

写真?:純和風庭園に取り組む班では、I先生がクリ針の使い方を説明していました。
シュロ縄は4本取りなので、かなりのボリュームです。
「クリ針は真っ直ぐなのと、手元に帰ってくるように湾曲しているものの2種類ありますからね。
この垣根は裏もキレイに割竹を張りましたから、真っ直ぐなものを使って、表と裏を二人で結びます。
ちゃーんと、息を合わせてやってくださいよ!」
「先生!なーんでクリ針って言うんですか?」
「はぁ? そりゃあ、アレよ、あれ。 『クリっ』と通せるからですよ。」
「へー、そうなんだ〜!」
「あ〜、信じた? へっへっへ。」
「え〜!!」

I先生の職人話や小ネタがいつも溢れていて、つい乗せられてしまう造園コースです。

結束練習です。

2013.11.27

たくさんの方が「ブログ閲覧30万件、おめでとう!」と、褒めてくださいました。
すべて皆さんのお蔭です。ありがとうございます!!


本日の本科の実習は、「造園実習」でした。
今週と来週で、四ツ目垣の作製を行います。

今日はジックリと、結束(結び方)の練習を行いました。

写真?:U田先生の軽妙なトークに引っ張られて、まずはシュロ縄の玉作りから。
「え〜っと、最後に逆巻っと…。」
巻き終わってから、「あれっ、最初の引っ張り出すところが、どっかへ行っちゃったぞ!」、と言う方も。
(巻き直し〜。)

写真?:昨年の本科の受講生が作製した垣根を使って、結束練習を開始。
造園の結束の基本、イボ結び(俗称:男結び)にトライです。
「右下から行って〜。」
「右上から帰って来て〜。」
「次、何だっけ?」

写真?:「私、結び方はOKって褒められちゃった!あとは、縄の押さえ方だって。」
「必ず、指か縄で結び目を押さえてれば良いって…。」
「力はいらないって言われたけど…。」
「力むよねぇ。」
「縄の持ち換え方を憶えなければ!」
「M職員が言ってた『手〜の平を〜太陽に〜』って、どこでやるんだっけ?」
(短い方に輪をかけた直後です…。これは中級技です!)

写真?:実習の最後に、先輩たちが作った四ツ目垣の解体を行いました。
「壊すのはあっという間だなぁ。」
「来週4時間で作るのよ!?」
「大丈夫かなぁ?」
「来週までイボ結びを憶えてられるかなぁ〜?」
(え〜!? 自信の無い方は、圃場職員に声を掛けてみてください。
造園技能士の資格を持つS職員を筆頭に、ムチを持って特訓します!

何がナンでも作製します。
17時になると真っ暗になりますから、それまでには仕上げましょうね!?)

あれっ!? 300,000オーバー!!

2013.11.25

ドタバタの毎日で、しばらく小ブログの閲覧数をチェックするのを忘れていました…。

ビックリ、です!!

いつの間にか30万を超えているではありませんか!
(イツ超エテタンデショウ?)


全国のエバーグリーニズムファンの皆さま! グリーンアカデミーファンの皆さま!
いつもいつものご閲覧、本当にありがとうございます。


今後もボチボチと、(せめて少しはアカデミックに?)やっていく所存にございます。


(「実習があったのにブログのアップがない日ってさぁ、ズバリ、『飲み』の日でしょ!?」、とのご指摘
・・・・なかなかの洞察力をお持ちですねぇ?)

「お正月に間に合う?」

2013.11.22

この好天は、日曜日まで続くそうです。
空がキレイですよね。
ついつい見上げてしまう方も多いのではないでしょうか?
(私:M職員には、夜明け前に彗星を見る根性が…ありません。)


本科の野菜実習がありました。
今日も大収穫が続いていました。

写真?:「ハクサイはぜ〜んぶ収穫してください!」、とY先生。
「はーい!」
「ねえねえ!先週持って帰ったハクサイがね!甘くって甘くって、家族全員ビックリしちゃったの!」
「そうそう!ハクサイが甘いっていうのを、すごく感じる味なんだよね〜。」
「そうらしいねぇ。うちさぁ、豚バラ肉を挟んでぐつぐつって鍋にしたんだけどさ、僕がビール飲んでる間に無くなってて、食べてないんだよ…。」
「あら〜!?可哀想に。今日のは持ってって食べてね。」
「いや、そんな、先週貰ったから。」
「じゃぁ、半分こしましょっ!」

写真?:キャベツもしっかり締まって来ました。
班によっては小玉なものもありますが、これから大きくなることはないので、次々収穫です。
「これ、真ん中押すとカッチカチ!採っちゃうわよ〜ん?」
「うん、いいよ。しっかり締まってるね。」
(ザク!)
「あらっ!思ってたよりズッシリ!」
「ハクサイにニンジンにダイコンに…、今日も持って帰るのに肩こりしそうね!」
(ダイコンやニンジンには、埋設貯蔵という手もありますが…?)

写真?:収穫を終えた畝に、施肥・耕耘・整地を行い、新たに播種する班もありました。
播種したのは、ミズナ・コカブ・ハツカダイコン・コマツナにホウレンソウなど。

「今日播いて、いつごろ収穫出来るんだろうね?」
「そうですねぇ、コマツナやミズナだったら、ギリギリでおせち料理に間に合うかもしれませんね」、とY先生。
「うわー、期待しちゃうなぁ。」
「じゃぁ、コマツナを多めにしようよ!」
「あ〜、それ賛成!!」

(冷え込んできたとは言え、15℃を超えるとまだまだモンシロチョウが飛んでいます。
今日もブロッコリーやキャベツには、アオムシが元気に暮らしていましたよね。
お正月の収穫を目指すためには、油断は禁物です。)

ページの先頭へ