エバーグリーニズム
(グリーンアカデミー)

「こりゃぁ甘い!」

2014.1.31

1年の12分の1が過ぎました…。
とてつもなく早く感じます。

本科の野菜実習の圃場も、「お片付け」の時になってしまいました。

写真?:畑にあるものすべてを撤去です。
極甘になっている、小さなコマツナやミズナの味にはビックリしました。
「ミズナって、なんかこう、あっさりって感じなのに。
こりゃぁ味がある!甘さも濃い!!」
「ドレッシングは要らないねぇ!」
「抜いちゃうのもったいないなぁ〜。」

写真?:「これはハツカダイコンだ。」
「おっ、こっちはカブだね。」
小さな緑を全て収穫するB−4班さんでした。
「成りは小っちゃいけど、こりゃぁ美味いもんだねぇ。」

写真?:JAの店舗先みたいに、鉢上げした苗が並んでるのは、B−1班さんでした。
ノラボウナの苗は見事でした!
(3月から期待できますね!)
ミズナやチョウホウナなども、すべて鉢上げしてお持ち帰りに!


何もなくなった圃場は、荒起こし(「粗耕し」とも当てます)をして寒に曝します。
表面積が大きい土塊ほど、寒曝しの効果があります。
今日はデコボコの畑の表面が、1週間後にはどうなっているでしょ〜か?

(今日はよほどポカポカだったのでしょう。
荒起しをすると、すぐにクモが糸を張ってましたね。)



「行きずりの男…。」

2014.1.30

天気予報が的中しました。
午後からシトシト雨に見舞われましたが、圃場では4コースの専科実習がありました。

本日はその4コースを、ちょこっとずつご紹介。

写真?:果樹コースは、キウイの剪定からスタートしました。
O先生の指示の下、同時に誘引もしっかり行われていました。
「こっちがオス?」
「そうそう。」
「メスだけ大事にするのかと思ってたけど、そうじゃないんだね。」
「あ〜、良かった!」(?)

写真?:野菜コースの皆さんは、空畝に腐葉土を鋤き込んだり、収穫があったりと午前中に集中して実習を行いました。
水道栓の移動も一器行いました。
興味津々に担当していた女性陣は、「へぇ〜、こういう風にやるんだ!家でもやってみよう!」って言ってました。

写真?:草花コースは花壇の管理を中心に。
どれほど降るか分からないので、しっかり潅水を行いました。
(正解でしたね!)
この後、主に使っている3番温室をキレイに清掃しました。

写真?:朝一から小庭園作庭に挑んだ造園コースでした。
そぼ降る雨の中、終盤に「雪吊り」の姿が露わに…。
「ん〜?あのてっぺんが藁ぼっこのヤツ何?」、とTさん。
「あれはね、雪吊りよ! 見せる雪吊りだけどね。」
「ふ〜ん、カッコイイね。
俺、ここを通りかかった、行きずりの男だから…。」
(??? あんまり受けませんでしたね…。残念です。)


「繊細かつ大胆に。」

2014.1.29

しっかり体を動かすと、ポカポカになる日和でした。

本科の花実習は、じっくり講義を受けた後に行われました。
メイン実習は、修了式を飾るプリムラ類のプランター植栽と、おそらく本科最後の(?)用土作製でした。

写真?:A班とB班に分かれて、実習が行われました。
A班の皆さんは、用土作製から。
「肥料の混ぜ方を正しくやんないと、M職員がチェックしてるわよ!」
「ん?M職員、なんだか悲しそうな顔して動かないねぇ。じーっと見てるなぁ。」
「…変な混ぜ方してるからじゃない?」
(「角・底・角!」、さらには「スコップは持ち上げない!」、です!!
重い思いをしないで、楽して混和しましょうね。)


写真?:肥料などの計量は、お手のものです。
「ちゃんと風袋引いてるもんね〜!」
「5種類も混ぜるんだから!」


写真?:こちらはプリムラ類をプランターへ植栽する様子です。
この班は、雲南サクラソウを担当です。
「あっという間に終わっちゃったぜ!」
「もの足りないぜ!」

ところがT先生から、ダ・メ・出・し・が・・・。
「こんな大きな苗なのに、花茎を折っちゃうなんて…。
もっと優しく扱いましょうね。
用土を詰める時は、指でせこせこ押し込むより、プランターをパンパン叩いてしっかり詰めてください。
繊細な作業を必要とする時と、大胆に行うと良いものと、しっかり考えてやりましょうね。」
「はーい。気をつけます!」


写真?:花壇への補植と潅水も行いました。
「ねえねえ、ちょっとだけ大きくなってない?」
「う〜ん、どうだろう?」
「アリッサムは限界みたいだねぇ。」
「ルピナスの葉が、赤〜くなってる。」
「壁沿いに置いてあるのは、キレイな緑なのにね。」
「置く環境で、ずいぶんと育ちが違うもんだねぇ。」


金曜日の野菜実習は、「お片付け」がメインです。
頑張りましょう!



画伯からのプレゼント。

2014.1.28

グリーンアカデミーのOBであるT井画伯(兼小作農代表?)が、いろんな種子のプレゼントを届けてくださいました!

(「画家」と名乗るのは認められた人じゃなきゃダメらしいけど、「画伯」と名乗るのはお咎めがないんだそうです…。)

花オクラ、赤ナス、風船カズラ等々…。

いつも後輩を気にかけてくださって、ありがとうございます。

昨年の春にT画伯からいただいたワケギの球根を育てて、今は薬味に重宝している方も多いのではないでしょうか?
(私:M職員もそうです!)

明日の本科と、明後日の専科でお持ち帰りできるように準備します。
仲良くいただきましょう!!



頑張って咲いています。

2014.1.27

3月中・下旬の気候と言われた週末から、今朝は一気に冷え込みました。

気温差は14℃以上(!)だそうです。
身体を動かすと汗ばむ陽気から、指がかじかんで鉛筆を持てない寒さに・・・。

まだ1月ですから、「三寒四温」となるには早いですよね?
「二寒二温」みたいに(?)、気温の変動する時期が、しばらく続くそうです。
体調管理に気をつけてください。

写真:専科造園コースの、洋風庭園班の植え込みで、ノースポール、ヴィオラやキンギョソウが咲いています。
陽が届くと、ピカピカ輝いてキレイです。
紅葉したアイビー(ツタ)も、なかなか素敵です。

この冬季に、良い環境とは言えない場所なのですが、頑張って咲いています。
(造園コースでは、陽当たりは一番良いんですけど…。)



ページの先頭へ